たまびFAQ

出願から入試まで

  • Q1. 入試の種別(種類)にはどのようなものがありますか?

    美術学部には、一般入学試験、推薦入学試験、特別入学試験があります。
    一般入学試験には、一般方式、センターⅠ方式、センターⅡ方式があります。
    推薦入学試験には、推薦Ⅰ方式、推薦Ⅱ方式があります。
    特別入学試験は、外国人留学生入学試験、帰国生入学試験、3年次編入学試験を総称したものとなります。
    各入試種別の内容は学生募集概要をご覧ください。

    関連ページ

    close

  • Q2. 美術学部一般入試(一般方式)での学科試験の受験方法を教えてください。

    美術学部一般入試(一般方式)では全学科において、学科試験を「A日程[2/5]のみ」、「B日程[2/12]のみ」、「A・B両日程」のいずれかの日程で受けることが可能です。検定料の追加はありません。

    close

  • Q3. 他学科との併願は出来ますか?

    美術学部一般入試(一般方式/センターⅠ・Ⅱ方式)においては、それぞれ専門試験の日程が重なっていなければ、複数の学科を受験することが可能です。

    close

  • Q4. 同一学科内の一般方式とセンターⅠ・Ⅱ方式の併願はできますか?

    美術学部一般入試においては、同一学科内で一般方式とセンターⅠ・Ⅱ方式を併願することができます。

    close

  • Q5. 検定料はいくらですか?

    【美術学部一般入試】
    1学科・専攻・コースにつき、一般方式35,000円、センターⅠ方式25,000円、センターⅡ方式15,000円。
    ※ただし同一学科・専攻・コースで一般方式とセンターⅠ方式を併願した場合は10,000円減額となり、50,000円となります。

    【その他すべての入試】
    35,000円

    close

  • Q6. 美術学部一般入試に出願する際、願書以外に必要な書類はなんですか?

    【一般方式】
    出身高等学校の調査書(高等学校卒業程度認定試験等による出願の場合は、合格成績証明書等)、写真など

    【センターⅠ・Ⅱ方式】
    上記のほかに、当該年度のセンター試験成績請求票[私立大学・公私立短期大学用]
    ※詳細は学生募集要項を参照してください。

    close

  • Q7. 受験時の宿泊施設はどうなっていますか?

    一例として美術学部一般入試の募集要項に「八王子キャンパスで受験する際の宿泊プランのご案内」を載せてあります(本学と掲載している旅行代理店や各ホテルは無関係です)。
    なお、八王子キャンパスまでは、JR横浜線・京王相模原線橋本駅からの路線バス(運賃:180円、所要時間約8分)を利用していただきますので、そのことを踏まえて宿泊施設を決めることをお勧めします。

    close

  • Q8. 美術学部一般入試願書の記入に間違えてボールペンを使用してしまった場合はどうしたらいいですか?

    美術学部一般入試の願書をボールペンで記入してしまった場合は、その記入内容に間違いがなければ、そのまま提出してください。記入内容に訂正が必要な場合は、出願前に入学センターまでご連絡ください。※修正液は絶対に使用しないでください。

    close

  • Q9. 出願後に志望学科、学科試験の日程など変更は可能ですか?

    志望学科・専攻・コース、試験方式、選択科目、学科試験の日程などすべての記載事項について、出願後の変更は一切できません。記入間違いのないようにしてください。

    close

  • Q10. 美術学部一般入試において複数の学科を受験したい場合、入学願書は何枚提出しますか?

    美術学部一般入試において複数の学科を受験する場合、受験したい学科と試験方式すべてを1枚の入学願書に記入してください。後から受験したい学科・試験方式を追加する目的で別の入学願書を提出しても無効です。

    close

  • Q11. 複数の学部・学科や試験方式を受験する場合は調査書は何通必要ですか?

    美術学部一般入試において複数の学科を受験する場合、受験する学科・試験方式の数に関わらず、1通のみを提出してください。

    close

  • Q12. 海外の高校出身などの理由で調査書が提出できない場合はどうしたらいいですか?

    成績証明書、卒業証明書を提出してください。不明な場合は入学センターまでご連絡ください。

    close

  • Q13. 高校で発行された証明書と氏名が違うのですが?

