サイバー世界

現代のチューリングマシンは、絵画・彫刻・演劇・演劇・文芸などの伝統的な表現領域に取って代わる新たな表現媒体をシームレスに連結し、ボーダーレスな仮想空間を拡大構築しつつある。

それらはともすると人間の野生感覚を超えたオカルト的な様相をみせる。古典的な絵画技法においては、額縁の中の空気感や重力感などのリアリティある表現が課題であった。キャンバス表層の仮想空間は、現代のサイバー空間と同様に、地球上の陸上生物が5億年を経て育んできた大気と重力の存在が欠如するからである。

豊かで健全なコミュニケーションが成立するためには、受け手と送り手のリアルな現実体験による共通感覚が不可欠である。豊かなコミュニケーションは、感覚的な体感に連鎖して始まり、人間的な思索を喚起する

文芸や映画などの経験の贋造は、現代社会における経験の劣悪化を招く。

人工知能のフレーム
人工知能 Artificial Intelligence
有限の情報処理能力しかないロボットには、現実に起こりうる問題全てに対処することができない。
1969John McCarthy

ソフトウェアのフレームワーク software framework
枠組み、下部構造、構造、組織

アトムとビット being desital 観念論と唯物論
DNAの遺伝子はアトムを断ち切り正しいビットをのこす

壺公
Aladdin and magic lamp

生気論オカルト
 soul霊魂
絵空事 絵に描いた餅 絵に描いたよう アンフラマンス
ポルターガイスト現象 Poltergeist

蜃気楼 車螯(わたりがい)または、ヘビとキジの間に生まれる蜃が気を吐いて楼閣を出現させる