Chapter 6 of "Impressions d'Africa" Raymond Roussel
Alcot family's Polyphony / Stephen ALcot and his six sons

第6章は草原とテーズ河における、空気・水・火による非線形科学の造形である。
ポニュケレ国のアルコットと6人の息子達は、それぞれが幾何級数的に正確な方向と距離をとって直立すると、互いの胸窟で声音を共鳴Resonanceさせて、音響コーラスを披露する。