    改姓等で氏名が変更している場合は、同一人物であることを証明できる書類(戸籍抄本等)を提出してください。

    close

  • Q14. 身体に障がい(視力、聴力および肢体不自由等)がある場合、受験に際して何らかの制限がありますか?

    受験および入学後の学生生活に際し、個々の障がいに応じて配慮する場合がありますので、出願前*に入学センターへご相談ください。また、本学の現有施設・設備等で入学後の学生生活に支障がないか、事前に確認をお願いいたします。
    * 各募集要項に「受験上の配慮について」として期日などを記載してありますのでご確認ください。

    close

  • Q15. 地方での入試を実施していますか?

    入試は本学八王子キャンパスのみになります。

    close

  • Q16. 試験当日に、学食は営業していますか?

    学食は営業していません。また試験中は、大学外に出ることはできませんので、入学試験が午後にわたる日は昼食を持参してください。

    close

合格発表・入学手続について

  • Q17. 合格発表はどのように行われますか?

    1. 入試会場となったキャンパスで、受験番号により掲示発表(一般入試のみ)
    2. 合格者への合格通知、入学手続書類の郵送
    3. ホームページよる簡易発表
    • ※電話等による合否の問い合わせには一切応じません。
    • ※ホームページによる発表は便宜的なものです。掲示発表並びに合格通知の発送をもって正式な合格発表とします。

    close

  • Q18. 美術学部一般入試において同一学科・専攻で一般方式とセンターⅠ・Ⅱ方式の両方に合格した場合、入学手続きはどちらで行えばいいのですか?

    複数の方式に合格した場合は、いずれかの一方式を選び、入学手続きをしてください。

    close

  • Q19. 入学時の学費納入方法を教えてください。

    美術学部推薦入試、特別入試、大学院入試での入学手続きは「一括納入手続方式」に限ります。
    美術学部一般入試(一般方式・センターI・II方式)での入学手続きには「一括納入手続方式」と、1次手続きでは入学金(300,000円)のみを納入する「二段階納入手続方式」があります。詳細については「美術学部一般入学試験学生募集要項」を参照するか、入学センターまでお問い合わせください。

    close

  • Q20. やむを得ない事情が生じた場合、入学手続きの延期は認められますか?

    どのような理由であっても、入学手続きの延期は認めていません。

    close

  • Q21. ある学科に合格して入学手続きをした後で、新たに繰り上げ合格となった別の学科に入学したい場合、変更はできますか?また、既に納めた学費はどうなりますか?

    入学手続き後に本学の別の学科に合格した場合、入学学科の変更は手続きをおこなえば可能です。また、納めた学費は振替処理します。ただし学科によって納付金額が異なる場合は、その過不足額の払い戻しまたは徴収を行います。

    close

  • Q22. 入学手続き後に入学を辞退する場合、入学金などは返還してもらえますか?

    入学金を除く授業料等は返還します。ただし、本学が定める辞退期間内に辞退手続きをした方に限りますのでご注意ください。入学金については、いかなる理由においても返還いたしません。

    close

センター試験に関すること

  • Q23. 国語は近代以降の文章のみを解答すれば良いのですか?

    【センターI方式(全学科)・センターII方式(環境デザイン学科)】
    大学入試センター試験の「国語」は「近代以降の文章(2問 100点)、古典〔古文(1問50点)、漢文(1問50点)〕」で構成されています。本学では、センターI方式を行う全学科と環境デザイン学科センターII方式では、国語はこの近代以降の文章のみを入学試験科目として指定しています。

    【センターII方式(芸術学科)】
    芸術学科センターII方式では、(1) 近代以降の文章、(2) 近代以降の文章+古文、(3) 近代以降の文章+古文+漢文のいずれも200点満点に換算し、高い得点を評価します。

    close

  • Q24. 英語の試験でリスニングの成績を利用しますか?

