環境デザイン学科

松澤 穣

MATSUZAWA Minoru

教授

  • 1963年 東京都生まれ
  • 1986年 東京藝術大学美術学部建築科卒業
  • 1990年 東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了
  • 1996年 多摩美術大学美術学部建築科講師
  • 1998年 同環境デザイン学科講師
  • 2003年 同助教授
  • 2013年 同教授

主な受賞歴

  • 1997年 SDレビュー新人賞
  • 1998年 OM地域建築賞
  • 2004年 マロニエ建築賞
  • 安宅賞(東京藝術大学)/匠美賞(東京藝術大学)/PROLEGOMENA賞(ウィーン工科大学)

主な活動歴・所属団体等

  • オーストリア政府国費留学(ウィーン工科大学R・ギーゼルマン研究室及びウィーン応用美術アカデミーH.ホライン研究室)
  • 2009年 (株)松澤穣建築設計事務所代表取締役

研究テーマ

建築の時間
建築に寄せる人々の欲望の持続期間は短く、構築の劣化まで数十年或いは数百年という単位で立ち続ける建築の時間は長い。その二つの時間の乖離を埋める答えを見つけることが研究テーマである

代表作品

  • 2012年

担当授業科目

環境デザイン概論/デザインⅠ/デザインⅡ(建築デザインコース)/デザインⅢ(建築デザインコース)/デザインⅣ/測量実習/素材演習/卒業論文/卒業制作/PBLⅠ-66 日本の「キレイ」プロジェクト(東京オリンピックに向けて)

最終更新日: 2017年4月5日