電灯による絵画表現の変貌

1885 ジャガイモを食べる人々「薄闇の時代」

1888 夜のカフェ

1909 バッラ絵画「街灯」

1937 デュフィ壁画「電気の精」
電灯による舞台表現の変貌

1892
 ロイフラー舞踊

1893
 カラーオルガン


1895
 歌舞伎座


ライムライト石灰灯 名声 1952映画

電灯による都市の変貌

1885 [太陽の塔案 Jules Bourdais]
1888 エッフェル塔

1888 [月光塔 Moonlight towers]
電気の悪魔

1863
ヴェルヌ小説「20世紀のパリ」
ノートルダム祭壇の電気照明
司祭が捧げる聖体顕示台の電気照明
大通りの無数の大燭台の強烈な白光
透明広告板に電気光の文字
電気コンサート
圧縮空気のパイプオルガン
電気駆動の大時計
死体公示所の溺死者蘇生電気器具
処刑台の放電ショック用蓄電池
セ-ヌ河給水ダムの動力タービン
縞模様の空中電線


1876「光線画」小林清親 1847-1915 拡大



1915 岸田劉生 「道路と土手と塀(切通之写生)」 [長崎大学/電柱]
1911 小絲源太郎「屋根の都」