    【センターI方式(全学科)・センターII方式(環境デザイン学科)】
    大学入試センター試験の英語については、リスニングの成績は利用しません。

    【センターII方式(芸術学科)】
    芸術学科センターII方式では、(1) 筆記のみ、(2) 筆記+リスニングのいずれも200点満点に換算し、高い得点を評価します。

    close

その他、入試に関すること

  • Q25. 実技試験の対策について教えてください

    実技試験については、『入試ガイド』(2009年度以前の入試問題は『新入生入試参考作品集』)として、学科試験・実技試験の問題、「試験問題出題のねらい、意図」、実技試験の合格者作品や「実技問題採点のポイント」などを解説した、冊子を発行しています。こちらをご覧いただくと、より詳細な試験内容を確認することができますので、参考にしてください。最新年度のものは請求いただければ送付いたします。
    ただしこちらに掲載されている参考作品は、実際に行われた入学試験の作品の中からその一部を例として選んだものであり、それらの造形処理等を受験生に薦めるものではありませんので、この点に十分注意してください。

    close

  • Q26. 自分の入学試験の成績(点数)を知りたい場合はどうすればいいのですか?

    【美術学部(一般入試)】※2017年度入試参考

    入学者:
    入学者全員に入学試験の成績を郵送します(発送は5月)。なお、受験票送付先と同じ住所宛に送りますので、受験後に引っ越した場合は郵便局に転居届けを提出してください(再発行はしないので注意してください)。
    入学者以外:
    次の必要事項を記入し、82円切手を貼付した返信用封筒(返信先住所・氏名記入)を同封して下記のあて先まで郵送でお申し込みください。受付期間以降の申し込みは受付できませんので、注意してください。
    ■受付期間
    2017年4月6日(木)~28日(金)[消印有効]
    ■申込方法
    住所、氏名、生年月日を明記し(様式は任意)、受験票1枚(コピー可)と返信用封筒(返信先住所・氏名記入、82円切手貼付)を同封のうえ、下記まで郵送にてお申し込みください。
    ■あて先
    192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
    多摩美術大学 入学センター成績開示係

    【美術学部(推薦入試、特別入試)】
    成績開示は行いません。

    ※受験生本人以外の申し込みには応じられません。

    close

  • Q27. 昨年度の倍率を知りたい場合はどうすればいいのですか?

    入試データ(結果資料)ページをご覧ください。

    close

  • Q28. 美術系大学などの出身でなくても3年次編入学試験や大学院を受験できますか?

    大学院入学試験については美術系の学校を出身かは問いませんが、3年次編入学試験については一部の学科・専攻・コースにおいて出身学校における教育課程、修得単位等の事前確認が必要です。内容については「3年次編入学試験学生募集概要」の出願資格を参照してください。

    close

  • Q29. 推薦入試やAO入試は実施していますか?

    2017年度より、美術学部の全学科で推薦入試を実施します。内容については「推薦入学試験学生募集概要」を参照してください。
    なお、AO入試については実施していません。

    close

各種資料の請求について

  • Q30. 願書はどこで入手できますか?

    願書を含む美術学部一般入学試験学生募集要項は、大学窓口で配布しています。
    また、テレメールで資料請求することもできます。

    下記入学試験の学生募集要項・入学願書については、本学ホームページ上でPDFファイルの配布となります。2017年度学生募集要項・入学願書の公開は7月下旬を予定しています。
    美術学部推薦入学試験
    美術学部特別入学試験
     外国人留学生入学試験
     帰国生入学試験
     3年次編入学試験
    大学院美術研究科入学試験
     博士前期課程(修士課程)入学試験
     博士後期課程入学試験
    美術学部研究生選考

    close

  • Q31. 入学試験の過去問題を見ることは出来ますか?

    無料で配布している『入試ガイド』(2009年度以前の入試問題は『新入生入試参考作品集』)をご覧ください。最新年度のものは請求いただければ送付いたします。この資料は、入学試験問題、合格者(入学者)の入学試験時の実技作品をフルカラーで紹介しています。ほかに、「試験問題出題のねらい、意図」「実技問題採点のポイント」や、入学試験結果データも収録しています。
    『入試ガイド』および『新入生入試参考作品集』は、下記の「過去問題(参考作品集)」ページで一部内容をご覧いただけます。

    close

  • Q32. 海外にも資料を発送してもらえますか?

    無料パンフレット(大学案内)、学生募集要項・入学願書は海外にも発送しています。海外からのご請求の場合は、資料代金、送料ともに無料です。以下のメールアドレスに希望資料名と、あて先[氏名(ふりがな)、ご住所、電話番号]を英語表記で明記のうえ、ご請求ください。

    close

教育・研究に関すること

  • Q33. 他大学などとの単位互換制度はありますか?

