共通教育

松田 嘉子

MATSUDA Yoshiko

教授

  • 1979年 国際基督教大学教養学部語学科卒業
  • 1987年 国際基督教大学大学院比較文化研究科修了
  • 1987年 多摩美術大学美術学部学科講師
  • 1991年 同学科助教授
  • 2003年 同共通教育教授

主な受賞歴

  • 2002年 カイロオペラハウス名誉賞(エジプト)
  • 2003年 バーレーン王国名誉賞(バーレーン)
  • 2005年 サドク・コルビ教育大臣賞(チュニジア)
  • 2010年 ナブール地中海芸術協会名誉芸術家賞(チュニジア)
  • 2013年 ラシディーア伝統音楽研究所名誉賞(チュニジア)

主な活動歴・所属団体等

  • チュニス国立音楽音楽院教授アリ・スリティにエジプト楽派のウード奏法と音楽理論を師事。アラブ古典音楽グループ「ル・クラブ・バシュラフ」メンバー。第18回東京の夏音楽祭、第11回カイロ・オペラハウス音楽祭、第3回フランス・アラブ世界研究所音楽祭、第25~第28回チュニジア・メディナ国際音楽祭等、内外で公演多数。パストラルレコード・アラブ音楽CDシリーズを制作。arab-music.comを運営。
  • 地中海学会会員/日本チュニジア協会理事 

研究テーマ

(独)日本学術振興会科学研究費助成「チュニジア古典音楽の楽理と現代的実践の解析」(2011-12年度)
「チュニジア音楽のトゥブー(旋法)とイスティフバル(即興)の分析」(2013-14年度)
カシオ科学振興財団助成「中東諸国におけるアラブ音楽楽理の相互影響の分析〜音楽楽裡によるアラブ諸国の特質〜」(2013-14年度)
「現代チュニジアにおけるマルーフとシャルキーの共存とその学識」(2015-2017年度)

代表論文

チュニジア伝統音楽研究所「ラシディーヤ」
現代チュニジアの音楽を牽引してきた「ラシディーヤ」研究所80年の歴史と、ジャスミン革命以後のチュニジア古典音楽界の変化を考察した。
発表年:2015年3月
著者:松田嘉子
発表先:多摩美術大学研究紀要第29号
現代に生きるアラブ音楽の伝統
アラブ古典(芸術)音楽について、歴史的地理的概観、楽器、代表的楽派や演奏家、歌と器楽の関係、即興性などについて解説した。
発表年:2000年10月
著者:松田嘉子
発表先:丸善刊「學鐙」
チュニジアの音楽
チュニジアの古典音楽について、歴史、楽器、代表的音楽家、地中海アラブ音楽センター、ラシディーア研究所等を中心に解説した。
発表年:1998年9月
著者:松田嘉子
発表先:楽天舎書房刊「チュニジア共和国」

著書

「アラブ音楽」サラーフ・アル・マハディ著・松田嘉子訳
発行元:PASTORALE出版
発行日:1998年4月
「アラブ・ミュージック〜その深遠なる魅力に迫る〜」関口義人編
発行元:東京堂出版
発行日:2008年2月
「チュニジアを知るための60章」鷹木恵子編
発行元:明石書店
発行日:2010年8月

担当授業科目

仏語B/仏語D/仏語F/仏語G/仏語H/音楽Ⅱ-1(アラブ音楽)/音楽Ⅱ-2(アラブ音楽)

最終更新日: 2017年4月5日