絵画学科版画専攻

大島 成己

OSHIMA Naruki

教授

  • 1963年 大阪府生まれ
  • 2000年 ドイツ・デュッセルドルフ市文化局招待芸術家として制作滞在
  • 2001年 文化庁芸術家在外派遣員としてドイツに滞在
  • 2001~03年 ドイツ・デュッセルドルフ芸術アカデミー、トーマス・ルフ教室研究生
  • 2006~17年 嵯峨美術大学 専任教員(2013年から教授)

主な活動歴・所属団体等

  • 版画学会

主な作品収蔵先

  • 「Reflections-Dusseldorf303」など。国立国際美術館
  • 「The Partial」兵庫県立美術館
  • 「Untitled」徳島県立近代美術館
  • 「Untitled」町田市立国際版画美術館
  • 「円のための三部作」京都市美術館
  • 「Tableau for Orange」など。ノルドライン・ヴェストファーレ州文部科学省/ドイツ
  • 「Reflections-Osaka101」など。大林組大阪本社
  • その他、大学、美術館などに収蔵。

研究テーマ

美術における写真表現のあり方を、版画の特質に関連付けしながら研究する一方、シルクスクリーンをはじめとする版画の今日的な可能性を専門的かつ領域横断的に探っている。

代表作品

  • 2018年1月
    H150×W120cm/ラムダプリント
  • 2006年
    H120×W150cm/ラムダプリント、アクリル板にマウント
  • 2011年
    H135×W120cm/ラムダプリント

著書

haptic green, Naruki Oshima
発行元:Kehrer Verlag (ドイツ)
発行日:2014年3月
今村源⇔三脇康生⇔大島成己
発行元:(株)ノマルエディション
発行日:2000年11月

担当授業科目

版画実技Ⅰ/版画実技Ⅱ/版画実技Ⅲ/基礎実技Ⅰ/特別講座Ⅱ/版画材料学Ⅲ/版画メディア論/自由実技Ⅲ/自由実技Ⅳ/卒業制作

最終更新日: 2018年8月23日