    美術学部では、八王子地域の「大学コンソーシアム八王子」(23大学等)に共に加盟する東京工科大学、創価大学、サレジオ工業高等専門学校、ヤマザキ学園大学、東京家政学院大学、東京工業高等専門学校、山野美容芸術短期大学、東京造形大学、東京純心女子大学、杏林大学、明星大学、工学院大学と単位互換協定を締結しています。これにより、本学以外の大学等で開講する所定の正規授業を、履修料等免除で受講し単位を修得することができます。

    close

  • Q34. 留学制度はありますか?

    多摩美術大学の在学生は、本学の海外協定校のうち、学生交換協定を結んでいる大学への交換留学することができます。交換留学制度を用いることで、追加の授業料を支払うことなく海外留学をすることができます。交換留学を実施している大学・対象学科について、詳しくは国際交流室のページをご覧ください。

    関連ページ

    close

  • Q35. 研究生や聴講生の制度はありますか?

    本学において教授する特別の専門分野について研究を願い出る者があるときは、選考のうえ、美術学部研究生として入学を許可することがあります。なお原則、外国籍者のみが対象です。
    聴講生制度はありません。

    close

  • Q36. 科目等履修生制度はありますか?

    本学学部在学中に教員免許状や博物館学芸員資格に関する科目の単位を修得できなかった者、八王子学園都市大学の受講生など、本学において開講する授業科目の履修を願い出る者があるときは、選考のうえ、科目等履修生として入学を許可することがあります。

    close

  • Q37. 入学後に所属する学部や学科を変更することは可能ですか?

    当該学科に欠員が出た場合のみ、転学部・転学科希望者を募り選考を行うことがあります。ただし、必ず毎年欠員が出るとは限りませんので、転学部・転学科などを目的として入学することはお薦めできません。

    close

キャンパスについて

  • Q38. 多摩美術大学はどこにあるのですか?

    本学には、八王子キャンパス(東京都八王子市)と上野毛キャンパス(東京都世田谷区)の2つのキャンパスがあります。
    八王子キャンパスには美術学部8学科と大学院が、世田谷の上野毛キャンパスには美術学部統合デザイン学科と演劇舞踊デザイン学科、造形表現学部(夜間、2014年度より学生募集停止)、大学院(夜間主)、そして法人本部が置かれています。

    関連ページ

    close

  • Q39. どのような施設がありますか?

    【八王子キャンパス】
    絵画北棟(絵画学科日本画、油画、版画、各専攻実習室および薬剤処理室などの付帯設備、ギャラリー)、絵画東棟(絵画学科油画専攻の実習室、食堂、ギャラリー)、彫刻棟群(彫刻学科の各技法の実習室が整備された塑造棟、鋳造棟、石彫棟、金属棟、木彫棟、諸材料棟の複合棟、ギャラリー)、工芸棟群(工芸学科の実習室で構成される陶棟、ガラス棟、金属棟、ギャラリー)、デザイン棟(グラフィックデザイン学科、生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻、環境デザイン学科の各教室と実習室、ギャラリー)、テキスタイル棟(生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻の実習室、ギャラリー)、情報デザイン棟・芸術学棟(情報デザイン学科、芸術学科の講義室、アートスタジオ、学生支援ショップ)、共通教育センター(共通教育講義室、大学院関連施設等)、本部棟、他施設(芸術人類学研究所、図書館、メディアセンター、レクチャーホール、TAUホール、グリーンホール、体育館、学生クラブ棟、アートテーク)

    【上野毛キャンパス】
    本館・1号館(統合デザイン学科実習室、統合デザイン学科コンピュータルーム、演劇舞踊デザイン学科講義室、演劇舞踊デザイン学科実習室、演劇舞踊デザイン学科コンピュータルーム、共通教育講義室、メディアセンター工作センター、事務室、学生相談室、保健室、食堂、売店)、2号館(共通教育講義室、AVルーム)、3号館(メディアセンター映像スタジオ、メディアセンター写真スタジオ、メディアセンター録音ブース、メディアセンター録音調整室、メディアセンター映写室)、A棟、B棟、講堂、図書館、演劇舞踊スタジオ

    close

  • Q40. キャンパスを見学することはできますか?

