多摩美術大学 美術学部 芸術学科
学生たちの眼
学生たちの声
芸術学科の小宇宙
芸術学科の小宇宙(英語版)
ニュースと予告
芸術学科とは…
芸術学科とは…(英語版)
科目紹介
活動案内
アーカイヴス
学生へのお知らせ
入学案内
所在地とアクセス
 
News Release

◆NEWS◆



芸術学科では昨年度より、全学生にiPad2(wifiモデル)を配布しています。
フィールドワークやグループ活動のコミュニケーションツール、
調査・検索ツール、プレゼンテーションツールとして、
またゼミの調査発表・コミュニケーションのツールとして、
日常的に活用されています。

2014.6.3 [ニュースリリース]


記事掲載のお知らせ

「安井とセザンヌ」(上)(下)
小川敦生教授の記事の連載が、日本経済新聞で始まりました。


2014年6月1日・8日(日)
日本経済新聞朝刊
美術特集「美の美」欄にて



2014.5.28 [ニュースリリース]


記事掲載のお知らせ

【アートレビュー】
愛知県美術館「シャガール展」
音楽から生まれた絵画が奏でる豊かな「響き」

小川敦生教授が執筆した記事が、
2014年5月27日付の日経電子版ライフ面に掲載されました。

記事はこちらをご覧ください。


2014.05.10 [ニュースリリース]

2014年度 21世紀文化論 第2回講座

「神話から学ぶもの――生と死をめぐって――」

講師:松村一男氏(神話学者)

日時:5月31日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2014.04.11 [ニュースリリース]

2014年度 21世紀文化論 第1回講座

「わたしの演劇 そのつどの現在地」

講師:岡田 利規氏(劇作家、演出家、小説家)

日時:4月26日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2014.4.7 [ニュースリリース]

鶴岡教授 ラジオ出演のお知らせ

当学科の鶴岡真弓教授が下記の日程でラジオ出演されます。

NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」
「渦巻文様に魅せられて40年」

日時:4月8日(火)深夜28時〜
出演:鶴岡真弓(芸術学科教授/芸術人類学研究所所長)
聞き手:佐野剛平(ディレクター)

詳しくは こちらをご覧ください。

2014.4.5 [ニュースリリース]

2013年度「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」決定!


【「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」とは】
芸術学科の学生にとって、もっとも大きな課題は卒業論文です。
毎年、多彩なテーマのもと、優れた論文がたくさん書かれていますが、
その中でも特に優秀なものに対して贈られるのが、「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」です。
芸術学科創設時の教授で、高名な美術評論家でもあった故・東野芳明先生のご功績に因んだもの。
大学院生、学部生それぞれに対して授与され、また、本賞のほか、それに準ずる奨励賞も準備されています。

2013年度の「東野芳明記念・芸術学科優秀修了論文賞」、
及び「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」は下記の通りです。

《修士論文》
・該当者なし
《卒業論文》
・該当者なし

また、次点である「芸術学科優秀修了論文奨励賞」、「芸術学科優秀卒業論文奨励賞」、及び「留学生賞」は、
下記の論文が受賞しました。

《修士論文》
・島田浩太朗 「アニッシュ・カプーアのヴォイド:身体と言説のあいだ」
       The Void of Anish Kapoor:Between Body and Discourse
・北澤宏昴  「松本俊夫と戦後の前衛芸術運動―前衛記録映画の思想と方法ー」
《卒業論文》
・荒川瞳   「絵画について――映画と比較して(マルレーネ・デュマスを中心にフランシス・ベーコンから現代画家まで)」
・安藤宏平  「アマチュア出版と電子出版の親和性の研究―これまでの紙媒体による出版方法との比較―」
・木野允寛  「『自責』〜レヴィナス、存在の禍悪(mald'etre)を巡って」
・美山泰人  「与える構えを持つ作家 シェル・シルヴァスタインについて」
《留学生賞》
・CHOI Jungyi「現代美術における‘Alternative―代案’の意味について」

以上7名の受賞は、3月23日(日)に行なわれた学位授与式で発表されました。

2014.3.4 [ニュースリリース]


記事掲載のお知らせ

【現代美術入門】
「美術の五輪」でも注目 アジアの現代アートが台頭

小川敦生教授が執筆した記事が、
2014年3月4日付の日経電子版ライフ面に掲載されました。

記事はこちらをご覧ください。


2014.3.3 [ニュースリリース]


記事掲載のお知らせ。

「アートの森に書の木が生える〜書は現代アートになったのか」

小川敦生教授が執筆した記事が、
書雑誌『墨』(芸術新聞社)2014年3・4月号に掲載されました。


2014.3.3 [ニュースリリース]


「たまびより」に芸術学科の学生の対談が掲載されました。

多摩美術大学の学生有志による活動「たまびより」から、
本音対談「芸術学科編」が3月1日(土)より配信されました。
芸術学科4年生の家田裕美子さんと
3年生の遊田開さんの対談が掲載されています。



詳しくは こちらをご覧ください。


2014.1.17 [ニュースリリース]

《crystal cage》トークセッション vol.4−−叢書刊行記念のお知らせ

話題の叢書《crystal cage》を軸に、
その造本設計を手がける平出隆教授をコーディネーターとして、
《本》や《版》という場所をテーマに
さまざまな領域にわたる「芸術」を考察する
トーク・シリーズのお知らせです。

第1部は、《crystal cage》叢書の新刊である川崎長太郎の未刊行随筆集
『姫の水の記』をめぐって建築家・青木淳を迎え、
この私小説家が20年間住みつづけた海辺の物置小屋の再建計画について語ります。

第2部は、平出隆教授がデザインを手掛けた新作、2013年12月4日に発表されたアルバム
《POSTLUDIUM》の作曲家 / ギタリスト/ プロデューサー・伊藤ゴローを迎えます。
会場では〈TPH〉の貴重な展覧会カタログやその他の刊行物の販売も行ないます。

出演:
青木淳(建築家)
伊藤ゴロー(作曲家 / ギタリスト / プロデューサー)

コーディネーター : 平出隆(詩人 / 造本家 / 多摩美術大学教授)

協力 : 東京パブリッシングハウス 多摩美術大学 芸術人類学研究所

日時:2014年3月2日(日)
会場:Spiral Hall ホワイエ
東京都港区南青山 5-6-23(スパイラル3F)
*Spiral Cafe´横の階段より、3Fにお上がりください。
開場:15時00分  開演:15時30分
料金:1500 円(要予約)

予約等、詳しくは こちらをご覧ください。





2014.1.29 [ニュースリリース]


はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト

シンポジウム
精神の〈北〉へ ―北なるものの精神史―


鶴岡教授がパネリストとして、「ケルト文化と北方の生命観―動植物信仰でつながるユーラシア世界―」と題して、
シンポジウムに参加します。

日時:2014年2月2日(日)15時〜18時
会場:喜多方蔵の里イベント蔵
   (喜多方市字押切2-109)
参加費:無料

講師:鶴岡真弓(多摩美術大学教授/美術文明史家/ケルト芸術研究家)
   藤浩志(十和田市現代美術館副館長/美術家)
   田附勝(写真家)
司会:赤坂憲雄(福島県立博物館館長/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員長)
主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会/精神の〈北〉へvol.2実行委員会
お問合せ:上記実行委員会事務局(福島県立博物館内)
     tel.0242-28-6067



詳しくは こちらをご覧ください。


2014.1.22 [ニュースリリース]


映像文化設計ゼミが協力する上映イベントのお知らせ
音と映像を感じる − 『眠り姫』アクースモニウム上映



映像文化設計ゼミが協力する特殊上映イベント、
『眠り姫』アクースモニウム上映が2月28日、新百合ケ丘の川崎市アートセンターで開催されます。
アクースモニウムとは、異なる音圧、音色、大きさのスピーカーを多数配置して空間音響を作り出す
電子音楽の革新的な演奏システムで、日本で唯一プロフェッショナルな演奏家・檜垣智也が、
20数台のスピーカーを駆使して、声と気配のカルト映画 『眠り姫』(七里圭監督,2007)のライブ上映・演奏に挑みます。

日時:2014年2月28日(金)19時開演
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
料金:1500円(当日17時より整理番号付きチケット発売、定員120名)




詳しくは こちらをご覧ください。


2014.1.11 [ニュースリリース]


フィールドワーク設計
ペーパーマガジン「Whooops! mini Vol.6」発行のお知らせ


芸術学科フィールドワーク設計ゼミから、ペーパーマガジン「Whooops! mini Vol.6」が発行されました。

今号の特集「美は食なり。」では、鋭敏な感性を持つアーティストたちの、食に対する様々なアプローチを探りました。
砂糖の宮殿、島スープ、サニーレタスの傘、弁当の中に見える雄大な風景・・・謝淋さん、EAT&ART TAROさん、
間野由里衣さん、瓜生祐子さんたちの豊かな表現力をお楽しみください。
ゼミ生作のアルチンボルド的「徳川家康」も見ものです。

TAMABI REPORTには、鈴木康広さんや三田健志さんら気鋭のアーティストの作品が登場。
また、学生たちのために多摩美を訪れ、「誰がJ-POPを殺したのか!」というテーマで作詞家・評論家、麻生香太郎さんが語った講演を取材した記事からは、日本の音楽業界の壮絶な現状を見極めることができるでしょう。

本誌は、学内を中心に配布しています。



こちらからPDF版をダウンロードできます。

2013.12.21 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義

「芸術と自由」

講師:茂木 健一郎氏(脳科学者)
モデレーター:長谷川 祐子(芸術学科教授)

日時:1月6日(月)13時〜14時半

会場:多摩美術大学八王子キャンパス/情報デザイン・芸術学棟25-312教室
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2013.12.2 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義

物質と言説のあいだに

講師:菅 木志雄氏(美術家)

日時:12月9日(月)13時〜14時半
         
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/情報デザイン・芸術学棟25-312教室
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2013.12.2 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第8回講座

ジャーナリズムの視点で見た音楽業界の構造変化
〜誰がJ-POPを殺したのか!〜

講師:麻生香太郎氏(作詞家・評論家)

日時:12月14日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2013.11.22 [ニュースリリース]


トークセッション「BAR YUKI-SIS」開催のお知らせ


小川敦生教授が参加するトークセッションが東京・日本橋のギャラリー「YUKI-SIS」で行われます。

出演:高橋千裕(新潮社装丁室)
   小川敦生(美術ジャーナリスト/多摩美術大学教授)
テーマ:「出版と読者」
日時:2013年12月7日(土) 19:30〜23:00
場所:YUKI-SIS(当日は「川崎広平 個展」を開催中)
東京都中央区日本橋本町3-2-12日本橋小楼202
料金:無料(要ドリンク代) 


2013.11.8 [ニュースリリース]


フィールドワーク設計
ペーパーマガジン「Whooops! Vol.5」発行のお知らせ


芸術学科フィールドワーク設計ゼミから、ペーパーマガジン「Whooops! Vol.5」が発行されました。

第1特集「タマジョ」では、世界で活躍するタカノ綾さんら本学出身の女性アーティストの個性豊かな表現に注目。
第2特集「文字の顔」では、スティーヴ・ジョブズが注目したフォントやキリンビール「一番搾り」のロゴマークに、「顔」というキーワードでアプローチしました。

リポート記事では、トップデザイナーの佐藤可士和さんや建築家の青木淳さんも登場。

コラム「あっ!の人」では、直木賞作家の辻村深月を取材し、丁寧な言葉で自らの創作について語っていただきました。

本紙は、学内を中心に配布しています。




こちらからPDF版をダウンロードできます。

2013.11.7 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第7回講座

「21世紀のアジア映画と映画祭」

講師:市山尚三氏(映画祭プログラムディレクター)

日時:11月9日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2013.10.22 [ニュースリリース]

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

水辺に佇み、風に触れる
海老塚耕一


会期:2013年11月1日(金)〜12月22日(日)
時間:10:00〜18:00(入館17:30まで)
(休館日:月・火曜・11月30日)
※11月4日(月)14:00〜 オープニング・パーティ

会場:MUSEUM HAUS KASUYA/カスヤの森現代美術館
   〒238-0032 神奈川県横須賀市平作7-12-13
   TEL.046-852-3030
入館料:500円

交通アクセス:JR横須賀線衣笠駅より徒歩12分
詳しくは こちらをご覧ください。





2013.10.15 [ニュースリリース]

記事連載のお知らせ

「音が聞こえる絵画」

小川敦生教授の記事の連載が、日本経済新聞で始まりました。

2013年10月13日・20日・27日(日)
日本経済新聞朝刊
美術特集「美の美」欄にて

第1回は「有元利夫」について執筆しています。

2013.10.10 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第6回講座

「ゼロからスタートした『ハーブ&ドロシー』完成までの軌跡」

講師:佐々木芽生氏(映画監督)

日時:10月12日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2013.10.2 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第5回講座

「最近、思うこと」

講師:青木淳氏(建築家)

日時:10月5日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627




2013.9.30 [ニュースリリース]

展覧会設計企画展覧会「ハートオープナー」展開催のお知らせ

展覧会設計ゼミ(担当:長谷川教授)に所属する学生の企画による展覧会
「ハートオープナー」展を開催いたします。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。


