芸術学科

西嶋 憲生

NISHIJIMA Norio

教授

  • 1952年 東京都生まれ
  • 1978年 東京大学文学部社会学科中退
  • 2002年 多摩美術大学美術学部芸術学科教授

主な受賞歴

  • 1978年 美術出版社芸術評論賞

主な活動歴・所属団体等

  • 70年代後半から映画・映像の研究者として執筆・翻訳。映画書の編集や月刊イメージフォーラム編集長を経て現職。公共上映や映画教育プログラムの研究にも関わる。

研究テーマ

映像芸術・文化の歴史と理論、20世紀美術と映像

代表論文

映像と美術の100年
発表年:2010年
著者:西嶋憲生
編者:松本俊夫編
発表先:美術×映像 境界領域の創造的カオス(美術出版社)
瀧口修造と映画 いくつかの接点
発表年:2004年
著者:西嶋憲生
編者:大学紀要
発表先:多摩美術大学研究紀要18号
私の思想、映像の思想 鈴木志郎康の方へ
発表年:2006年
著者:西嶋憲生
編者:大学紀要
発表先:多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科2006年報「映像演劇」

著書

生まれつつある映像 実験映画の作家たち
発行元:文彩社
発行日:1991年
アンディ・ウォーホル・フィルム(Andy Warhol Film Factory)(編訳)
発行元:ダゲレオ出版
発行日:1991年
映像表現のオルタナティヴ 1960年代の逸脱と創造(編著)
発行元:森話社
発行日:2005年

担当授業科目

映像文化史研究/映像理論Ⅰ(映画史)/映像理論Ⅱ(現代映画史)/設計Ⅰ(映像文化設計)/設計Ⅱ(映像文化設計)/卒業研究

最終更新日: 2017年4月5日