彫刻学科

笠原 恵実子

KASAHARA Emiko

教授

  • 1985年 多摩美術大学美術学部彫刻科卒業
  • 1987年 多摩美術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
  • 2014年 多摩美術大学美術学部彫刻学科教授

主な活動歴・所属団体等

  • 2003年 ニューヨーク芸術財団の助成プログラムに採択
  • 1997年 公益財団法人ポーラ美術振興財団による在外研修に派遣
  • 1994年 文化庁新進芸術家海外研修制度(グラント)に採択され、ニューヨークに滞在
  • 1991年 カルティエ現代美術財団アーティスト・イン・レジデンス・プログラムによりフランスに滞在
  • 1990年 アジアン・カルチュラル・カウンシルより助成金授与
  • 1995年 日本と米国の双方で制作を行う(〜2013年)

主な作品収蔵先

  • 原美術館/東京都現代美術館/京都国立近代美術館/栃木県立美術館/東京ビッグサイト/伊勢財団/スパイラル[SPIRAL]/Cantor Center for Visual Art, Stanford University(米国)/Fogg Art Museum at Harvard University(米国)/Berkeley Art Museum(米国)/New York Public Library(米国)/Yves Klein Foundation(米国)/Norton Family Foundation(米国)/Deutsche Bank (ドイツ)/Queensland Art Gallery(オーストラリア)/Stiftung fur Gegenwartskunst(リヒテンシュタイン)/個人コレクション ほか

代表作品

  • 2005
    ブロンズ、革/H290 xW156xD206mm
  • 1993
    木、布、ステンレス、シリコン、発砲スチロール/H710xW775xD1650mm(3点)
  • 1994
    大理石、水、漂白剤/H630xW300xD400mm(2点)

担当授業科目

彫刻実技Ⅱ/彫刻実技Ⅲ/彫刻実技Ⅳ/彫刻論A/彫刻論B/古美術研究/課外研究ゼミ/卒業制作/PBLⅡ-37 行為と記録2017

最終更新日: 2017年4月5日