会期:2013年10月12日(土)〜10月21日(月)
時間:9:00〜21:00
会場:SHIBAURA HOUSE 1F
   東京都港区芝浦3-15-4
出品作家:岩崎貴宏、小松宏誠、鈴木康広、曽谷朝絵、林ナツミ、plaplax
入場無料

総合アドバイザー:長谷川祐子教授
空間アドバイザー:岡田公彦(建築家/岡田公彦建築設計事務所)

詳しくは こちらをご覧ください。




2013.9.17 [ニュースリリース]

《crystal cage》トークセッション vol.3−−叢書刊行記念のお知らせ

《crystal cage 叢書》フランツ・マルク著『戦場からの手紙 I』の刊行を記念して、
平出隆教授のコーディネートで、マルク、動物、本をテーマに、
港千尋教授、翻訳者の高橋文子(上智大学非常勤講師)が、
刺激的なトークセッションを行ないます。
東京パブリッシングハウスのこの叢書の刊行には、
多摩美術大学芸術人類学研究所と芸術学科も協力しています。

日時:2013年9月29日(日)
開場:16時00分 開演:16時30分
料金:1500円(要予約/抽選)

会場:青山Spiral Hall ホワイエ
予約等、詳しくは こちらをご覧ください。





2013.9.17 [ニュースリリース]

かまくらブックフェスタ開催のお知らせ

個性的な出版形態がつどう本の祭。
芸術学科「書物設計ゼミ」が製作協力する
《via wwalnuts 叢書》《crystal cage 叢書》を中心に、
ゼミで製作された『10の図書館2012』も展示販売されます。
とくに今年は、「仮想郵便局」として出店する新しい試みで、
読者は「郵便物としての本」を手に入れます。
また澁澤龍子さん(澁澤龍彦夫人)と
平出隆教授のスペシャル・トークも開催されます。

日時:2013年9月22日(日)、9月23日(月)
時間:10:00〜18:00
入場無料
会場:鎌倉KAYA gallery+studio
   神奈川県鎌倉市大町1-16-19

   大町会館
   神奈川県鎌倉市大町1-11-17

なお、澁澤龍子さんと平出隆教授のスペシャル・トークは、
9月23日(月)14時半〜16時に開催します。(入場料1000円・定員50名)

詳しくは こちらをご覧ください。





2013.9.17 [ニュースリリース]

TAMA VIVANT U 2013 開催のお知らせ

構想計画設計ゼミ(担当:海老塚教授)に所属する学生の企画による展覧会
TAMA VIVANT U 2013「美術・その遍在するチケット」を開催いたします。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。

【学内展】
会期:2013年9月25日(水)〜10月12日(土)
時間:9:00〜19:00(日曜・最終日は17:00まで)
会場:多摩美術大学八王子キャンパス
   情報デザイン・芸術学棟1階ギャラリー
   絵画東棟ギャラリー
出品作家:金光男、丹尾敏、パラモデル、三田健志、宮本承司、ヤジマキミオ、和田由里子
入場無料
 詳しくは こちら




2013.9.11 [ニュースリリース]

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

海老塚耕一展


会期: 9月24日(火)〜10月5日(土)11:00〜19:00(最終日は17:00まで。日曜・祝日休廊)
会場:養清堂画廊
   〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-15    03-3571-1312
詳しくは こちらをご覧ください。





2013.8.30 [ニュースリリース]

小川敦生教授が企画に携わった世田谷美術館のイベントが下記の日程で開催されます。

アンリ・ルソーから始まる展関連企画
美術と音楽の対話「ルソーを讃える夕べ」


日時: 9月28日(土)
第1部絵画と音楽をめぐるダイアローグ 午後4時開演(開場は30分前)
会場:世田谷美術館講堂
第2部ソワレ 午後6時〜午後7時30分
会場:世田谷美術館地下セタビ・カフェ

出演: 豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)、千葉清加(ヴァイオリン)、大山平一郎(ヴィオラ)、門脇大樹(チェロ)、糀場富美子(作曲家)
企画協力:Music Dialogue実行委員会
料金、申し込み方法等詳細は こちらをご覧ください。





2013.8.21 [ニュースリリース]

N2 スタジオライブ33 海老塚耕一展『風の余波』


海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:2013年9月8日(日)〜9月29日(日)12:30〜17:00(火曜日休廊)
   オープニングパーティー 9月1日(日)17時〜19時
会場:YELLOW PLANT GALLERY
   岩手県岩手郡雫石町源大堂68-2
   お問合せ 019-692-2860


2013.8.21 [ニュースリリース]


多摩美術大学芸術人類学研究所主催のシンポジウムのお知らせ

タイトル :第1回「土地と力」シンポジウム
      天と地のコレスポンダンス――自然科学×芸術人類学――


講演者
渡部 潤一氏 (国立天文台副台長/総合研究大学院大学教授)
鏡 リュウジ氏(心理占星術研究家/翻訳家/京都文教大学客員教授)
鶴岡 真弓氏 (多摩美術大学芸術学科教授/芸術人類学研究所所長)

日  時 :2013年10月12日(土)14:00〜16:00(13:30開場)
会  場 :日本科学未来館 7階 みらいCANホール
参  加 :参加費無料。事前申し込み制(往復はがき)

参加申し込み等、詳しくはこちらをご覧ください。

 


2013.7.27 [ニュースリリース]


フィールドワーク設計
ペーパーマガジン「Whooops! Vol.4」発行のお知らせ

芸術学科フィールドワーク設計ゼミから、ペーパーマガジン「Whooops! Vol.4」が発行されました。

特集では、えんぴつと紙という素朴な材料からアーティストたちが生み出したミラクルワールドを取り上げています。
リポート記事では、小説家の川上未映子さんや画家の野見山暁治さんも登場。心に響くメッセージをいただきました。
学内を中心に配布しています。



こちらからPDF版をダウンロードできます。

2013.7.17 [ニュースリリース]

2013年度 芸術学科 芸術人類学研究所 共催
21世紀文化論 第4回講座 オープンキャンパス公開授業

「創造にインスピレーションを与えるもの」


講師:長谷川祐子(芸術学科教授)
   鶴岡真弓(芸術学科教授/芸術人類学研究所長)
   松任谷由実氏(シンガー・ソングライター)

7月20日(土) 13時開場 
        13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールAホール

   入場無料
   ※当日10時より、レクチャーホールAホール前にて、整理券を配布します。
    整理券をお持ちでない方は入場できませんのでご注意下さい。

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627





2013.7.13 [ニュースリリース]

多摩美術大学大学院芸術学専攻芸術学研究領域オープンキャンパスイベント

絵画は「愛」か「幽霊」か 保坂健二朗との対話


講師:保坂健二朗氏(東京国立近代美術館主任研究員)

7月21日(日) 13時半開場 
       14時開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25−312教室
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しくはこちらをご覧ください。





2013.7.2 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ

「現代美術の祭典 ベネチア・ビエンナーレ〜混沌の中に『人類の叡智』」

小川敦生教授が執筆した記事が、日本経済新聞夕刊文化面に掲載されました。

掲載日:2013年7月1日
日本経済新聞夕刊「夕刊文化」面にて

2013.6.25 [ニュースリリース]

PBL-文化演出の現在-企画

「0.5秒前の地層」展

<PBL科目/文化演出の現在>企画による展覧会を開催いたします。

日時:2013年7月8日(月) ~ 7月13日(土) 入場無料
   9:00〜18:00

関連イベント 「色紙で作ろう層の箱」
色紙を折って、入れるだけ。会場で体感する時間と空間の「今」を生み出してみませんか。
日時:会期期間中随時
参加方法:ご来場いただいたすべての方に、ご参加いただけます。

主催:多摩美術大学 芸術学科 「0.5秒前の地層」展実行委員会
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627







2013.6.19 [ニュースリリース]


ラジオ放送のお知らせ

本学卒業生の福井利佐さん(切り絵作家)をゲストとするラジオ番組に、芸術学科の学生が出演することになりました。

番組名 JWAVE『MIRAIZ』
放送日時:7月20日(土)24:00~25:00
ナビゲーター 富永 愛
詳しくはこちら をご覧ください。

2013.6.17 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第3回講座

「美術館学芸員の仕事」

講師:家村珠代氏(インディペンデント・キュレイター)

日時:6月22日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627


2013.6.14 [ニュースリリース]

書籍刊行のお知らせ

安藤礼二准教授、富岡多恵子氏との共著、『折口信夫の青春』がぷねうま舎より刊行されます。
詳しくはこちら をご覧ください。

2013.6.13 [ニュースリリース]

書籍刊行のお知らせ

「澁澤龍彦〈増補新版〉」が、KAWADE夢ムックより刊行されます。
2002年に安藤礼二准教授が編集した「文芸別冊 澁澤龍彦 ユートピアふたたび」の増補版として、刊行されるものです。
詳しくはこちら をご覧ください。

2013.6.13 [ニュースリリース]

書籍刊行のお知らせ

『折口信夫対話集』が、安藤礼二准教授編として講談社文芸文庫より刊行されました。
詳しくはこちらをご覧下さい

2013.6.7 [ニュースリリース]

書籍刊行のお知らせ

『井筒俊彦全集』(全12巻・別巻)が、
2013年9月より 慶応義塾大学出版局から刊行されます。
配本に際して、安藤礼二准教授が、推薦文を寄せています。
詳しくはこちらをご覧下さい

2013.5.23 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ

「仕事と人生に効くアートの発想力」

日経ビジネスオンラインで、小川敦生教授の記事の連載が始まりました。
第1回のテーマは、『「製品は工芸品のようでなければいけない」〜松下幸之助を「もの」で見る』です。

日経ビジネスオンライン
ライフサプリ面にて

記事はこちらをご覧下さい。 

2013.5.22 [ニュースリリース]

講演会のお知らせ

本学科の鶴岡真弓教授の講演会が、下記の日程で行われます。

小泉八雲生誕記念講演会
ラフカディオ・ハーンとアイルランドの望郷
日時:6月29日(土)13時30分開場
             14時開講
会場:焼津文化会館3階会議室
入場無料(要申込・定員120名)
申込方法 電話または窓口受付による申込
お問合せ:焼津小泉八雲記念館/TEL:054-620-0022


2013.5.20 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第2回講座

「アートの社会化―人々の共感を生む技法」

講師:鈴木秀明氏(人事コンサルタント)

日時:5月25日(土)13時開場
          13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627


2013.5.13 [ニュースリリース]

講演会のお知らせ

本学科の平出隆教授が参加する講演会が、下記の日程で行われます。

相田昭写真展《文士の二十面相―澁澤龍彦・吉行淳之介の肖像》
講演会日程:2013年5月17日(金)14:00〜
場所:ボアソナード・タワー26階 スカイホール

展覧会会期:2013年5月17日(金)〜5月22日(水) 9:00〜18:00
      ※ただし、5月20日(月)は休観
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階

詳しくはこちらをご覧下さい


2013.5.6 [ニュースリリース]

書籍刊行のお知らせ

平出隆教授の詩集『胡桃の戦意のために』(1982)の、ノルウェー語訳が刊行されました。

出版社:Forlaget Oktober(ノルウェー)
翻訳:Ika Kaminka(イカ・カミンカ)氏




2013.4.25 [ニュースリリース]

『海老塚耕一展』

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:2013年6月3日(月)〜6月15日(土)11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会場:ギャラリーQ
   東京都中央区銀座1−14−12 楠本第17ビル3F

詳しくはこちらをご覧下さい



2013.4.25 [ニュースリリース]

crystal cage トークセッションvol.2ー叢書刊行記念


crystal cage叢書の刊行を記念したトークセッションが行われます。

出演:酒井忠康(世田谷美術館館長/美術評論家)
   伊藤ゴロー(作曲家/ギタリスト/プロデューサー)
   平出隆(詩人/造本家/多摩美術大学教授)

日時:2013年4月29日(月・祝) 開場 16:00 開演 16:30
場所:Spiral Hall ホワイエ
東京都港区南青山5-6-23(スパイラル3F)
料金:1,500円(要予約/抽選) 

詳細はこちらのサイトをご覧下さい。

      

2013.4.22 [ニュースリリース]

無印良品BGM写真展「島のケルト 音と風光」関連トークイベントのお知らせ


下記の写真展にて、鶴岡真弓教授のトークイベントが開催されます。

無印良品BGM写真展「島のケルト 音と風光」
日時:2013年4月26日(金)〜6月9日(日)10:00〜21:00(6月5日は休館)
場所:無印良品有楽町2F ATELIER MUJI
入場無料
詳しくは こちらをご覧下さい。

関連トークイベント
第一回「ケルト文化と音楽の精霊」
講師:鶴岡真弓(芸術学科教授/芸術人類学研究所所長)
日時:5月11日(土)14:00〜15:30
定員:60名
参加無料(事前予約要)

お申込みは こちらから。


2013.4.13 [ニュースリリース]

2013年度 21世紀文化論 第1回講座

「たとえば、『3月10日的世界』に生きること」

講師:川上未映子氏(作家)

日時:4月20日(土)13時半開場
          14時開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627


2013.4.12 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義のお知らせ

映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」上映記念
「コレクターとアーティストの幸せな関係」

講師:佐々木芽生氏(映画監督・プロデューサー)

日時:4月17日(水)16:20〜
会場:多摩美術大学八王子キャンパス/レクチャーホールBホール
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)
お問合せ:芸術学科研究室/TEL:042-679-5627


2013.4.9 [ニュースリリース]

テレビ朝日「東京サイト」番組放送のお知らせ
<芸術とふれあう 多摩美術大学>

本学科の海老塚耕一教授が出演した番組が放送されます。
テレビ朝日「東京サイト」にて「生涯学習」をテーマにした特集で、
多摩美術大学の生涯学習センターが取材されました。

放映日程は下記の通りです。

日時:4月11日(木)13時55分〜
地上デジタル放送 5ch

詳しくは番組ホームページをご覧下さい。

2013.4.3 [ニュースリリース]

長谷川祐子×中沢新一 トークショー「キュレーションの力」


日時:4月14日(日)18時半〜(開場18時) 
会場:青山ブックセンター 本店 大教室
料金:1260円

トーク終了後に、長谷川教授のサイン会が開催されます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

また下記の日時で長谷川教授がキュレーターを務めた
シャルジャビエンナーレ11の報告会が行われます。

日時:4月16日(火)19:00〜
場所: 国際交流基金基金ホール 新宿区四谷4-4-1
参加無料・事前予約無し

2013.4.3 [ニュースリリース]

情報デザイン学科博士課程:
ムーニー・スザンヌ氏研究報告会


講師:ムーニー・スザンヌ(多摩美術大学情報デザイン学科博士課程)

日時:4月3日(水)15時〜 
          
会場:多摩美術大学八王子キャンパス メディアセンター4F 芸術人類学研究所

参加無料

お問合せ:芸術人類学研究所 042-679-5697


2012.4.5 [ニュースリリース]

2012年度「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」決定!


