アレクサンダーメルビルベル 1819-1905 生理的音声学
読唇術 Lip reading
[Human Articulators in Action]

電話機 Telephone

1907 ルナール小説「男と貝殻」モーリス・ルナール Maurice Renard 
1919 リルケ小説「始源のざわめき」ライナー・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke 
1921 ジョイス小説「ユリシーズ1904年6月16日」Ulysses
   ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス
   James Augustine Aloysius Joyce 1882-1941
    意識の流れ、パロディ、ジョーク、暗喩、自由連想
    Ting a ling ling  Ting a ling ling  Helloo Hello are you there?

 

聾唖研究家:Alexander Graham Bell 人工咽と人工耳の発明  発声装置

[Alexander Graham Bell Institute]

[scitechantiques.com]

1854年、ブルサールが理論的な提案
1860年、フィリップ・ライス 豚の腸の膜を利用した音声を電流の断続に換える装置
1876年、イライシャ・グレイ Elisha Gray 液体抵抗型マイクロフォンの予告記載書を提出
1877年、エミール・ベルリナ Emile Berline 炭素式のマイクロフォン グラモフォン設立



1876年、グラハム・ベル Alexander Graham Bell
グレイ考案の液体抵抗型送話器の実験
米国特許174465号取得
弁護士 Gardiner Green Hubbard(Mabel Green Hubbard)


1877年、トーマス・エジソン Thomas Edison
ベルリナの炭素式マイクロフォンを
特許申請
テレグラフ 金融 Western Union

 

1878年、アメリカ各地で電話会社が148社開業