空気の発見  酸素 風化 酸化燃焼 爆発 呼吸 体感温度 空冷 嫌気生物

  「4元素説」土・空気・火・水 アリストテレス
「3元素説」塩・硫黄・水銀 パラケルスス
ガス
Chaos 混沌ギリシャ語
Geist 霊ドイツ語
mind, spirit
ghost
水と空気の2要素
「発酵原理」水だけが化学変化を起こして万物を生み出す
ヤン・ファン・ヘルモント Jan Baptista van Helmont, 1579-1644
「気のガス、森のガス」 gas sylvestre
「4種類のガス」二酸化炭素 一酸化炭素 亜酸化窒素 メタン
燃素
「燃える土」
「脱フロギストン空気」
フロギストン phlogiston theory
ゲオルク・エルンスト・シュタール Georg Ernst Stahl, 1659-1734
可燃性物質の中に含まれ、物質と分離することが燃焼 負の質量
熱素 熱物質説 カロリック 熱量保存則
熱運動説 フランシス・ベーコン1620
硝気精
「火性の物質」酸素
ジョン・メーヨー John Mayow, 1640-1679
暗赤色の血液が空気にふれるとあざやかな赤色になる
血液中の燃える物質と化合し、熱を発生して生命を保つ
硝石の一部をなし、呼吸・燃焼に不可欠な反応性に富む
脱フロギストン気体 ジョゼフ・プリーストリー Joseph Priestley1733-1804
アントワーヌ=ローラン・ラヴォアジエ
Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743 - 1794
二酸化炭素
「固まる気体」fixed air
ジョゼフ・ブラック
Joseph Black, 1728-1799
窒素
「有毒な気体」noxious air
ダニエル・ラザフォード
Daniel Rutherford, 1749-1819
酸素
「生命の気体」vital air
ダニエル・ラザフォード Daniel Rutherford, 1749-1819
「フロギストン化した気体」phlogisticated air