【「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」とは】
芸術学科の学生にとって、もっとも大きな課題は卒業論文です。
毎年、多彩なテーマのもと、優れた論文がたくさん書かれていますが、
その中でも特に優秀なものに対して贈られるのが、「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」です。
芸術学科創設時の教授で、高名な美術評論家でもあった故・東野芳明先生のご功績に因んだもの。
大学院生、学部生それぞれに対して授与され、また、本賞のほか、それに準ずる奨励賞も準備されています。

2012年度の「東野芳明記念・芸術学科優秀修了論文賞」、
及び「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」は、 下記の修士論文、及び卒業論文に決定しました。

《修士論文》
・宮浦杏一 「文の透明ー国木田独歩論」

また、次点である「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文奨励賞」、及び「留学生賞」は、次の論文が受賞しました。

《修士論文》
・西翼   「ロバート・スミッソンの弁証法(dialectic)」
《卒業論文》
・細道航  「マルセルに因ってー現代美術におけるおおきな傘の考察」
・加藤みどり「長沢芦雪の子犬ー『気』の表現に見る模倣と独創」
・佐々木愛子「修復とは何か イタリアにみる修復の理論」
・高橋万葉 「小川未明論ー童話をつうじた子どもへの接近」
・堀田結子 「李氏朝鮮時代における日月五峯屏の研究ー『境界』としての屏風と玉座ー」
《留学生賞》
・LEE Yoojung 「日本と西洋によって形成された近代韓国における『翻訳された近代(translated modernity)』」

以上八名の受賞は、3月23日(土)に行なわれた学位授与式で発表されました。

2013.3.22 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ

「街アート旅アート」(1)(2)(3)


日本経済新聞電子版で、小川敦生教授の記事の連載が始まりました。
第1回のテーマは、「豆腐の仏像・城にリボン… それは宝探しなのか 」です。

2013年3月16日・23日・30日(日)
日本経済新聞電子版「ライフ」面にて

記事は こちらをご覧下さい。 

2013.3.18 [ニュースリリース]

装飾デザイン調査設計企画トークイベント&研究激励会

「日本文化の中の『菓子』ー唐菓子から和菓子へ」


講師:美馬弘氏(多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員)

日時:3月19日(火)14時半〜 
          
会場:多摩美術大学八王子キャンパス メディアセンター4F 芸術人類学研究所

参加無料

お問合せ:芸術人類学研究所 042-679-5697


2013.3.12 [ニュースリリース]

第1回「ポエジウム・フォーラム」平出隆×間奈美子対談開催のお知らせ


本学科教授・芸術人類学研究所所員の平出隆教授が、間奈美子氏主宰「Poesium」が開催する
第1回「ポエジウム・フォーラム」に登壇します。
《新たな”詩学 Poetics”へのまなざし――平出隆「詩学」講義と間奈美子「詩性論」》

日時:2013年3月30日(土)午後3時〜5時(2時30分より開場受付)
場所:CCAAアートプラザA館地下1階「ギャラリーランプ2」

[企画制作・主催]詩学研究室ポエジウム
[協力]多摩美術大学芸術人類学研究所、CCAAアートプラザ

多摩美術大学着任時に、あえて旧称「詩論」を変更し「詩学」を開講してから23年目を迎える平出隆教授に、京都で昨年、ひとり果敢に「詩学研究室」を標榜して「Poesium」を開設した間奈美子氏が問いを投げ、ポエジーの科学的原理から今日の詩のありかたへの根底的な批判の議論を導き出します。
ともにブックアーチストで、それぞれインディペンデント・プレスの主宰者でもある二人の対話としても、必聴です。

詳しくは下記のリンクからご参照ください。
詩学研究室ポエジウム
VIA WWALNUTS





2013.1.17 [ニュースリリース]

受験生の皆さんへ


2012年度学科別入試解説(芸術学科)がtamabi.tvで公開されています。
芸術学科の紹介および入試問題解説で約30分です。
公開は1月21日(月)までです。

動画はこちらからご覧下さい。 


2013.1.17 [ニュースリリース]

ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)
ペーパーマガジン「Whooops! mini Vol.3」発行のお知らせ

芸術学科ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)ゼミから、
ペーパーマガジン「Whooops! mini Vol.3」が発行されました。




特集では芸術衛星や強制収容所が取り上げられています。
詩人の谷川俊太郎さんや美術史家の辻惟雄さんも登場します。
学内を中心に配布しています。

こちらからPDF版をダウンロードできます。 

2013.1.12 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ

「コレクター鈴木常司『美へのまなざし』展 美術の力を思い知った経営者」


小川敦生教授の記事が、日本経済新聞電子版に掲載されました。

2013年1月11日
日本経済新聞電子版
ライフ面「レビュー」欄にて

詳しくはこちらをご覧下さい。 

2013.1.10 [ニュースリリース]

伊藤ゴロー×平出隆 ライブ&トークのお知らせ


下記の日程で、平出隆教授が参加されるライブ&トークが開催されます。

日時:2013年2月2日(土) 13:30開場 14:00開演
場所:蔵前 Cielo y Rio 5F イベントスペース(BOOK MARKET 2013 会場内)
出演:ライブ/伊藤ゴロー トーク/平出隆、伊藤ゴロー

詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.12.21 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ

日経ビジネスオンライン連載コラム「アートいろは坂」


小川敦生教授の記事「エル・グレコが描いた天上オーケストラ〜絵画はなぜ音楽を表現するのか」が掲載されています。

2012年12月21日
日経ビジネスオンライン
ライフサプリ面にて

詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.12.19 [ニュースリリース]

ギャラリーQ開廊30周年企画『Magnetic field 場の磁力展』


海老塚耕一教授が参加する展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:2013年1月7日(月)〜1月19日(土)11:00〜19:00
オープニングレセプション:1月7日(月)18:00〜
出品作家:郭 仁植・関根伸夫・岡部昌生・海老塚耕一・木嶋正吾・金村 修

詳しくはこちらをご覧下さい



2012.12.10 [ニュースリリース]

2012年度 21世紀文化論 第8回講座

「奇想の系譜〜番外編〜『春画』」


講師:辻惟雄氏(日本美術史家/多摩美術大学名誉教授)

日時:12月15日(土) 13時開場 
           13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627




2012.11.15 [ニュースリリース]

多摩美術大学美術学部芸術学科 副手公募

この度、本学科では下記要項により副手を募集いたします。
応募要項はこちらから

2012.11.12 [ニュースリリース]


『「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド』


『「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド』(キネマ旬報社・編)にて、
西嶋憲生教授が執筆されています。

<内容紹介>
映画ほど情操教育・メディア教育に大切なものはない
こどもをめぐる「映画教育」の現状と課題を考える、
はじめての本―13才までに見せたい名作50本も紹介




2012.11.8 [ニュースリリース]

2012年度 21世紀文化論 第7回講座

「21世紀のアジア映画と映画祭」


講師:石坂健治氏(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

日時:11月17日(土) 13時開場 
           13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627




2012.11.7 [ニュースリリース]

<港千尋写真展+港×平出対談>

平出教授が造本プロデュースを手がけるcrystal cage叢書の刊行にあわせ、
11月7日より港教授の写真展「バスク遠近」、および港教授と平出教授の対談が11月9日(金)5限に行われます。

場所:多摩美術大学八王子キャンパス メディアセンター4階
   芸術人類学研究所

詳しくはこちらをご覧下さい。 


また、11月16日(金)には、青山・スパイラルにてcrystal cage創刊記念のトークセッションが開催されます。

トークセッションに関しましてはこちらをご覧下さい。 

2012.10.25 [ニュースリリース]

装飾デザイン調査設計企画特別講義

「岡部秀龍 箏・三十弦 リサイタル〜伝統の音色と現代の邦楽〜」


講師:岡部秀龍氏(演奏家)

日時:10月26日(金)16:20〜
場所:情報デザイン・芸術学棟3F 25-312教室
お問合せ:芸術人類学研究所 042-679-5697


2012.10.20 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ

日経ビジネスオンライン連載コラム「アートいろは坂」


小川敦生教授の記事「猫の毛の手触りまで...竹内栖鳳の動物ワールド」が掲載されています。

2012年10月19日
日経ビジネスオンライン
ライフサプリ面にて

詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.10.18 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「創造の現場」

「東京芸術劇場リニューアル!公共劇場のこれから」


講師:高萩宏氏(東京芸術劇場副館長/芸術学科客員教授)

日時:10月24日(水) 16:20〜17:50
会場:情報デザイン・芸術学棟25-311教室
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627




2012.10.2 [ニュースリリース]

卒業生インタビュー公開のお知らせ


本年度の芸術学科紹介パンフレットに掲載しております。
芸術学科卒業生の方のインタビューを全文公開致します。
是非ご一読下さい。
       

野田尚稔氏

大谷健太郎氏

八柳サエ氏×大澤紗蓉子氏   new!

 
ご協力頂きました卒業生の皆様、誠にありがとうございました。


2012.10.11 [ニュースリリース]

展覧会設計企画展覧会関連トークイベント開催のお知らせ


「クラウド[cloud/crowd]〜I'm here〜」展に関連したトークイベントを開催いたします。



※日程に変更がありました。(10/17変更)
10/18開催予定となっておりました藤村龍至氏のトークイベントは中止となりました。
変更の詳細はあらためてお知らせいたします。

日時:10月19日(金)18時開演(ゲスト:中村竜治氏、モデレータ:長谷川祐子教授)
会場:ギャラリーLE DECO 5F
   東京都渋谷区渋谷3-16-3
入場無料
(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

詳しくは展覧会設計ゼミのblogをご覧下さい。





2012.10.2 [ニュースリリース]

2012年度 21世紀文化論 第6回講座

「日本の美術の昔と今―半世紀前から現代を照射する―」


講師:池田龍雄氏(美術家)

日時:10月6日(土) 13時開場 
           13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627


2012.10.2 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「創造の現場」

「草間弥生―オブセッションと救済―」


講師:建畠晢氏(京都市立芸術大学学長/芸術学科客員教授)

日時:10月3日(水) 16:20〜17:50
会場:情報デザイン・芸術学棟25-311教室
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627



2012.10.2 [ニュースリリース]

展覧会設計企画展覧会開催のお知らせ

展覧会設計ゼミ(担当:長谷川教授)に所属する学生の企画による展覧会
「クラウド[cloud/crowd]〜I'm here〜」展を開催致します。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。

会期:2012年10月16日(火)〜10月21日(日)
時間:11:00〜19:00 (日曜・最終日は17:00まで)
会場:ギャラリーLE DECO
   東京都渋谷区渋谷3-16-3
出品作家:金氏徹平、小牟田悠介、宮永亮、キム・シンウク、木村太陽、高橋涼子、北川貴好、ショウダユキヒロ
入場無料

詳しくは公式HPをご覧下さい。 




2012.9.27 [ニュースリリース]

「富士山 アート&フォトコンテスト清水2012」関連講演会のお知らせ

上記イベントの関連講演会で、鶴岡真弓教授、安藤礼二准教授が講演します。

「羽衣伝説と天女の衣」  鶴岡真弓
「三保松原と三島由紀夫」 安藤礼二

日時:10月14日(日)13:00〜16:00
会場:羽衣ホテル
    静岡県静岡市清水区三保1282−1



2012.9.22 [ニュースリリース]

「海老塚耕一」展

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:10月1日(月)〜10月13日(土) 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
休廊:日曜・祝日
会場:養清堂画廊
    東京都中央区銀座5−5−15


詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.9.15 [ニュースリリース]

