2019年度 美術学部 
推薦入学試験

出願期間

2018年11月2日(金)10:00〜11月10日(土)18:00[WEB出願のみ]

出願書類の郵送

2018年11月2日(金)~11月10日(土)消印有効

募集人員

自己推薦方式(学校長推薦は不要)
学科・専攻・コース 募集人員 現役 既卒
絵画学科日本画専攻 若干名
絵画学科版画専攻 10名
彫刻学科 6名
工芸学科 20名
情報デザイン学科メディア芸術コース 20名
情報デザイン学科情報デザインコース 7名
演劇舞踊デザイン学科劇場美術デザインコース 13名
  • ※推薦入学試験の合格者については、選考結果によって募集人員に満たない場合があります。
公募制推薦方式(学校長推薦が必要)
学科・専攻・コース 募集人員 現役 既卒
絵画学科油画専攻 10名
グラフィックデザイン学科 18名
生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻 8名
生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻 12名 2017
年度以降
環境デザイン学科 15名
芸術学科 5名
統合デザイン学科 12名
演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コース 20名
  • ※推薦入学試験の合格者については、選考結果によって募集人員に満たない場合がある。

出願資格

自己推薦方式

次の「1」「2」のいずれかに該当する者。

  1. 日本国籍を有する者(日本国の永住許可を得ている者または特別永住者を含む)で、本入学試験に合格した場合に入学を確約できる、以下の(1)〜(8)のいずれかに該当する者、または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者。
  2. 日本国籍を有しない者および日本国の永住許可(特別永住者を含む)を得ていない者で、本入学試験に合格した場合に入学を確約できる、以下の(1)(2)(4)(5)(6)(7)(8)のいずれかに該当する者または2019年3月31日までにこれに該当する見込の者。

    • 日本における高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業した者。
    • 日本における通常の課程による12年の学校教育を修了した者。
    • 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
    • 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
    • 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
    • 文部科学大臣の指定した者。
    • 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧課程による大学入学資格検定に合格した者を含む)。
    • 本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者。
  • ※推薦入学試験と帰国生入学試験の出願資格を有する者はいずれかの入学試験のみ出願できる。

公募制推薦方式

  • 絵画学科油画専攻
  • グラフィックデザイン学科
  • 生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻

次の「1」「2」すべてに該当する者。

  1. 出願学科を専願し、強く学ぶことを希望する者で、本入学試験に合格した場合に入学を確約できる者。
  2. 高等学校課程の出身学校長の推薦を受けることができる、次のいずれかに該当する者。

    1. 日本における高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業した者または2019年3月に卒業見込の者。
    2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を2019年3月31日までに修了する者またはこれに該当する見込の者。
    3. 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または2019年3月に修了見込の者。
  • ※推薦入学試験の合格者については、選考結果によって募集人員に満たない場合があります。
  • ※推薦入学試験と帰国生入学試験の出願資格を有する者はいずれかの入学試験のみ出願できます。
  • 生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻
  • 環境デザイン学科
  • 芸術学科
  • 統合デザイン学科
  • 演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コース

次の「1」「2」すべてに該当する者。

  1. 出願学科を専願し、強く学ぶことを希望する者で、本入学試験に合格した場合に入学を確約できる者。
  2. 高等学校課程の出身学校長の推薦を受けることができる、次のいずれかに該当する者。

    1. 日本における高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を2018年3月に卒業した者または2019年3月に卒業見込の者。
    2. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を2017年4月1日から2019年3月31日までに修了する者またはこれに該当する見込の者。
    3. 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)を2018年3月に修了した者または2019年3月に修了見込の者。
  • ※演劇舞踊コースを出願する者は、調査書全体の評定平均値が3.5以上の者。
  • ※統合デザイン学科を受験する者は、2016年12月以降に実施された『実用英語技能検定(英検)』(1級~準2級に限る)、『GTEC』(2018年6月21日追記)、『TOEFL iBT®』、『TOEIC® Listening & Reading Test』および『TOEIC® Speaking & Writing Test』、『IELTS™』のいずれかを受験した者。
  • ※推薦入学試験と帰国生入学試験の出願資格を有する者はいずれかの入学試験のみ出願できる。

