彫刻学科

川越 悟

KAWAGOE Satoru

教授

  • 1956年 北海道生まれ
  • 1979年 東京藝術大学美術学部彫刻学科卒業
  • 1983年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
  • 1999年 文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間、アメリカフィラデルフィア滞在
  • 2014年 多摩美術大学美術学部彫刻学科教授

主な作品収蔵先

  • 大田区立東調布第一小学校/北海道立旭川美術館/札幌ガーデンパレスホテル/株式会社アイセル本社ビル/神戸国際中学/神戸国際高校/ホテルアトールエメラルド/北海道帯広フコク生命ビル/石巻文化センター/埼玉県三芳町文化会館コピスみよし/ホテルコンラッド東京/ヒルトンホテル/裏磐梯高原ホテル

研究テーマ

彫刻と空間の関係性について、自然の形態と水、空気、光などのイメージを複合的に取り込みながら木を素材とした彫刻作品として制作している

代表作品

  • 2013年
    H316× W252×D83cm/樟、アクリル絵具
  • 2013年
    H30×W28×D11cm/樟、アクリル絵具
  • 2013年
    H47×W27×D14cm/樟、アクリル絵具

担当授業科目

彫刻実技Ⅰ/彫刻実技Ⅱ/彫刻実技Ⅲ/彫刻実技Ⅳ/彫刻論A/彫刻論B/古美術研究/課外研究ゼミ/卒業制作

最終更新日: 2017年4月5日