TAMA VIVANTU2012 公式HPオープンのおしらせ


TAMA VIVANTU2012「点在する自分、そしてあるいは・・・」展の
公式ホームページがオープンしました。

こちらをご覧下さい


2012.9.13 [ニュースリリース]

TAMA VIVANTU2012 開催のお知らせ

構想計画設計ゼミ(担当:海老塚教授)に所属する学生の企画による展覧会
TAMA VIVANTU2012「点在する自分、そしてあるいは・・・」を開催致します。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。

【学内展】
会期:2012年9月22日(土)〜10月7日(日)
時間:9:00〜19:00 (日曜・最終日は17:00まで)
会場:多摩美術大学八王子キャンパス
   情報デザイン・芸術学棟1階ギャラリー、絵画東棟ギャラリー
出品作家:衛藤文俊、城崎郁恵、鈴木紗也香、前野智彦、増田敏也、水上綾
入場無料




2012.9.12 [ニュースリリース]

安藤礼二新刊『祝祭の書物 表現のゼロをめぐって』

安藤礼二准教授の最新刊が刊行されました。

<内容紹介>
朝吹真理子・村上春樹・大江健三郎…
気鋭の文芸評論家が現代の文學を日常的な視線で
ジャーナリスティックに論じた画期的文藝論。



上記書籍の出版に関連して、以下の日時でイベントが行われます。

〈文藝春秋〉刊行記念トークセッション

安藤礼二×佐々木敦
『批評とは何か 「祝祭の書物 表現のゼロをめぐって」』


日時:10月20日(土)19:30〜(開場19:00)
会場:ジュンク堂書店池袋本店4階喫茶
入場料:1000円(ドリンク付き)
定員:40名
受付:1階カウンター 電話予約も可

お問合せ:ジュンク堂書店池袋本店
     tel:03-5956-6111
     fax:03-5956-6100


2012.9.8 [ニュースリリース]

「ヨコハマトリエンナーレ2011 記録集」出版のお知らせ


小川敦生教授が参加した座談会「メディアが見たヨコハマトリエンナーレ2011とこれから」の内容を収録した
「ヨコハマトリエンナーレ2011 記録集」(美術出版)が発行されました。

参加者:大西若人(朝日新聞社編集委員)×鈴木芳雄(元「ブルータス」副編集長)×小川敦生
     

2012.9.5 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ
「現代写真家入門」(1)(2)(3)


日本経済新聞電子版で、小川敦生教授の記事の連載が始まりました。
第1回のテーマは、「森山大道の作品はなぜ『ボケ』『ブレ』が目立つのか」です。
  
2012年9月2日・9日・16日(日)
日本経済新聞電子版「ライフ」面にて
記事はこちらをご覧ください。      

2012.8.20 [ニュースリリース]

卒業生インタビュー公開のお知らせ


本年度の芸術学科紹介パンフレットに掲載しております。
芸術学科卒業生の方のインタビューを全文公開致します。
是非ご一読下さい。
       

野田尚稔氏

大谷健太郎氏

八柳サエ氏×大澤紗蓉子氏 coming soon!!


ご協力頂きました卒業生の皆様、誠にありがとうございました。


2012.7.26 [ニュースリリース]

長谷川祐子教授TV出演のお知らせ


鶴岡真弓教授に引き続き、
NHK教育テレビ
「ユーミン松任谷由美のSUPER WOMEN 時代をつくる女たち」に
芸術学科の長谷川祐子教授が下記の日程で出演されます。


前編 8月 10日(金) 23:00〜23:30
後編 8月 17日(金) 23:00〜23:30


2012.8.3 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ
日経ビジネスオンライン連載コラム「アートいろは坂」


小川敦生教授の記事「ドビュッシーは印象派ではないのか?」が掲載されています。

2012年7月27日
日経ビジネスオンライン
ソーシャル面にて

こちらをご覧下さい


2012.7.26 [ニュースリリース]

鶴岡真弓教授TV出演のお知らせ


NHK教育テレビ
「ユーミン松任谷由美のSUPER WOMEN 時代をつくる女たち」に
芸術学科の鶴岡真弓教授が下記の日程で出演されます。


前編 7月27日(金) 23:00〜23:30
後編 8月 3日(金) 23:00〜23:30


2012.7.23 [ニュースリリース]

ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)
ペーパーマガジン「Whooops!」創刊のお知らせ



芸術学科ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)ゼミでは、
ペーパーマガジン「Whooops!」を創刊しました。
年数回の発行を予定しており、
作家インタビューなどアートにかかわる様々な情報を発信します。
学内を中心に配布しています。

こちらからPDF版をダウンロードできます。
       


2012.7.14 [ニュースリリース]

2012年度 21世紀文化論 第5回講座

オープンキャンパス公開授業 長谷川祐子プロデュース


奈良美智氏「今思うこと(ここ1年の制作を通して)」


講師:奈良美智氏(美術家)

7月21日(土) 13時開場 
        13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しくはこちらをご覧ください。


2012.7.12 [ニュースリリース]

平出隆[FOOTNOTE PHOTOS展3]

ベルリンの瞬間


平出隆教授の写真展が開催されます。
「書物の脚注としての写真」を提示する試みの第3弾です。
(同時展示=葉書でドナルド・エヴァンズに)

会期:2012年7月14日(土)〜22日(日)
   15,16日はお休みです。
会場:多摩美術大学八王子キャンパスメディアセンター4階
   芸術人類学研究所ギャラリー
入場無料
その他こちらをご覧ください。




2012.7.9 [ニュースリリース]

多摩美術大学大学院芸術学専攻オープンキャンパスイベント

「日本2.0――『思想地図』の切り拓くもの』」


講師:東浩紀氏(作家・批評家)

7月22日(日) 13時開場 
       13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25−312教室
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しくはこちらをご覧ください。

2012.7.9 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2012年度 第4回講座

「伊藤ゴロー『グラスハウスの音楽』―作曲、音楽、演奏について」


講師:伊藤ゴロー氏(作曲家、ギタリスト、プロデューサー)
演奏:伊藤ゴロー氏(Guitar)、徳澤青弦氏(Cello)
聞き手:平出隆(詩人、本学教授)

7月14日(土) 13時開場 
       13時半開演

会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しくはこちらをご覧ください。

2012.7.9 [ニュースリリース]

芸術学科「日本のアヴァンギャルド」特別講義

『「復帰」前後沖縄における写真表現――東松照明を軸に』


講師:土屋誠一氏(美術評論家/沖縄県立芸術大学講師)

日時:7月12日(木)13:00〜14:30
会場:芸術学棟25−311教室

入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しくはこちらをご覧ください。

2012.6.28 [ニュースリリース]

PBL-文化演出の現在-企画

「Breath」展

<PBL科目/文化演出の現在>企画による展覧会を開催いたします。

【学内展】
日時:2012年7月3日(火) ~ 7月10日(火) 入場無料
   9:00〜18:00(最終日は17:00まで)
アーティストトーク、レセプション 7月4日(水)16:20〜
場所:多摩美術大学八王子キャンパス情報デザイン棟・芸術学棟1F ギャラリー

【学外展】
日時:2012年7月14日(土) ~ 7月20日(金) 入場無料
    11:30〜19:30
アーティストトーク、レセプション 7月14日(土)16:20〜
場所:BankART Studio NYK

主催:多摩美術大学 芸術学科 Breath展実行委員会
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627




2012.6.22 [ニュースリリース]

芸術学科「日本のアヴァンギャルド」特別講義
「宗教学、社会学、民俗学の起源−ヨーロッパと日本の共振」


講師:江川純一氏(宗教学)
   溝口大助氏(人類学)
   安藤礼二准教授(民俗学)

日時:6月28日(木)13:00〜14:30
場所:八王子キャンパス芸術学棟3F 25−311教室
聴講自由・事前予約無し
(満員の際には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042−679−5627

詳しくはこちらをご覧ください。

2012.6.20 [ニュースリリース]

日経まナビ! 大手町
アート入門講座「ドビュッシーと絵画」


小川敦生教授の講座が開催されます。
日時:7月27日(金)19:00〜20:30
会場:日経東京本社2階SPACE NIO(東京・大手町)
受講料:2000円
申し込み締め切り:7月17日(火)(申し込みには日経IDへの登録が必要、申し込み多数の場合は抽選)
詳しくはこちらをご覧ください。


2012.6.16 [ニュースリリース]

日経進学Navi 芸術学科記事連載のお知らせ


日経進学Naviの「美術・芸術・デザイン系学校特集」にて、
『作品と受け手をつなぐ「媒介者」を育てる』と題して、
多摩美術大学芸術学科の特集がされています!

是非こちらをご覧下さい!


2012.6.14 [ニュースリリース]

記事連載のお知らせ
「川内倫子展 照度 あめつち 影を見る 写真と映像を自然に行き来」


小川敦生教授の記事が、日本経済新聞電子版に掲載されました。

2012年6月12日
日本経済新聞電子版
ライフ面「レビュー」欄にて

詳しくはこちらをご覧下さい。


2012.6.7 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2012年度 第3回講座

「マーク・ロスコ 美術家のレシピ」


講師:林寿美氏(元DIC川村記念美術館主任学芸員・インディペンデントキュレーター)

6月16日(土) 13時開場 
       13時半開演
会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料(満員の場合には入場をお断りする場合がございます。)

お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しくはこちらをご覧ください。

2012.6.2 [ニュースリリース]

記事掲載のお知らせ
連載記事「アートいろは坂」


小川敦生教授の連載記事、「美人モデルが泣いて怒った高橋由一の肖像画」が掲載されています。

2012年6月1日
日経ビジネスオンライン
ソーシャル面にて

こちらをご覧ください。


2012.5.30 [ニュースリリース]

ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)Web媒体「タマガ」創刊のお知らせ


芸術学科ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)ゼミでは、
Web媒体「タマガ」を創刊しました。
展覧会評やインタビュー記事など、アートにかかわる様々な情報を発信します。

こちらをご覧ください。


2012.5.30 [ニュースリリース]

映像文化設計〈金曜cinematheque〉企画講演会

「お呼びですか?女装時代の 虹かかる 女装時代のミックスジェンダー」


講師:ブルボンヌ氏(女装パフォーマー/ライター)
日時:2012年6月8日(金)    13:00〜
場所:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25-311教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627


また関連上映会としてブルボンヌ氏が出演されている映画を上映致します。

「パブの中」(監督・脚本・音楽:松ノ木天辺)

日時:2012年6月8日(金) 16:30〜
場所:多摩美術大学八王子キャンパスメディアセンター1階メディアルーム

監督の松ノ木天辺氏も来校予定!

2012.5.23 [ニュースリリース]

facebook、Tumblrにて芸術学科の公式アカウントを開設しました!

facebook芸術学科公式アカウント
Tumblr芸術学科公式アカウント

特別講義の告知や日々のニュースなど、芸術学科の「今」をご紹介していきます!

   

2012.5.23 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2012年度 第2回講座

「エルメスデザイン -ユーロ=アジアをつらぬく美-」


講師:藤本幸三氏(エルメスジャポン アーティスティック・コミュニケ-ション・ディレクター)
日時:2012年6月2日(土)
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627


2012.5.22 [ニュースリリース]

トークショー&サイン会のお知らせ

アルバム《GLASHOUSE》発売記念 伊藤ゴロー氏×平出隆教授


平出隆教授がジャケットをデザインした伊藤ゴロー氏のアルバム《GLASHOUSE》
発売記念のトークショーが行われます。

///// 開催概要 //////
日時:2012年5月25日(金) 19:00
場所:オリオンパピルス
〒190-8554 立川市柴崎町3-2-1 グランデュオ立川6F
参加費:無料 

詳細はこちらのサイトをご覧下さい。

      

2012.5.12 [ニュースリリース]

大学院「現代美術特論(海老塚耕一教授)」特別講義

「イメージのかたち」

 
講師:田窪恭治氏(美術家/芸術学科客員教授)
日時:2012年5月21日(月) 13:00〜
場所:レクチャーホールCホール
   聴講自由
   (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627
      

2012.5.11 [ニュースリリース]

記事連載のお知らせ
連載記事「アートいろは坂」


小川敦生教授の連載記事、第1回「『モナ・リザ』はなぜ名画なのか?」が掲載されています。

2012年5月11日
日経ビジネスオンライン
ソーシャル面にて

詳しくはこちらをご覧下さい。


2012.5.10 [ニュースリリース]

アーカイヴ設計ゼミ×芸術人類学研究所共催 講演会とシンポジウム

「一元論をめぐって 経済・政治・哲学・文学から」





講師:萱野稔人氏(津田塾大学准教授 哲学)
   國分功一郎氏(高崎経済大学准教授 哲学)
   白井聡氏(文化学園大学助教 政治学)
   安藤礼二(芸術学科准教授 文芸批評)

日時:2012年5月26日(土)
   13:30開場
   14:00開演

場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   聴講自由 予約不要 ただし先着順となります。

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627
なお、本シンポジウムは芸術人類学研究所との共催です。

2012.5.10 [ニュースリリース]

記事連載のお知らせ
「KORIN展 かきつばた、2つの名作が歴史的な出合い」


小川敦生教授の記事が、日本経済新聞電子版に掲載されました。

2012年5月10日
日本経済新聞電子版
ライフ面「レビュー」欄にて

詳しくはこちらをご覧下さい。


2012.5.7 [ニュースリリース]

