博士前期課程(修士課程)

大学院美術研究科博士前期課程(修士)は、美術・デザイン領域における高度な知識と技能を備えた人材を育成するため、1964年に私立美術大学ではわが国初めての認可を受けました。

絵画、彫刻、デザインの専攻を設置し、1998年に芸術学専攻、2002年には工芸専攻を開設して、1研究科5専攻の編成としています。学部からの一貫教育で、クラス制の色合いを濃くし、担当教員によるマンツーマンの指導体制のもと各領域の専門性を深めることを目標としています。

国際的な視野を備えた人材育成のため、多くの外国人留学生を受け入れています。また、大学院における社会人の再教育の要請に従い、1995年に昼夜開講制も導入しています。

学ぶキャンパス