芸術学科

安藤 礼二

ANDO Reiji

教授

  • 1967年 東京都生まれ
  • 1990年 早稲田大学文学部考古学専修卒業
  • 2006年 多摩美術大学美術学部芸術学科助教授

主な受賞歴

  • 2002年 群像新人文学賞評論部門優秀作
  • 2005年 芸術選奨文部科学大臣新人賞、大江健三郎賞、伊藤整文学賞

主な活動歴・所属団体等

  • 日本近代思想史、民俗学などをベースに評論活動をはじめる。その他に編著書として『初稿・死者の書』、編集協力書として『西田幾多郎』、『鈴木大拙』、『空海』など多数。

研究テーマ

折口信夫研究を中心に、西田幾多郎、鈴木大拙といった近代日本が生んだ宗教哲学の巨人たち、さらには真言密教の祖・空海まで遡ってアジア思想の可能性を追求しています

代表論文

野生のアーカイヴ 南方熊楠論
発表年:2007年
編者:安藤礼二
発表先:多摩美術大学研究紀要21号

著書

神々の闘争 折口信夫論
発行元:講談社
発行日:2004年
初稿・死者の書
発行元:国書刊行会
発行日:2004年
光の曼荼羅 日本文学論
発行元:講談社
発行日:2008年

担当授業科目

アジア思想史/民俗芸術論/設計Ⅰ(アーカイヴ設計)/設計Ⅱ(アーカイヴ設計)/美術館資料論/卒業研究/文学-1/文学-2

最終更新日: 2017年4月28日