「海老塚耕一」展

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:6月1日(金)〜6月17日(日) 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
休廊:水・木
会場:京都・アートゾーン神楽岡
     京都市左京区吉田神楽岡町4


詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.5.7 [ニュースリリース]

「風、扉は閉まっていると水に語る」展

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:5月28日(月)〜6月23日(土) 9:00〜17:00
休廊:日曜日
会場:中京大学アートギャラリー C・スクエア
     名古屋市昭和区八事本町101-2 中京大学名古屋キャンパス4号館1階

また上記展覧会に伴い、下記の日時にトークイベントが行われます。

「対談 海老塚耕一×山本糾(写真家)」
日時:6月23日(土) 14:30〜16:00
聴講無料・予約不要
※終了後、クロージングレセプションが開かれます。



2012.4.25 [ニュースリリース]

東京学芸大学フォーラム「柳田国男没50年を問う」


安藤礼二准教授が下記のシンポジウムに参加されます。

シンポジウム「知を未来につなぐ」
—南方熊楠から 小峰和明(立教大学教授・国文学者)
—柳田国男から 佐藤健二(東京大学大学院教授・社会学者)
—折口信夫から 安藤礼二(多摩美術大学准教授・文芸評論家)

日時:2012年6月16日(土) 開場12:00 開演 13:00〜17:00
会場:四谷区民ホール(四谷区民センター9階)
   東京都新宿区内藤町87



詳しくは安藤先生のtwitterをご覧下さい。

また安藤先生は下記の書籍の解説も執筆されています。
ご興味のある方は是非ご一読下さい。

「河合ブックレット38 伊豆高原アートフェスティバルの不思議」谷川晃一氏著 (株)河合出版


2012.4.18 [ニュースリリース]

記事連載のお知らせ
「大正100年 京都日本画の浪漫」


小川敦生教授の記事が、日本経済新聞にて連載されます。

2012年4月22日・29日・5月6日(日)
日本経済新聞
朝刊「美の美」欄にて



2012.4.18 [ニュースリリース]

平出隆 《FOOTNOTE PHOTOS》展 ーー葉書でドナルド・エヴァンズに
写真と郵便による「もうひとつの世界」への旅


平出隆教授の写真展が開催されます。

会期:2012年5月2日(水)〜2012年5月6日(日)
時間:11:00〜20:00 *2012年5月5日(土)のみ、関連イベント開催のため22:00まで
場所:スパイラルガーデン (スパイラル1F)
   〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F
入場料:無料
主催:株式会社ワコールアートセンター 企画制作:SPIRAL RECORDS
協力:via wwalnuts
   SHIGERU YOKOTA GALLERY
会場アクセスマップはこちらをご覧下さい。



詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。


2012.4.17 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2012年度 第1回講座

「井筒俊彦を読み直す アジア思想再考」



講師:若松英輔氏(批評家・株式会社シナジーカンパニージャパン代表取締役)
   中島岳志氏(歴史学者・政治学者・北海道大学准教授)
   安藤礼二(批評家・芸術学科准教授)
日時:2012年4月28日(土)
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627
なお、本シンポジウムは芸術人類学研究所との共催です。

2012.4.17 [ニュースリリース]

青山悟×鶴岡真弓「手法と思考」@アキバタマビ


テキスタイルを学んだ卒業生によるグループ展での特別企画に、
鶴岡真弓教授が参加します。

3331 アキバタマビ21 テキスタイル展 TEXTILE PRESENT
スペシャルトーク 「手法と思考」
語り手:青山悟(アーティスト)
聞き手:鶴岡真弓(多摩美術大学芸術学科 教授)
日時:4月29日(日曜)14:00〜16:00
場所:3331 Art Chiyoda コミュニティスペース(1F)


詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。


2012.4.17 [ニュースリリース]

新連作評論「折口信夫の起源」


安藤礼二准教授の連作評論、第一回が掲載されています。

■雑誌『群像』「折口信夫の起源」 安藤礼二/著
     2012年5月号、2012年4月7日発売 定価950円
 次回は8月号に掲載予定です。
詳しくは雑誌「群像」のサイトをご覧下さい。


2012.4.17 [ニュースリリース]

『カフカの泣いたホテル−−FOOT NOTE PHOTOS 01』


平出隆教授の近著のご紹介です。

『カフカの泣いたホテル――FOOTNOTE PHOTOS 01』
     2012年2月3日発行 定価777円
     著者/平出隆(写真・文・訳)
     造本/平出隆   図像/加納光於



詳しくはvia wwalnuts社のサイトをご覧下さい。

2012.4.5 [ニュースリリース]

山口智子×川内倫子×鶴岡真弓 トーク&スライドショー

 鶴岡真弓教授が下記のイベントに参加されます。

「山口智子×川内倫子×鶴岡真弓 トーク&スライドショー」
日時:4月6日(金曜)19:30〜21:30
場所:Rainy Day Bookstore & Cafe
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。


2012.4.5 [ニュースリリース]

2011年度「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」決定!


【「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」とは】
芸術学科の学生にとって、もっとも大きな課題は卒業論文です。
毎年、多彩なテーマのもと、優れた論文がたくさん書かれていますが、
その中でも特に優秀なものに対して贈られるのが、「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」です。
芸術学科創設時の教授で、高名な美術評論家でもあった故・東野芳明先生のご功績に因んだもの。
大学院生、学部生それぞれに対して授与され、また、本賞のほか、それに準ずる奨励賞も準備されています。

2011年度の「東野芳明記念・芸術学科優秀修了論文賞」、
及び「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」は、 下記の修士論文、及び卒業論文に決定しました。

《修士論文》
・中尾拓哉「デュシャンとチェス―描かれたチェス・プレイヤーの肖像―
《卒業論文》
・LEE Ji Hee「韓国美術史における近代性について―韓国併合期を中心に」
・齋藤侑太「世界の代役―レーモン・ルーセル『アフリカの印象』における時間の考察」
・彦坂ゆね「中国文化圏における鳥頭グリフィンの軌跡〜青銅器および画像石に表象されるデザインからの考察〜」

また、次点である「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文奨励賞」は、次の論文が受賞しました。

《卒業論文》
・伊藤広輔「ミクモメモリア=タルホルニア〜穂垣足穂は初音ミクの夢を見るか?〜」
・岸川佳夏「家紋からみる日本人とシンボルマーク―日本的ビジュアル・アイデンティティーの条件―」

以上六名の受賞発表は、3月23日(金)に行なわれた学位授与式で発表されました。

2012.4.1 [ニュースリリース]

芸術学科に新しく
小川敦生教授が着任しました!!

 


2012年度は
「ブリコラージュ設計(フィールドワーク設計)」
「卒業研究」
「芸術の発生学(芸術と経済)」
「野生の思考の研究(美術ジャーナリズム論)」
および大学院の「芸術の発生学(芸術学Z)」
を担当されます。

詳しいプロフィールなどはこちらのページをご覧下さい。


2012.3.23 [ニュースリリース]

「濡れた水のことば」展

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:4月28日(土)〜5月20日(日) 10:30〜18:00
休廊:4月30日を除く月曜日
会場:ギャラリーTOM
     東京都渋谷区松涛2−11−1

詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.3.2 [ニュースリリース]

「海老塚耕一展」

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:3月2日(金)〜3月25日(日) 10:00〜19:00(最終日〜17:00)
休廊:月曜日
会場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
     横浜市横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1階

詳しくはこちらをご覧下さい。 

2012.1.19 [ニュースリリース]

講座 鶴岡真弓と旧岩崎邸の装飾美を訪ねる

 
朝日カルチャーセンター 鶴岡真弓先生と歩く「美の巡礼」シリーズ第1回
「旧岩崎邸の装飾美を訪ねる」が開催されます。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。
朝日カルチャーセンター新宿教室HP


2012.1.17 [ニュースリリース]

芸術学科のtwitterアカウントを開設しました!


@tau_geigakuです。
授業に関するお知らせや、イベントの告知などをつぶやきます。
ツイートに関する質問やお問合せは、ツイッターではなく、芸術学科研究室にご連絡下さい。
   

2012.1.13 [ニュースリリース]

「作品が住む―美術があそぶ住宅―」 展 追加情報

  

首都高速道路ホームページに展覧会情報が掲載されました

下記アドレスよりご覧下さい
首都高速道路HP

2012.1.7 [ニュースリリース]

「海老塚耕一展」

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:1月16日(月)〜2月3日(金) 11:00〜19:00(最終日〜17:00)
休廊:土・日・祝日
会場:f.e.i art gallery 横浜市西区楠町5-1 深作眼科ビル1F

「転写された水2」

また海老塚教授は新清田神社の飾り絵馬のデザインもされています。
詳しくは新清田神社公式HPをご覧下さい。

2011.12.22 [ニュースリリース]

「作品が住む―美術があそぶ住宅―」 展開催のお知らせ

芸術学科のPBL科目「「企画と実践・首都高PAをギャラリーに」を履修している学生の企画による展覧会を下記の日程で開催致しております。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。

会期:2012年1月4日(水)〜3月25日(日)10:00〜18:00/無休
会場:総合住宅展示場 さいたまハウジングパーク
   さいたま市中央区本町西5-111 インフォメーションセンター tel.048-764-8860
主催:首都高速道路株式会社、多摩美術大学





2011.12.22 [ニュースリリース]

芸術学科・芸術人類学研究所 共催公開講座

「すべては初めて起こる」

 
講演:大森克己(写真家)、中沢新一(人類学者/芸術学科客員教授)
日時:2012年1月13日(金) 16:20〜
    場所:レクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)

(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627
      芸術人類学研究所 042-679-5697

2011.12.22 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「創造の現場」

「ある彫刻家の話」

 
講師:酒井忠康氏(世田谷美術館館長/芸術学科客員教授)
日時:2012年1月11日(水)
   16:20〜17:50
場所:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25-311教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627


2011.12.3 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「創造の現場」

「ミュージアム・リテラシー ―美術館活動への批評的読解力を巡って」

 
講師:建畠晢氏(京都市立芸術大学学長/芸術学科客員教授)
日時:2011年12月14日(水)
   16:20〜17:50
場所:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25-311教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627


2011.12.3 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「芸術学T」

「近作について」

 
講師:藤本壮介氏(建築家)
プロデュース:長谷川祐子教授
日時:2011年12月12日(月) 13:00〜
    場所:情報デザイン・芸術学棟3階 25-312教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627


2011.11.22 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第7回講座

「装幀の話」

 
講師:菊地信義氏(装幀家/芸術学科客員教授)
日時:2011年12月3日(土)
   13:30開場
   14:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.11.22 [ニュースリリース]

長谷川祐子新刊『「なぜ?」から始める現代アート』

長谷川祐子教授の最新刊が刊行されました。

<内容紹介> よくわからないけれど、なぜか惹かれる、面白い。
その「なぜか」を探求すれば、アートはもっと身近に、もっと面白くなる。
作家と観客をつなぎ、現代アートと生のかかわりを問い続ける、当代随一のキュレーターが、
いま最も注目すべきアーティストの作品と鑑賞のポイントをガイド。
難解だと思われがちな現代アートが、かけがえのない出会いに変わる、めくるめく一冊。



2011.11.21 [ニュースリリース]

TAMA VIVANT2011 開催のお知らせ

構想計画設計ゼミ(担当:海老塚教授)に所属する学生の企画による展覧会を開催致します。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。
詳しくは公式HPをご覧下さい。



2011.11.9 [ニュースリリース]

多摩美術大学美術学部芸術学科 副手公募

この度、本学科では下記要項により副手を募集いたします。
応募要項はこちらから

2011.10.29 [ニュースリリース]

NHK BS プレミアム「極上 美の饗宴」

 
鶴岡真弓教授が下記の日程でTV出演されます。

NHK BS プレミアム
日時:2011年10月31日(月) 21:00〜21:58
再放送:11月6日(日)13:00〜13:58
   
詳しくはこちらをご覧下さい。


2011.10.25 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第6回講座

「21世紀の映画と映画祭について-フィルメックスの活動を中心に-」

 
講師:林加奈子氏(東京フィルメックス・ディレクター)
日時:2011年11月12日(土)
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.10.25 [ニュースリリース]

展覧会設計(ゼミ)企画展覧会
「DROP ME!」開催のお知らせ

展覧会設計ゼミ(担当:長谷川教授)に所属する学生の企画による展覧会を開催致します。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。
詳しくは公式HPをご覧下さい。




2011.10.19 [ニュースリリース]

「via wwalnuts」展

平出隆教授が手がける造本シリーズ《via wwalnuts》の展覧会が 下記の日程で開催されます。

会期:2011年10月28日(金)〜11月9日(水)
会場:メリーゴーランドKYOTO
    京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 寿ビル5F

また展覧会のオープニングに合わせて、平出教授の講演が行われます。

「詩と造本のこれまで」


日時:2011年10月28日(金)18:00〜20:00
会場:徳正寺本堂(富小路通四条下ル)
参加費:前払い2500円 当日3000円
お問合せ先:メリーゴーランド京都 tel:075−352−5408
                 email:mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp



平出教授の《via wwalnuts》は、先日フランスのマルセイユで行われた
「ブック・プロジェクト・インターナショナル2011」にも出展しています。



2011.10.13 [ニュースリリース]

特別講義(学生企画)

