多摩美術大学 大学院 博士課程後期

Updated

2017/5/23/
2017の学位論文・作品紹介を掲載いたしました。
2017/5/1/
学事日程・教育課程、教員紹介、在籍者紹介、大学院研究室紹介の情報を2017年度版に更新しました。
2016/4/26/
学事日程・教育課程、教員紹介、在籍者紹介、学位論文・作品紹介ページを2016年度の情報に更新しました。

NEWS (展覧・イベント、雑誌掲載情報など)

OB OG

博士後期課程修了生の栗本高行氏による連載「空間の詩法」の第11回

線に触れる、文字を聴く
―千代倉桜舟とイヴ・クラインの対比から
が『墨』2018年1・2月号に掲載されています。

連載「空間の詩法」11

著者:
栗本高行
論題:
線に触れる、文字を聴く
―千代倉桜舟とイヴ・クラインの対比から
掲載ページ:
196-197ページ
書籍名:
墨(2018年1・2月号/第250号)
出版社:
芸術新聞社
HP:
http://www.gei-shin.co.jp/sumi/index.html
OB OG

中尾拓哉氏が執筆したテキスト「二つの支持体、一つの絵画」が書籍『one way or another』に掲載

博士後期課程OBの中尾拓哉氏がテキストを執筆しています。

論題:
二つの支持体、一つの絵画
書籍名:
田幡浩一『one way or another』
発行:
Yutaka Kikutake Gallery
掲載ページ:
50-51ページ
web:
http://www.ykggallery.com/ykg/984/
OB OG

『美術手帖』(2018年1月号)に中尾拓哉氏の文章「まぼろしの在処」が掲載。

博士後期課程OBの中尾拓哉氏の文章が掲載されています。

論題:
まぼろしの在処
展覧会名:
「ニュー・フラット・フィールド」展
書籍名:
『美術手帖』(2018年1月号)
掲載ページ:
194-196ページ
web:
http://www.bijutsu.press/books/2017/12/-181.html
OB OG

中尾拓哉氏がトークイベントに参加。

博士後期課程OBの中尾拓哉氏がトークイベントに参加します。

タイトル:
アート・ユーザー・カンファレンス
《未来芸術家列伝Ⅳ:オーダーと第Ⅰ次世界大戦》
「トークイベント《レディメイド/裏返された未来》」
中尾拓哉 × 橋本聡 × 松井勝正
日時:
2017年12月28日 18:30〜21:00
会場:
青山|目黒(東京都目黒区上目黒 2-30-6 保井ビル1階)
web:
https://anartuser.tumblr.com
参加費:
700円
在学生

展覧会、「TRANSLATION」にパク ヒャンスク氏、有坂 ゆかり氏、ペク インヘ氏、キム テボク氏、岸 かれん氏が出品

博士後期課程OGのパク ヒャンスク氏、有坂 ゆかり氏、ペク インヘ氏、OBのキム テボク氏、
博士後期課程3年生の岸 かれん氏が出品している展覧会、「TRANSLATION」が開催されます。

展覧会名:
TRANSLATION
会期:
2017年12月18日(月)~ 12月23日(土)
10:30-18:30(最終日17:00まで)
会場:
ギャルリー東京ユマニテ
〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビルB1F →googleMAP
Tel:
03-3562-1305
Fax:
03-3562-1306
web:
http://g-tokyohumanite.jp
mail:
humanite@js8.so-net.ne.jp