試験科目・日程

学科・専攻・コース 選択 科目 日程
日本画 水彩「人物」(6時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
油画 面接 11月25日(日)
版画 選択A 小論文(90分) 11月24日(土)
デッサン「静物」(4時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
選択B 小論文(90分) 11月24日(土)
コラージュ「写真」(4時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
彫刻 小論文(90分) 11月24日(土)
立体造形・デッサン(4時間30分) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
工芸 小論文(90分) 11月24日(土)
鉛筆デッサン(4時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
グラフィックデザイン クリエイティビティ テスト(スケッチ+テキスト)(2時間)
  • ※与えられたテーマに対してスケッチとテキストを用いて自己表現する
11月24日(土)
鉛筆デッサン(5時間) 11月24日(土)
色彩構成(5時間) 11月25日(日)
プロダクト
デザイン
選択 A アイデア/プロセス(3時間)
  • ※文章でのアイデア説明、他にイラスト・図式などを使った紙面表現
11月24日(土)
プレゼンテーション面接
  • ※上記で制作した作品を説明・アピールする
11月25日(日)
選択 B スケッチ/デッサン(3時間)
  • ※デザインスケッチ・鉛筆デッサン・カラー描写などによる紙面表現
11月24日(土)
プレゼンテーション面接
  • ※上記で制作した作品を説明・アピールする
11月25日(日)
テキスタイル
デザイン
選択 A 小論文(90分) 11月24日(土)
鉛筆デッサン(3時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
選択 B 小論文(90分) 11月24日(土)
色彩構成(3時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
環境デザイン 小論文(60分) 11月24日(土)
空間デザイン(5時間) 11月24日(土)
プレゼンテーション面接
  • ※空間デザインで制作した作品を説明・アピールする
11月25日(日)
情報デザイン
(メディア芸術)
選択 A 面接 11月25日(日)
選択 B デジタル平面構成(5時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
情報デザイン
(情報デザイン)
面接 11月25日(日)
芸術 小論文(90分) 11月24日(土)
面接 11月24日(土)
統合デザイン 小論文(問題解決型)(3時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
演劇舞踊デザイン
(演劇舞踊)
小論文(90分) 11月24日(土)
身体表現(4時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)
演劇舞踊デザイン
(劇場美術デザイン)
鉛筆デッサン(3時間) 11月24日(土)
面接 11月25日(日)

提出物(合否判定に用いる)

学科・専攻・コース 提出物
日本画 ポートフォリオ これまでの作品活動歴をA4程度で20~50ページにまとめる
作品 絵画作品50号程度1点(作品の素材・技法は問わない)
油画 ポートフォリオ これまでに制作した作品の写真をA4程度にまとめる
書類
作品 油彩2点以内(アクリル絵具使用可、2017年以降に制作されたもの、サイズ自由:目安として30号~100号程度)
ドローイングファイル1冊(デッサン、水彩等10枚程度をまとめたもの、サイズは65×50cm以内)
版画 選択A 作品 デッサン、油彩、水彩、ドローイング、立体、コラージュ、写真作品など自由。サイズは持参できる範囲まで。点数は5点以内(ただし、連作は1点扱いとしても構いません)。作品のポートフォリオの追加も可能
選択B 作品 デッサン、油彩、水彩、ドローイング、立体、コラージュ、写真作品など自由。サイズは持参できる範囲まで。点数は5点以内(ただし、連作は1点扱いとしても構いません)。作品のポートフォリオの追加も可能
彫刻 ポートフォリオ 作品写真ファイル、およびCD、DVD添付可
工芸 資料 ポートフォリオ、デジタルメディアなど(資料の形式、点数は自由)
グラフィックデザイン なし
プロダクトデザイン 書類
テキスタイルデザイン 作品 過去3年間に制作した作品(平面、立体問わない)、3点以内
環境デザイン なし
情報デザイン
(メディア芸術)
選択 A オンラインポートフォリオ※1 メディア・アート、映像、アニメーション、写真、デジタル・エンターテイメントなどメディアを使った作品(web形式にまとめる)
選択 B なし
情報デザイン
(情報デザイン)
オンラインポートフォリオ※2 デッサンや写真、イラスト、アニメーション、動画、インタラクティブなコンテンツ、アプリ、プログラムなど、今までに制作した作品をオンライン上で閲覧可能な形でまとめたもの
デジタルメディア作品
あるいは
デジタルポートフォリオ
デジタルメディア作品:
インタラクティブコンテンツ、ゲーム、プログラムコードで書いたグラフィックスやサウンドなどの作品
デジタルポートフォリオ:
ウェブページ、電子ブック、アプリケーションなどにまとめられたポートフォリオ
芸術 課題 アート・プロデュースをする力をみるために「企画書(A4サイズ数枚)」を提出
統合デザイン 外部英語試験の試験結果(コピー)
自己アピール書類

A4サイズ書式・枚数自由。これまでの活動実績(部活動やコンテスト等の実績、取得資格、ボランティア、作品制作、自主研究など)をまとめ、その中で直面した問題とその解決等を説明する

演劇舞踊デザイン
(演劇舞踊)
なし
演劇舞踊デザイン
(劇場美術デザイン)
ポートフォリオ これまでの作品をまとめたもの(サイズ・点数は自由)
書類
作品 自己表現力をアピールするもの(内容は自由)
  • ※提出日・方法については学生募集要項でお知らせします。
  • ※1「オンラインポートフォリオ」は出願時に大学側で作品を閲覧できるURLを必要とします。
  • ※2「オンラインポートフォリオ」は出願時に大学側で作品を閲覧できるURLを必要とします。形式や内容は面接時持参の「デジタルメディア作品およびデジタルポートフォリオ」と違うものでも可とします。

検定料

35,000円

合格発表

2018年11月29日(木)13:00

入学手続(締切)

2018年12月17日(月)

各学科・専攻の推薦入学試験コンセプト

学生募集要項について

入試の詳細については「2019年度学生募集要項」でご確認ください(変更の場合があります)。