「A scientist meets artists. -青春あるでひど×多摩美術大学-」


出演:青春あるでひど
日時:2011年10月22日(土)
   14:30 開場
   14:40 開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

Twitterアカウント:@tamadehido
お問合せ先:tamadehido@gmail.com
      042-679-5627(芸術学科研究室直通)
公式HPはこちら

2011.9.26 [ニュースリリース]

特別講義(学生企画)

「ぶっちゃけ岡本太郎って美術史的にどうよ?」


講師:大谷省吾氏(東京国立近代美術館学芸員)
日時:2011年10月4日(火)  16:20〜
場所:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25-312教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.9.26 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第5回

「手で見る北斎」


講師:岩崎清氏(NPO視覚障害者芸術活動推進委員会/ギャラリーTOM副館長)
日時:2011年10月1日(土)
    12:30開場
    13:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.9.26 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「創造の現場」

「芸術活動への公的助成 -日本におけるアーツカウンシルの可能性-」

 
講師:高萩宏氏(東京芸術劇場副館長/芸術学科客員教授)
日時:2011年9月28日(水)
   16:20〜17:50
場所:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟25-311教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.9.17 [ニュースリリース]

「PARKING PARKINGからPARKへ」 開催のお知らせ

芸術学科のPBL科目「「企画と実践・首都高PAをギャラリーに」を履修している学生の企画による展覧会を下記の日程で開催致しております。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。

会期:9月12日(月)〜12月12日(月)
会場:代々木パーキングエリア
主催:首都高速道路株式会社、多摩美術大学


こちらにも情報がございます。



2011.9.12 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第4回講座

Stage1「イサム・ノグチと21世紀の庭の芸術」

   講師:新見隆氏(イサム・ノグチ庭園美術館学芸顧問/武蔵野美術大学芸術文化学科教授)

Stage2「石と庭と宇宙をめぐる対話」

   新見隆氏×鶴岡真弓(多摩美術大学芸術学科教授)

日時:2011年9月24日(土)
   14:30開場
   15:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールCホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.9.9 [ニュースリリース]

TAMA VIVANT2011 開催のお知らせ

構想計画設計ゼミ(担当:海老塚教授)に所属する学生の企画による展覧会を開催致します。
みなさま是非会場にお越し下さいますようお願いいたします。
詳しくは公式HPをご覧下さい。




2011.9.9 [ニュースリリース]

芸術学科 特別講義 アーカイヴ設計T
『大橋可也&ダンサーズ 公演&ワークショップ』


講師:大橋可也(振付家)&ダンサーズ
日時:9月10日(土)
   開場:14:30
   開演:15:00
会場:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールAホール
入場無料
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627



2011.9.7 [ニュースリリース]

「海老塚耕一展」

海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:10月3日(月)〜10月15日(土) 11:00〜19:00(最終日〜17:00)
休廊:日曜・祝日
会場:養清堂画廊 東京都中央区銀座5-5-15

「水・小さな物音-窓辺よりT」

2011.9.6  [ニュースリリース]

映像で見る世界のダンスVol.2「特集 土方巽」

安藤礼二准教授が上記の特別上映会 でレクチャーを行います。

レクチャー「土方巽―言葉と身体」
日時:9月24日 13:35〜
会場:山口情報芸術センター
*入場無料(本特別上映会のチケット、または半券が必要です。)

お問合せ:山口市文化振興財団チケットインフォメーション
      083−920−6111(10:00-19:00/火曜休館)

詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。



2011.8.30 [ニュースリリース]

子規庵特別展示「少年エディター子規」

平出隆教授が監修した特別展示が下記の日程で開催されます。

会期:2011年9月1日(木)〜9月30日(金) 10:30〜16:00
休庵:9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)
会場:子規庵 東京都台東区根岸2−5−11
監修:平出隆(詩人・芸術学科教授)
   復本一郎(俳人・神奈川大学名誉教授)
   松井貴子(俳人・宇都宮大学教授)


また、会期中に行われるセミナーに平出教授が出演されます。

子規没後110周年糸瓜忌記念セミナー「少年エディター子規」

講師:平出隆(詩人・芸術学科教授)、長谷川郁夫(文芸編集者・大阪芸術大学教授) 他
日時:9月19日(月・祝 糸瓜忌)
      14:30 開場
      15:00 開演(17:30終了予定)
場所:根岸 笹乃雪 別館4階
定員:80名(先着順)  参加費1000円(配布資料代込み)

お問い合わせ・お申し込み(2011年9月1日より受付開始)
  財団法人子規庵保存会 TEL.&FAX.03-3876-8218
              e-Mail:taura@shikian.or.jp
  *8月31日まで子規庵は休館です


根岸子規庵 糸瓜忌第11回特別展
明治十二年、なんと満十一歳にして、独力で編集と書写をする「櫻亭雑誌」を創刊。
明治十九年、満十八歳で、大学予備門の友人たちと互いを愉快に評し合う「七変人評論」を創刊。
回覧雑誌において次々と、エディトリアルな手腕と才気を発揮する少年。
子規に終世つき添うことになるはつらつたる「編集感覚」を初公開!

詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。



2011.8.2 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義
「批評・キュレイトリアル論」


『アートと音楽』

講師:山川冬樹(ホーメイ歌手/アーティスト/情報デザイン学科非常勤講師)

日時:2011年8月12日(金)  14:40〜
場所:多摩美術大学八王子キャンパス芸術学棟 25-312教室
入場無料・事前予約無し
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627




2011.8.3 [ニュースリリース]

『所沢ビエンナーレ美術展2011 引込線』

海老塚耕一教授が参加する展覧会が下記の日程で開催されます。

会期:2011年8月27日(土)〜9月18日(日) 10:00〜17:00
第1会場:所沢市生涯学習推進センター
第2会場:旧所沢市立第2学校給食センター

また、会期中に行われるシンポジウムに海老塚耕一教授が出演されます。

〈シンポジウム 〉
日時:2011年9月3日(土) 14:15〜17:00
会場:第1会場/所沢市生涯学習推進センター 201学習室
パネリスト:伊藤誠、海老塚耕一、遠藤利克、岡崎乾二郎
司会:戸谷成雄
聴講無料

詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。



2011.8.2 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義

『映像人類学の未来へむけて』


(霊媒「精霊の馬」)

出演
川瀬慈(芸術学科非常勤講師、マンチェスター大学グラナダ映像人類学センター研究員、IAA特別研究員)
中沢新一(芸術学科客員教授、IAA所長)

日時:2011年8月9日(火)  14:40〜17:50
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
入場無料・事前予約無し
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。



2011.7.9 [ニュースリリース]

PBL-文化演出の現在-企画

「One's scape」展

<PBL科目/文化演出の現在>企画による展覧会を開催いたします。

日時:2011年7月25日(月) ~ 7月29日(金)
   9:00〜18:00(最終日は17:00まで)
場所:多摩美術大学八王子キャンパス情報デザイン棟・芸術学棟1F ギャラリー
入場無料
主催:多摩美術大学 芸術学科 One's Scape展実行委員会
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627




2011.7.5 [ニュースリリース]

2011年度 オープンキャンパスイベント

大学院芸術学専攻企画「オルタナティブの現在 -キッチンからアートNPOまで- 」


多摩美術大学オープンキャンパスにおける修士課程芸術学専攻の
オープンキャンパストークイベントのお知らせです。

<ゲスト>
立木祥一郎氏 (tecoLLC 代表)
須川咲子氏 (hanare)
斉藤歩氏 (編集者)

日時:2011年7月17日(日)
   13:30開場
   14:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパス情報デザイン棟・芸術学棟3F 25-312教室
入場無料 (事前予約なし)
主催:[オルタナティブの現在−キッチンからアートNPOまで−]実行委員会
Twitterアカウント:@alternative_ec1

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627




2011.6.29 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第3回講座

「ニュー・ドキュメンタリー」

講師:ホンマタカシ氏(写真家)
長谷川祐子(芸術学科教授)プロデュース

日時:2011年7月16日(土)
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.6.29 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義

「表現と盗作」

講師:栗原裕一郎氏(評論家)×丸田祥三氏(写真家・和光大学表現学部講師)

日時:2011年7月15日(金) 16:20開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟3階 25-312教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.6.29 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義

「芸術人類学」

講師:今福龍太氏(文化人類学者・東京外国語大学大学院教授)

日時:2011年7月14日(木) 13:00開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟3階 25-312教室
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.6.23 [ニュースリリース]

安藤礼二准教授が下記のイベントに参加いたします。


「ハードコアダンスファクトリー2nd」

ゲスト:安藤礼二(芸術学科准教授)、吉田アミ
出演:大谷能生×舩橋陽、大橋可也&ダンサーズ、国枝昌人、古館奈津子

日時:2011年7月10日(日)
   18:15開場
   18:30開演
(終演は21:30を予定しております。)
場所:UPLINK FACTORY
東京都渋谷区宇田川町37-18トツネビル1F
tel. 03-6825-5502
参加費:2000円(+1ドリンク)
ご予約はこちらから。(ハードコアダンスファクトリー参加申込みフォーム)

お問い合わせ:office@dancehardcore.com
企画・制作:アップリンク、大橋可也&ダンサーズ
主催:大橋可也&ダンサーズ 

イベントに関する詳細は以下URLをご覧下さい。
http://dancehardcore.com/archives/000609.shtml

2011.6.29 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義+上映会

「演じる身体のジェンダー」

講師:松之木天辺氏(俳優・監督)
日時:2011年7月8日(金)

<レクチャー> 13:00〜14:30
場所:芸術学棟3階 25-311教室

<上映会> 映画『パブの中』上映 16:30〜
場所:メディアセンター1階 メディアルーム
 
入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.6.1 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第2回講座

「21世紀型・女性アーティストの視点 〜アートの力を信じて〜」

講師:大谷有花(画家)

日時:2011年6月18日(土)
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2011.5.14 [ニュースリリース]

安藤礼二新刊『折口信夫天皇論集』

安藤礼二准教授の最新刊が刊行されました。

<内容紹介>
日本人の宗教とはいかなるものか?また、神道とは日本人にとっての宗教なのか?
近代人として生きながら、自在に古代との間を往還する精神を持ちえた民俗学者が迫った
日本的な政治や権力のあり方の本質とは―
『折口信夫文芸論集』編者安藤礼二によるオリジナル編集でうかびあがる、
知の巨人・折口信夫の新たな姿。




2011.5.2 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2011年度 第1回講座

「言葉が生まれるところ」

佐々木 中氏 (理論宗教学者) × 朝吹真理子氏 (作家)
司会進行 安藤 礼二(批評家・芸術学科准教授)

日時:2011年5月21日(土)
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料 (事前予約なし)
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627


2011.4.1

お知らせ

中沢新一先生は今年度から客員教授になりました。
中沢先生の今年度の開講科目は「芸術人類学」(川瀬慈先生と合同)
および4年生の「ブリコラージュ設計」と、卒論・修論指導、
「芸術の発生学(大学院)」(小田マサノリ先生と合同)です。
詳しくはシラバスを参照してください。

多摩美術大学美術学部 芸術学科研究室


2011.4.1 [ニュースリリース]

2010年度「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」決定!


2010年度の「東野賞」は、下記の卒業論文、及び修士論文に決定しました。

《修士論文》
・栗本高行「井上有一作品における書の『現代』-空間、言語および文字」
《卒業論文》
・鈴木諒一「『アメリカの鱒釣り』の表紙における写真的考察」
・西翼「固有の場所に向けられた芸術表現の考察」

また、次点である「東野賞」奨励賞は、次の論文が受賞しました。

《修士論文》
・小高日香理「博物学的展覧会の可能性」
《卒業論文》
・五十嵐健司「映像肉体論」
・冨田翔子「絵画のなかの遊歩者-山高帽の男にみる無名者の視線-」
・長崎健一「宮古諸島池間島及び宮古諸島西原の御嶽に関する考察」

以上七名の受賞発表は、3月23日(水)に行なわれた学位授与式で発表されました。


2011.3.28 重要

【重要なお知らせ】
このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、
謹んでお見舞いを申し上げます。
現在も交通機関の停滞や計画停電の実施による
授業への影響が懸念されます。
こうした状況を踏まえ、大学として熟慮を重ねた結果、
学生の安全を第一に考え、予定されていた
平成23(2011)年度大学院・美術学部の入学式をはじめとして、
年度当初の学事日程を2週間繰り延べすることといたしました。

東北地方太平洋沖地震の発生に伴う対応の詳細につきましては
多摩美術大学ホームページをご覧ください。


多摩美術大学美術学部 芸術学科研究室


2011.3.10 [ニュースリリース]

文庫版刊行 平出隆『ベースボールの詩学』講談社学術文庫

平出隆所員の著作『ベースボールの詩学』が文庫になりました。

『ベースボールの詩学』講談社学術文庫
2011年3月10日刊 定価(税込)966円

100年前のスポルディングの世界一周興行。塁間90フィートをきめたカートライト……。
バットとボールによるゲームの起源をたどり、詩的なるものを見出す名篇。
(講談社HPより)




2011.3.25 [ニュースリリース]

