Tabcred Bucharessas company - Chapter 4 of "Impressions d'Africa" Raymond Roussel -

音声言語の挫折がテーマである。高名な歴史学者と生物学者の知的語り芸ともいうべき「学術講演」に続いて、サーカス団員が登場し、四つの音曲芸でオーラル言語を揶揄する。
フェルディナン・ド・ソシュールの論文1878年「インド・ヨーロッパ語の覚書」によって、言語の構造的あるいはメタ的な解明が始まる。

1) single-band bouche cm2 ressasse
Tancred Boucharessas, a limbless cripple without cither legs or arms
両手両足のない不具者のタンクレードは、全身の筋肉運動を駆使して四種類の楽器を巧みに演奏してみせる。1830-1905 Tancrède Dumas [Tancred]

2) single-canon, Fugue
Ludovic, the famous singer with four voices
歌手リュドビックは、唇の両端を別々に動かして、同時に2音を発声し、一人でカノン形式の曲を輪唱する 。
  voice
[canon]mov

3) talking-head
Philippo, a head without a body
Jenn, the ringmaster
小人のフィリッポは、自分の小さな胴体を皿の下に隠して、首だけを皿の上に現すというトリックで、あたかも生首が皿の上でお喋するかのような芸を演じる。
1894メリエス映画

4) a flute made with the bone of his leg
Lelgoualch, the Breton
片足のサーカス団長レルガルシュは、切断した自分の大腿骨で造った骨笛を使って悲しい曲を吹奏する。

Romulus, the horse with the gift of the gab [YouTube]
Urbain, the circus rider
曲馬師ユルバンが調教する、特殊な舌をもつ馬は、意味を解さない言語を雄弁に模倣発声する。

Magritte 1898

three baskets "A group of gentleman leaving an old cloister to visit the parish priest"
Whirligig, clon, money/dominoes/playing-cards




[The Library of Nineteenth-Century Photography]   Tancrède Dumas

[]