Shiro TakahashiImpressions d'Africa → Chapter 9

at the next morning : The digital photography system

Louise Montalescot,

聖別式の翌日の朝、女探検家ルイーズは長年打ち込んできた、光描機械デジタルカメラ研究の実験を完成させて、アフリカの日の出の風景をキャンバスに描く。光起電による風景の画像データは、無数の金属細線によって論理回路箱に入力され、キャンバス上に油画絵筆を操作する機械アーム機構を制御する。このデジタル色彩絵画のラスタースキャニング方式は、現在のTVやパソコンモニタが採用している横方向スキャニングではなく、重力に素直な縦方向スキャニングである。白黒デッサンの場合には、巧みなランダムスキャニング方式に切り替わる。無数の電線と受光素子を束ねたルイーズの感光盤イメージセンサは,光学レンズを持たない。mov

肖像画家であったルイ・ジャック・マンデ・ダゲールは、ブルジョア階級の増加にともなう肖像画の消費需要に対応するために、
銀塩感光法による自動描画技術ダゲレオタイプを発明した。フォトグラフの出現は19世紀末のパリの画家達の思索を刺激し、様々な主義主張の絵画を産む契機となる。

デュシャンは「デッサンという観点からすれば、写真はきわめて正確な形を与えます。それで、それとは別のことをしたいと思っている芸術家は自分にこう言い聞かせます。とっても簡単だ。できるかぎりデフォルメしよう。そうすれば、写真のあらゆる表現から完全に離れていられるだろう」と述べている。そういうデュシャンの二人の兄は、立体派の画家と未来派の彫刻家であったので、三男のデュシャン自身はやることがなく、ダダとならざるをえない。

絵を描く機械