芸術学科 修了生・卒業生の皆さんへ

3月23日に芸術学棟で行われました学位授与式にて平出隆芸術学科長から
卒業生の皆さんへ贈られたメッセージを掲載いたします。




 人生の門出の直前で、
 このような手荒い祝福をうけた学年は、きわめて稀だと思います。
 2011年春、災害を被った人々が、
 私たちの近くにたくさん、おられる中で、
 ここにいるみんなが、ともかくも無事で卒業できることを、
 私たち教員は「喜びたい」と思います。

 大学は、社会の中にあらかじめ組織された
 一種の避難場所であるといわれることがありますが、
 それなら、卒業というものは一般に、
 「避難所から吹きっ曝しの場所へ出て行く」
 ということであるでしょう。
 しかし、そうだとしても、今年の卒業生は、
 かつてない不況や就職難を被り、それに加えるに事欠いて、
 また未曾有の天災に見舞われたことでした。
 多くの人々が厳しい避難を余儀なくされているところで、
 みなさんもまた、二重、三重の意味で、
 吹きっ曝しの社会へ出て行こうとしています。
 その不安は、想像するに余りあります。

 しかし私は、みなさんと一緒に四年間、
 芸術と社会、芸術と文明について考え、学んできた者として、
 この不幸な事態の中で、
 あえて「祝福」ということばを使いたいと思います。
 出発しようとしている若い人たちへの、自然からの、世界からの、
 これほどの深い「祝福」はない、と、
 あえていわせていただきたいと思います。

 経済や道徳や新しい技術を優先してとらえる教育では
 伝ええなかったことが、
 すでにみなさんには自然に伝わっていることと思います。
 つまり、
 芸術ということを学問の核心に置きながら学んだみなさんには、
 このような状況下でようやくあらわれてくる真実や
 このような時間の中でようやく見出される真理、というものが
 「ある」ということに、すでに気づいていることでしょう。
 そして先ほど申しましたことば――
 「いまきみたちは、自然から、そして世界から、
 手荒い祝福をうけている」という、
 このことばのもつ、響きと意味が、誤解なく伝わることを
 私は確信しています。
 そしてこういう真の祝福を、みなさんなら
 深いところまでもっていって
 遠いところまで考えてくれるはずだという、
 これは、私たちのみなさんへの信頼でもあります。

 このような人智を超えた厳しい災難の中であればこそ、
 みなさんは、いままでの他のどの学年の卒業生よりも、
 プライドをもち、自信を持って巣立つことができるでしょう。
 ひとりひとりの行く先は違いますが、
 芸術の力がどんなものであるか、それを
 世界のすみずみへ知らせ、届けてください。
 世界は、芸術の力をもって立ち向かうに値する場所であることが、
 いますっかり明らかになって、
 みなさんに見えていることでしょう。

 多摩美術大学の芸術学科がプライドをもって存続していけるのも、
 そんな勇気のある出発ができる、みなさんのお蔭です。
 ありがとう。また会って語り合いましょう。
 そして、こころからおめでとう。



                 2011年3月23日 芸術学科長 平出隆

2011.3.1 [ニュースリリース]

平出隆 極小出版の試み「via wwalnuts」叢書 掲載記事

平出隆教授が昨秋から開始した極小出版の試み、「via wwalnuts」叢書について、
朝日新聞書評欄に記事が掲載されましたので、お知らせします。

こちらで記事が読めますので、どうぞご参照下さい。
記事に掲載されている写真は、繊細な手作りによる叢書の制作が行われている、
平出教授の研究室で撮影されたものです。




2010.12.9 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「芸術学T」

講師:小谷元彦氏

プロデュース:長谷川祐子(芸術学科教授)

日時:2010年12月20日(月)
   13:00開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟25-312教室
   入場無料/全学科へのオープン授業
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.12.6 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義「創造の現場」

「公共劇場としての『東京芸術劇場』の運営」

講師:高萩宏氏 (東京芸術劇場副館長・芸術学科客員教授)

日時:2010年12月15日(水)
   16:20開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟25-311教室
   入場無料/全学科へのオープン授業
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.12.6 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義 アーカイヴ設計ゼミ企画

「『それから、これから、どれから?』 現代文化のパースペクティブ」

講師:宮沢章夫氏 (劇作家、作家、演出家、早稲田大学文化構想学部教授)

日時:2010年12月14日(火)
   14:40開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟25-312教室
   予約不要・入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.12.6 [ニュースリリース]

中沢新一×五十嵐健司 記録映画二人会特別講座

ドキュメンタリー夜間学校 第2回
クリス・マルケル 『サン ソレイユ』1982

特別ゲスト 諏訪敦彦(映画監督、造形大学教授)

日時:2010年12月14日(火) 17:30開場/18:00開始
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟3F 25−312教室
聴講無料
※満席の場合、入場をお断りする場合がございます
※本講座は多摩美術大学芸術学科の講義として行なわれます。

本企画は、ドキュメンタリー映画の再検証を通して、ドキュメンタリーという映像表現の 本来的な可能性を考察する試みです。 第2回目は、ヌーヴェルヴァーグの中でも特異な存在感をもつ映画作家クリス・マルケルが バブル前夜の日本を捉えたドキュメンタリー作品『サン ソレイユ』を取り上げます。 ムソルグスキーの歌曲をタイトルに冠したこの作品は、人類学映画や日本文化論にとどまらず、 日本人の霊性とでもいうべき精神生活を、異邦人の静かな視点で詩的に捉えます。
今回は特別ゲストとして映画監督の諏訪敦彦氏にご参加いただき、中沢新一教授と 五十嵐健司を交えてのレクチャーと鼎談を予定しております。


主催 芸術学科ブリコラージュ設計ゼミ
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.11.30 [ニュースリリース]

日中韓 東アジア文学フォーラム in 北九州

平出隆教授が主催者側・日本委員会として参加しています。

日時:2010年12月3日(金)〜8日(水)
場所:北九州国際会議場・国際会議室

詳細はこちらをご覧下さい。


2010.11.27 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2010年度 第7回講座

「人生解毒漫画家」

根本 敬氏(特殊漫画家)×中沢新一

日時:2010年12月11日(土)
   14:40開場
   15:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールAホール
   入場無料、当日先着150名(事前予約なし)
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.11.27 [ニュースリリース]

芸術学科特別講義

『音楽のアーカイヴ・公開授業
〜ゲスト講師ToyToy(アイヌミュージシャン&アーティスト)from札幌』


日時:2010年11月30日(火) 14:40〜16:10

場所:芸術学棟 グリーンホール前中央広場
(予定。変更の場合は当日芸術学棟に掲示します。雨天の場合は25-414教室)


三上敏視講師(本学科非常勤講師)による授業に北海道からToyToy(小川基)氏が
ゲスト講師として来学し、アイヌの唄、踊りのレクチャーやトンコリ、ムックリの表演などをします。

※本件は、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構による
アイヌ文化活動アドバイザー派遣事業として実施されます。

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.11.27 [ニュースリリース]

「海老塚耕一展」

Drawing on Giclee print


海老塚耕一教授の展覧会が下記の日程で開催されます。
会期:2010年11月29日(月) 〜 12月24日(金) 11:00 - 18:00
   11月29日(月)16:00〜 オープニングパーティー
休館:土・日・祝日
会場:株式会社ハシモトコーポレーション 3Fギャラリー
   会場地図はこちら



2010.11.26 [ニュースリリース]


平出隆教授の、新たな「本」のかたちを提唱する造本のシリーズ、
via wwalnuts叢書の第2回配本が開始されました。

〈出版社による内容紹介〉
2008年5月に、出口裕弘氏の急病のために代役で行なわれた
澁澤龍彦回顧展での講演録。
その際に披露された資料の図版、澁澤龍彦の初公開イラストともに構成。
今回配本は2巻本の上巻にあたります。





via wwalnuts 叢書 02
平出隆『澁澤龍彦 夢のかたち T』
内容:「澁澤龍彦回顧展」での講演録(2008年5月10日 県立神奈川近代文学館)
資料:カラー画像数点
図像:澁澤龍彦(初公開イラスト) 加納光於(シンボルマーク)
定価777円(740円+税) 送料無料
初版第1刷=40部

詳しくはこちら をご覧下さい。


2010.11.22 [ニュースリリース]

公開特別講義 (絵画学科油画専攻+芸術学科 共催)

保坂和志と磯阜寤齪Y 「切断・分身・他者」


日時:2010年11月26日(金) 14:40〜

場所:芸術学棟 25-312教室
(満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

講師:保坂和志(芥川賞作家)
   磯阜寤齪Y(芥川賞作家)

聞き手:栗原一成(油画専攻講師)
    安藤礼二(芸術学科准教授)

小説も絵画も一つの自分によって書かれ、描かれてはいけない。
複数の自分によって生み出される作品こそが、
世界とは何かという問いかけを私たちに投げかけるのだ。

※諸事情により急な休講があることがあります。
 休講の場合あらためて他の日(未定)に講義を行います。

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.11.10 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2010年度 第6回講座

「マンガとかそこらへんのいろいろ」

しりあがり寿 氏(まんが家)

日時:2010年11月20日(土)
   14:40開場
   15:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールAホール
   入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.11.10 [ニュースリリース]

展覧会設計(ゼミ)企画展覧会

「陸離として glistening lights」開催のお知らせ

展覧会設計ゼミ(担当:長谷川祐子教授)に所属する学生の企画による展覧会を開催いたします。

日時:2010年11月17日(水)〜11月23日(火・祝)
   12:00〜21:00
会場:代官山sedona
入場無料

また展覧会初日にはトークショーイベント「長谷川祐子×妹島和世」を開催いたします。
■2010年11月17日(水)15:30 START
料金/無料(1ドリンクオーダー制)
定員/先着100名様
会場/sedona カフェスペース

詳細は「陸離として」公式ウェブサイトまで。



2010.10.29 [ニュースリリース]

東京アートミーティング トランスフォーメーション展

〈中沢新一・長谷川祐子 共同企画〉
本学科教授である中沢新一と長谷川祐子共同企画による日本では初めての大規模な展覧会がスタートしました。

生きることは変わること。細胞や知識の更新、時代、環境との出会い、また想像力によって、日々私たちは変わっていきます。 この展覧会は、「変身−変容」をテーマに人間とそうでないものとの境界を探るものです。古今東西、変身をテーマにしたイメージや芸術は多くつくられてきました。特に日本においては、昔話から現代の漫画やアニメのキャラクターに至るまで、豊かなイメージが溢れています。 本展では、動物や機械、想像上の生き物、異なる遺伝子組成をもつ体など、人とそうでないものの間を横断する多様なイメージが、絵画、彫刻、映像、アーカイヴ、シンポジウムなどを通して展開されます。そこで表現される「変身−変容」する形は、私たちの夢や希望、おそれをひとつの予兆として映し出します。1980年代から現在にわたり15カ国21組のアーティストたちによってつくられた作品を通して、今、変わることの可能性と意味を伝えます。

会期:2010年10月29日(金)〜2011年1月30日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 1F、3F、アトリウム
開館時間:10時〜18時(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日ただし 1/3、10は開館、12/29.1/1、1/11は休館
料金:一般 1300円(1040円)、大学・専門学校生・ 65歳以上 1000円(800円)、中高生 650円(520円)、小学生以下無料
※( )内は20名様以上の団体料金

アクセス・地図はこちらからお願いいたします。
展覧会詳細は東京都現代美術館のサイトまで。

2010.10.18 [ニュースリリース]

現代美術センター CCA北九州 講演のお知らせ

現代美術センター CCA北九州にて、本学科学科長の平出隆教授が講演を行います。
本講演は、現代美術センター CCA北九州が開設する通年講座「市民美術大学 美術講座」の中で行われます。この講座は国内外の美術の世界で起きていることを、より多くの方々に知っていただくことを目指し開設されたものです。平成22年度の後期講座では、「美術と教育」をテーマとして、美術の最先端の教育についてとりあげています。

テーマ:「多摩美術大学における《芸術理論》の教育」
日時:10月30日(土)15時〜17時
会場:現代美術センター CCA北九州
詳細やお問合せについてはこちらからお願いいたします。

2010.10.14 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2010年度 第5回講座

「美術表現する理由」

菅原教夫氏(読売新聞東京本社編集委員)

日時:2010年10月16日(土)
   12:30開場
   13:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.10.14 [ニュースリリース]

『1968年文化論』(四方田犬彦・平沢剛編著)にて、安藤礼二准教授が「六八年の文学」を執筆しています。

<内容紹介> 「20世紀の転換点」たる1968年にはいかなる政治の革命、文化の革命、意識の革命が起こったか?10人の俊英が明らかにする。
可能性としての68年。歴史の転換点を国内外の視点から再考する、文化論の集大成。



2010.10.4 [ニュースリリース]


平出隆教授の、新たな「本」のかたちを提唱する造本のシリーズ、
via wwalnuts叢書の刊行が開始されました。

〈出版社による内容紹介〉
詩人としての活動とともに、その装幀家としての活動が一体化する平出隆が、本の最小にして最終の形態のひとつを作り出した画期的造本のシリーズ第1弾。加納光於との詩画集『雷滴 その研究』の補遺として書かれた詩篇集。 その繊細きわまりない造本は、発売前から、第一線のグラフィックデザイナーの注目を集めている。



via wwalnuts 叢書 01
平出隆『雷滴 その拾遺』
定価777円(740円+税) 送料無料

詳しくはこちら をご覧下さい。
amazonでも購入できます。こちら



2010.10.4 [ニュースリリース]

