芸術学科

家村 珠代

IEMURA Tamayo

教授

  • 1960年 東京都生まれ
  • 1992年 東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻博士課程満期修了
  • 1992年 目黒区美術館学芸員(〜2009年)
  • 2016年 多摩美術大学美術学部芸術学科教授

研究テーマ

戦後日本美術、特に同時代の美術作家・作品の研究及び展覧会のキュレーション。作品と展示空間、建築との関係を念頭に、展覧会という枠組みの可能性を探っている。

代表論文

青木野枝展をめぐって
発表年:2000年
著者:家村珠代
発表先:目黒区美術館
小林孝亘の絵画
発表年:2004年
著者:家村珠代
発表先:目黒区美術館
丸山直文の絵画
発表年:2008年 
著者:家村珠代
発表先:求龍堂

担当授業科目

キュレイトリアル論/設計Ⅰ(展覧会設計)/展覧会の構成論/美術館概論/美術館展示論/美術館教育論/博物館実習RⅠ/博物館実習RⅡ/卒業研究

最終更新日: 2017年4月5日