- Chapter 5 of "Impressions d'Africa" Raymond Roussel - Tableau vivant
オペレッタ一座が演ずる六つの活人画は、物語のクライマックスに絵画的な構図で舞台を静止し、観客の視覚に訴える黙示劇である。歌舞伎の「だんまり」も言語説明を超えた視覚的な美感表現に専念する。初期のダゲレオタイプでは芸術指向の活人画が盛んに作画された。ダゲレオタイプが音声を録音するわけではないが、長い露光時間の間、被写体は不動のポーズを維持して沈黙をまもる必要がある。

Operetta
Carmichael

1) "The Feast of the Gods on Olympus"

オリュンポスの神々の祝宴の場面。

2) "Ursula, accompanied by the Huron Maffa,
goes to the aid of the bewitched people
on Lake Ontario"

a coloured woman:
a little girl of white origin: Stella Bucharessas
(brochet: ヨアカシ敷香魚)
a running man, boar head
the raging west wind: Sorean
a live goose
she-ass Milenkaya

大農場主の遺児ウエスラが、オンタリオ湖の魔法で時間の循環に陥った悪党達を救う場面。

3) "Handel composing the theme of his oratorio
by a mechanical process"

Handel: Soreau [Vesper]
年老いた盲目の名作曲家ヘンデルが、七本の柊と自宅の階段を利用して聖譚曲を機械的に作曲する場面。
Handel House]

4) "The Czar Alexis discovers the assassin Plehtcheiev"

Czar: Soreau

ロシア皇帝が言語の策略を使って大衆の深層心理に働きかけ、暗殺者を発見する場面。

5) "Constantine Canaris evoking the scent of flowers,
borne to him on the echo in the woods of Argyros"

Soreau, as Kanaris
Darriand, essences of aromas

Konstantinos Kanaris (1790-1877)
a Greek admiral, freedom fighter and politician
ギリシャの自由の戦士カナリス将軍を讃えるために、森の精が視覚聴覚のみならず嗅覚受容神経に訴える場面。 バラ カーネーション リラ ジャスミン スズラン タイム クチナシ スミレ

ギリシャ独立戦争
カナリス 火船戦術 1822
詩人バイロン男爵の死 ヨーロッパの義勇軍 1824
ドラクロワ「キオス島の虐殺 」1824
コンスタンティノープル条約 1832

 

6) "Prince Savellini, the multi-millionaire,
robbing tramps in the slums of Rome"

Prince Savellini: Soreau

cleptomanie 飛翔(vol):盗み(vol )
イタリアの大金持サヴァリニ公が場末の雑踏の中で、貧乏人の財布を盗む場面。