    例年7月に八王子キャンパスでオープンキャンパスを実施しています。
    また八王子キャンパスでは、休日や入試期間などを除き随時キャンパス内の見学が可能となっています。その際、資料の準備がありますので事前にご連絡をください。

    close

学生生活について

  • Q41. 生活費などはどのくらいかかりますか?

  • Q42. クラブ・サークル活動はどのようになっていますか?

    【八王子キャンパスの場合】
    本学の公認クラブ・サークルには、在学生の約30%が所属しており、体育連合会13団体と文化連合会22団体の計35団体があり、活動しています。体育連合会の多くは、五美大リーグや関東大学リーグなどに属して試合を行っています。
    クラブ・サークルは趣味、余暇の範囲で活動しているとお考えください。

    close

  • Q43. アルバイトはできますか?(美術学部)

    課題等が多い(忙しい)学科よっては制作の集中度、完成度により個人差は当然ありますが、アルバイトや課外活動がまったくできないということはありません。絵画、彫刻、工芸学科等は課題提出までの期間が比較的長いので時間の調整ができるようです。デザイン系の学科は課題提出までの期間が比較的短いのでアルバイトがしにくい傾向にあるようです。また、通学時間にも影響されます。

    close

卒業後の進路について

  • Q44. どんな卒業生がいますか?

    ファッションデザイナーの三宅一生、ドイツ・オペル社の元チーフデザイナー児玉英雄、日本人で唯一大英博物館で個展を開いた漫画家の武田秀雄、イタリア在住の世界的なアーティスト長沢英俊など国際的な活躍をする卒業生をはじめ、人間国宝の第十四代酒井田柿右衛門、ミュージシャンとして活躍する松任谷由実、小室等、テレビでもお馴染みの映画監督・俳優の竹中直人、お笑いタレントのラーメンズ、『漢方小説』ですばる文学賞を受賞した作家の中島たい子など、下記に紹介している者を含め、多種多様な分野の第一線で多くの卒業生が活躍しています。
    また、下記の「多摩美術大学卒業生たちがつくったもの。」サイトで多くの作品をご覧いただけます。

    【アーティスト】
    関根伸夫、吉田克郎、田窪恭治、菅木志雄、河口龍夫、中野嘉之、天野裕夫、宮本隆司、吉澤美香、笠原恵実子、須田悦弘、蜷川実花、他多数
    【アートディレクター・グラフィックデザイナー】
    石岡玲子、中森陽三、中島祥文、五十嵐威暢、山本泰彦、三浦武彦、清水正巳、大貫卓也、永井一史、川口清勝、山本真也、中村剛、佐藤可士和、佐野研二郎、植原亮輔、水野学、他多数
    【プロダクトデザイナー】
    河岡徳彦、福市得雄、深澤直人、輿石健、他多数
    【イラストレーター】
    真鍋博、 和田誠、大橋歩、山下勇三、舟橋全二、湯村輝彦、湯村タラ、原田治、秋山孝、スージー甘金、鶴田一郎、田辺ヒロシ、100%ORANGE、今井トゥーンズ、末政ひかる、他多数
    【漫画家・アニメーション作家・絵本作家】
    はるき悦巳、しりあがり寿、しまおまほ、野村辰寿、加藤久仁生、坂本サク、きむらゆういち、田中清代、他多数
    【キュレーター】
    浅倉祐一朗、森司、中井康之、飯田志保子、他多数
    【産業界】
    元博報堂DYホールディングス会長の東海林隆、コーエー ファウンダー取締役名誉会長の襟川恵子、美術出版社代表取締役社長の大下健太郎、他多数

    close

  • Q45. 卒業生はどんなところに就職してますか?

お問い合わせ

このFAQに掲載されていない質問や、さらに詳しい情報等を知りたいときはこちらまでお問い合わせください。

美術学部・大学院に関すること 入学センター nyushi@tamabi.ac.jp
Tel. 042-679-5602
造形表現学部(夜間)に関すること 造形表現学部事務部 zhjimu@tamabi.ac.jp
Tel. 03-3702-9404