センター試験のみ入試
2018年度は、
環境デザイン学科、芸術学科、統合デザイン学科
の3学科で実施

WEB出願
WEB出願

「センター試験のみ入試(正式名称『一般入学試験センターⅡ方式』)」とは、従来からあるデッサンなどの実技試験を課す方式とは別に設けた入試制度のことで、センター試験の指定した科目のみで合否判定するものです。高い思考力と表現意欲を持った生徒が実際にこの方式で受験し、入学後に多彩な活躍をみせています。

センターⅡ方式 試験科目・配点・日程

出願期間[WEB出願のみ]

2018年1月5日(金)~1月18日(木)

検定料

1学科につき 15,000円

合格発表

2018年2月21日(水)

入学手続(締切)

2018年3月1日(木)


2019年度は下記の2学科も
「センター試験のみ入試」を実施予定

※詳細は2018年4月以降にホームページで公表する、2019年度学生募集概要をご確認ください。


センター試験のみで入学した
学生たちの声

大川 翔吾さん

私立鎌倉学園高等学校
大川 翔吾さん(環境デザイン学科4年)

「文理選択に疑問を感じていた。クリエイティブなことができる進路を探し、一般の難関大と美大を併願した」

高校時代は一応理系を選択しましたが、クリエイティブなことをしたいと思っていたので、文系理系に分かれることにずっと疑問をもっていました。高校3年の冬、偶然ある場所で座った椅子に感動して、インテリア関係の勉強がしたいと思いました。周囲にいる一般の難関大出身者からも多摩美を薦められ、併願しました。4年間学んだ結果、思い描いていた椅子がデザインできるようになり、成長を実感しています。

私立巣鴨高等学校
(環境デザイン学科3年)

「漠然と研究者に憧れ一般の難関大をめざしていた。入試直前にやりたいことに出合い進路の幅を広げ、美大も選択肢に入れた」

美大は「1日中絵を描いていないと受験できない」と聞いていたので、最初は進路の選択肢にありませんでした。高校時代は、大学生だった兄の薦めで理系を選択し、将来は研究者の道を考えていました。しかし入試直前に建築系に興味を持ち、その時、多摩美がセンターⅡ方式で受験できることを知りました。小さい頃からものづくりが好きだったので、今は美大で学びたかったことが学べています。

神奈川県立湘南高等学校
(環境デザイン学科3年)

「実技試験で入学していないので、授業についていけるか心配だった。しかし入学後は実技の基礎を学べる授業があり、安心した」

美術部員だったこと、オックスフォード大卒でプロダクトデザイナーの先輩と会って憧れた経験、高校3 年のとき母の誘いで多摩美の学園祭に行ったこと等がきっかけで受験しました。入学後は実技の授業についていけるか不安でしたが、1年次の基礎造形の授業のおかげで上達でき、安心しました。デザインの課題は造形力だけでなく、柔軟な発想やプレゼン力も必要。とても貴重な経験ができています。


入試に関するお問い合わせ先

入学センター 入試課

042-679-5602

受付時間:8:50~17:00
(但し、休暇期間中は除きます)

WEB出願
WEB出願