情報デザイン学科

寺井 弘典

TERAI Hironori

教授

  • 1961年 鹿児島県生まれ
  • 1985年 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
  • 1992年 MTV JAPAN入社(プロデューサー、クリエイティブディレクター)
  • 2001年 株式会社ピクス設立
  • 2013年 多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授

主な受賞歴

  • 1996年 広島国際アニメーションフェスティバル 優秀賞
  • 1998年 文化庁メディア芸術祭 優秀賞/アヌシー国際アニメーション映画祭 ベスト・アニメーション・シークエンス賞(フランス)
  • 2007年 カンヌ国際広告祭 サイバー部門GOLD
  • 2013年 カンヌ国際広告祭 サイバー部門SILVER

主な活動歴・所属団体等

  • 2002年 「ミュージックビデオ/新しい感受性をのせて、MUSIC VIDEO:A Vehcle for New Sensitivity 」展キュレーション(東京都写真美術館)
  • 2004年 文化庁メディア芸術祭審査員(〜06、10〜12年)
  • 大学卒業後、フリーディレクターとして活動し、MTV JAPAN入社後ステーションIDコンテスト主宰、NHK-BS1デシタルスタジアムなどのコンテストで多数の若い才能を発掘し育成している。アート、広告、エンターテイメントの垣根無く活動中。

主な作品収蔵先

  • ニューヨーク近代美術館

研究テーマ

音楽と映像をテーマにした映像表現や、個人の記憶に根ざした悪夢を可視化し映像作品にする。
また、エンターテイメント領域として3Dプロジェクションマッピングなど独自にテクニカルソリューションを開発しながら映像をスクリーンから解放し、空間、建築、立体物をムービングイメージ化しSNSで共有する試みを多数発表している。   

代表作品

  • 2013年4月22日
    3Dプロジェクションマッピング http://www.youtube.com/watch?v=4iGNTegpLZI

担当授業科目

メディア芸術総合Ⅰ(イメージラボ/フューチャーラボ/メディアラボ)/メディア芸術総合Ⅱ(イメージラボ/フューチャーラボ/メディアラボ)/エンターテインメント論/メディア芸術演習Ⅱ(シナリオデザイン)/イメージラボⅠ/イメージラボⅡ/卒業研究制作(メディア芸術コース)

最終更新日: 2017年4月5日