「ホッテントットエプロンースケッチ」生演奏付き上映会

本学芸術祭の特別イベントとして、芸術学科映像文化設計ゼミ(担当:西嶋憲生)の主催で、
七里圭監督のアートフィルム『ホッテントットエプロンースケッチ』を
生演奏付きで上映します。
不思議で神秘的な映像世界へ観る者を誘う映像の寓話です。
上映作品の詳細は下記webサイトをご覧下さい。
http://www.hottentotapron.com/

監督および演奏者4名来校。今回のための新たな編曲での演奏となります。

上映日時:10月30日(土) 14時30分開始(14時開場)
会場:多摩美術大学八王子キャンパス レクチャー棟 Aホール

会場地図はこちら


入場料:無料
*整理券は当日12時からAホール前受付で配布。
前日までに下記の方法でお名前を登録された方は
当日整理券より優先的に入場できます。
(当日、開場15分前までに受付で先着順に予約者整理券をお受け取りください)。
kin_cine@yahoo.co.jp にお名前(団体の場合は代表者のみ)と人数をご送信ください。


2010.9.27 [ニュースリリース]

安藤礼二新刊『たそがれの国』

安藤礼二准教授の最新刊が刊行されました。

<内容紹介> 『遠野物語』から『1Q84』へ――百年の文学を問う雄渾華麗な試み
柳田國男の描いた生と死のあわいの薄明を透視し、折口信夫、泉鏡花、中上健次、
村上春樹、大江健三郎、笙野頼子などの〈特異な系譜〉の作品を雄渾華麗に読み解く。



2010.9.18 [ニュースリリース]

NHKカルチャーラジオ 芸術その魅力

9月〜12月のNHKカルチャーラジオで鶴岡真弓教授のケルト講座が放送されます。

NHKカルチャーラジオ
芸術その魅力「ケルトの歴史と生命観〜深きヨーロッパの遺産〜」


世界の人々に知られる季節祭「ハロウィーン」や「メーデー(五月祭)」は、ヨーロッパの基層文化、ケルトの自然信仰や死生観の遺産です。おなじみの「アーサー王伝説」の聖杯、「ケルズの書」のケルト文様美術、大陸の遺跡などのほか、古代ローマとガリアの関係、小泉八雲の霊魂観なども取り上げて、現代まで力強く生き残ってきたケルトの神話伝説・美術考古を訪ね、ヨーロッパ文明の「深き遺産」の2700年を探っていきます。わが国では一般に余り知られていないフランスの古代ガリア文明や近代文学への影響などについても紹介していきます。


2010.9.17 [ニュースリリース]

TAMA VIVANTII 2010 開催のお知らせ

構想計画設計ゼミ(担当:海老塚耕一教授)に所属する学生の企画による展覧会を開催いたします。
みなさまぜひ会場にお越しくださいますようお願いいたします。
公式HP

2010.9.9 [ニュースリリース]

多摩美術大学美術学部芸術学科 副手公募

この度、本学科では下記要項により副手を募集いたします。
応募要項はこちらから


2010.8.30 [ニュースリリース]

TAMAVIVANT II 2010 ポイケド・ジャナイ

TAMAVIVANT II 2010 の公式サイトをアップいたしました。
ぜひご覧ください。
http://www.tamabi.ac.jp/geigaku/tamavivant/

2010.7.31 [ニュースリリース]

安藤礼二新刊『場所と産霊 近代日本思想史』

安藤礼二准教授の最新刊が刊行されました。

<内容紹介> 世界は多元的であるがゆえに1つである。 われわれの思考、言葉と表現の生まれた場所とは!?近代思想史を斬新に塗りかえる画期的論考。



2010.7. 14 [ニュースリリース]

PBL-文化演出の現在-企画 
『〜展  NAMI EXHIBITION 』

6月に行い大変ご好評をいただいた<芸術学科PBL科目/文化演出の現在>による
展示『〜展  NAMI EXHIBITION 』が7月30日より会場をかえてBankART Stdio NYKに巡回いたします。

期間:2010年7月30日(金)〜8月5日(木)
   11:30〜19:30
   レセプション 7月31日(土)17:00〜
場所:BankART Studio NYK
   入場無料




お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627 

2010.7.7 [ニュースリリース]

21世紀文化論 2010年度 第4回講座
「カオス*ラウンジ」

黒瀬陽平氏(美術家、評論家)
藤城嘘氏、梅沢和木氏
長谷川祐子プロデュース

日時:2010年7月17日(土)
   10:45開場
   11:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールCホール
   入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.7.1 [ニュースリリース]

アーカイヴ設計企画 斎藤環氏 講演「多重化性の世界とキャラクター」


日時:2010年7月13日(火)
   14:40開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟3階25-312教室
   入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)


お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.6. 28 [ニュースリリース]

PBL-文化演出の現在-企画 
『〜展  NAMI EXHIBITION 』

芸術学科PBL科目/文化演出の現在による展示を行います。

期間:2010年6月30日(水)〜7月8日(木)
   9:00〜18:00 (日曜・最終日は17:00まで)
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 情報芸術学科棟1Fギャラリー
   入場無料




お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627 

2010.6. 24 [ニュースリリース]

映像文化設計企画 辻直之氏 上映会
「辻直之アニメーション映像個展 in Tamabi」

近年、美術館やギャラリーなど内外の美術界からも注目の、
木炭画アニメのアーティスト辻直之氏を招き、代表作の16ミリフィルム上映とトークを行います。
日時:2010年7月2日(金)
   16:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパス メディアホール
   入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

2010.6.22 [ニュースリリース]

アーカイヴ設計企画 村田沙耶香氏 講演「花と肉体と宇宙」


日時:2010年7月6日(火)
   16:20開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパス 芸術学棟3階25-312教室
   入場無料
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)


お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.6.17 [ニュースリリース]

「鳥を探しに」(双葉社)刊行記念
平出隆トークショー「散文へのまなざし」


2010年1月に刊行された平出隆教授の著書「鳥を探しに」(双葉社)の
刊行記念トークショーが開催されます。

日時:2010年6月26日(土)
   13:30開場
   14:00〜16:00

詳細はこちらをご覧ください。


2010.6.10 [ニュースリリース]

「21世紀文化論」 2010年度 第3回講座
「現代写真におけるジェンダー」

講師:笠原 美智子氏(東京都写真美術館学芸員)
日時:2010年6月19日(土)
   13:30開場
   14:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料/定員 当日先着100名
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.6.1 [ニュースリリース]

新刊「美術×映像 境界領域の創造的カオス」

建畠晢客員教授の対談と西嶋憲生教授のテキストが収録されている「美術×映像 境界領域の創造的カオス」(松本俊夫編、美術出版社)が出版されました。



2010.5.14 [ニュースリリース]

折口信夫の『死者の書 口ぶえ』安藤礼二注解・解説

折口信夫の『死者の書』、『死者の書続篇』、『口ぶえ』が、 安藤礼二准教授の解説・注解により一冊に収録されて出版されました。



2010.5.6 [ニュースリリース]

「21世紀文化論」 2010年度 第2回講座
「日本の神像――その顕(あらわ)れと装飾のざわめき」

講師:畑中章宏氏(編集者)
日時:2010年5月15日
   13:00開場
   13:30開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料/定員 当日先着100名
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)
お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.4.19 [ニュースリリース]

鶴岡真弓出演「okaeri 山口智子 美の巡礼
第1回 装飾は語る ハンガリー アールヌーヴォーの来た道」

鶴岡真弓教授が、以下のテレビ番組に解説者として出演します。

放送日 :4月24日(土曜)22時00分〜24時00分
放送局 :BSフジ
以下、番組のプレスリリース資料による紹介文です;
 この番組は、女優・山口智子さんが企画から関わるシリ−ズ・スペシャル企画。歴史的な文明の交流から生み出された地域文化の魅力とルーツを追い、世界を旅します。
 番組が伝えるのは、現代の街角と暮らしに息づく伝統美の数々。美しくも愛おしい土地それぞれの美、美術、工芸、建築、装飾などの中に、一見かけ離れたものに見えた世界の様々な文化が息づいています。そこに新しい時代の、風土と伝統に根ざした調和ある暮らしを再発見する、「okaeri、おかえり」を表現し、提案します。
 番組第1弾として紹介する地域は、東欧の国ハンガリー。
 19世紀末に花開いたこの地独特の美術様式、ハンガリアン・アール・ヌーヴォーに着目し、ハンガリーのガウディと呼ばれる建築家レヒネル・エデンと、ハンガリーを代表する磁器工房ジョルナイなどを取材。建築に用いられたタイルの装飾文様などを手がかりに、東欧に生まれたアール・ヌーヴォーの美の秘密に迫ります。
 その時ハンガリーの伝統文化、刺繍や民謡などの農村文化から、ハンガリー民族の意外なアジア・ルーツが浮かび上がってくるのです。
 今回は特に、装飾学と古ヨーロッパ文明における世界的な研究家・鶴岡真弓さんを共演者に迎え、土地それぞれの美術、工芸、建築等に見られる文様や装飾を通して、歴史的な文明の交流が生んだ美の物語をひも解きます。
<以上 引用終わり>



2010.4.12 [ニュースリリース]

「21世紀文化論」 2010年度 第1回講座「『ピストルズ』からはじまる」

講師:阿部和重氏(小説家)
日時:2010年4月24日(土)
   13:30開場
   14:00開演
場所:多摩美術大学八王子キャンパスレクチャーホールBホール
   入場無料/定員 当日先着100名
  (満席の場合は入場をお断りする場合がございます。予めご了承ください。)

お問合せ先:芸術学科研究室 042-679-5627

2010.4.10 [ニュースリリース]

安藤礼二新刊『折口信夫 文芸論集』

安藤礼二准教授の最新刊が刊行されました。

<内容紹介> 釈迢空の別名を持ち、学者にして詩人、詩人にして学者という生涯を送った折口信夫は、 古代から近代にいたる日本文化を貫く本質をとらえ、詩歌、小説、文学研究、民俗学研究と 他の追随を許さない多岐にわたる業績を残した。 源氏物語、隠者の文学、短歌の滅亡、近代文学など折口が関心を寄せた日本文学の諸相を 多彩な切り口で整理し、批評家としての全体像に迫る画期的評論集。



2010.4.1 [ニュースリリース]

2009年度「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」決定!


2009年度の「東野賞」は、下記の卒業論文に決定しました。
・中尾拓哉「芸術と境界-交互的相互関係の領域論-」

また、次点である「東野賞」奨励賞は、次の論文が受賞しました。
・赤嶺美佳「ダウン症の人たちのアトリエ、『エレマン・プレザン』論」
・伊藤広平「アンビエントの諸相と時間・空間芸術における音響の可能性」
・松元美樹「共存の方法:ハラルド・ゼーマンのクライテリアと方法論」
・高木まゆか「キム・ギドク論〜なにもないところから生まれる物語」

以上五名の受賞発表は、3月23日(火)に行なわれた学位授与式で発表されました。

2010.3.15 [ニュースリリース]

「墨」評論賞準大賞受賞!

大学院(芸術学専攻)1年の栗本高行さんが、第2回「墨」評論賞において準大賞を受賞しました。
2010年1・2月号に受賞作として同誌に全文が掲載されました。
今後1年間に渡り、「墨」誌面に連載を持つそうです。
(204号5・6月号より全6回)
誠実に研究に取りくむ栗本さんの今後の活躍にご注目ください。
詳細はこちらをご覧ください。

2010.3.15 [ニュースリリース]

長谷川祐子新刊『女の子のための現代アート入門:MOTコレクションを中心に』

長谷川祐子教授の最新刊が刊行されました。

『女の子のための現代アート入門:MOTコレクションを中心に』淡交社
本の紹介(出版社HPより)
東京都現代美術館が収蔵品をつかって現代アートの流れと楽しみ方を解説した入門書。「女の子」というキーワードは親しみやすさやアートの日常性を強調したもの。本文は、国際舞台で活躍する同館チーフキュレーター長谷川祐子氏が執筆。



2010.02.17 [ニュースリリース]

安藤礼二 講演 「病める舞姫を読む」

日時:2010年3月14日(日) 14:00〜
場所:京都造形芸術大学 Studio21
   京都市左京区北白川瓜生山2-116
   入場無料/定員 当日先着100名
レクチャーの後に宇野邦一氏との対談があります。

お問い合わせ:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
       075-791-9437

2010.1.27 [ニュースリリース]

教職課程が認可されました

このたび、昨年より文部科学省に設置を申請していた「美術学部芸術学科の教職課程」が、認可されました。 2010年度より本学科に教職課程を設置します。
詳細はこちらから

2010.1.20 [ニュースリリース]

平出隆新刊『鳥を探しに』

平出隆教授の最新刊が刊行されました。

『鳥を探しに』双葉社
本の紹介(出版社HPより)
「瞬間を丹念に記憶の中からすくいあげ、連記し、その世界すべての命をよみがえらせた散文の力に、快く屈した」と辛口の評論家に言わしめた名文を、「本物」を待ちわびた読者に。散文・詩集においても数々の賞を受賞した著者が描く二冊目の小説。



 

 
ページ上部へ