霞ヶ関ビル

関東大震災の教訓から東京では31mという高さ制限(いわゆる百尺規制)があったため、当初は9階建てのビルの計画であったが、1962年(昭和37年)8月に建築基準法が改定され、高さ31m制限が撤廃されることとなった。

東京倶楽部が経営していた旧・東京倶楽部ビル跡と霞会館(旧・華族会館)の敷地に建設され、1965年3月18日に起工、1967年4月18日に上棟し、1968年4月18日にオープンした。

高さ31m制限が撤廃されることとなったため、高層ビルへ計画変更された経緯がある。
日本においてはじめての高層ビルの建設のため苦労も多く、そのエピソードは劇映画となった。
竣工当時、36階に展望台があり賑わいをみせていた耐震設計として鋼材を組み上げた柔構造を採用している。

1969映画「超高層のあけぼの」監督:関川秀雄 
出演者:池部良、丹波哲郎、平幹二郎、佐久間良子、新珠三千代、佐野周二、松本幸四郎、伴淳三郎、田村正和
3時間40分の超長尺。前後編で間に休憩が入る
鹿島建設社長や設計者たちが高さ制限のある「市街地建築物法」を廃止させ、完成までを描き、全国東映系で封切られた。
ビルの完成が前年1968年だったので、宣伝効果は抜群だった。
鹿島建設はじめ、建築に加わった企業が協力し、前売りを売るという、当時としては画期的なタイアップ作戦で映画は大ヒットした。

東京倶楽部:1884年(明治17年)、鹿鳴館に外国人との融和交際の為に会員制の「東京倶楽部」が設けられた。そこでは英語の使用に限られ日本語は勿論、他の外国語の使用は禁止された

霞会館:会員は現皇族(名誉会員)、元皇族(臣籍降下した元宮家)、元王公族、元華族(公、侯、伯、子、男)の当主とその成年に達した長男(嫡男)により構成されている。2007年4月現在、会員数854名(正会員844名、名誉会員10名)。
会館の運営は、もと華族会館のものだった土地の3千坪をビル建設時に三井不動産に貸した地代と霞会館が所有する霞ヶ関ビルの10階・11階のテナント料、さらに会員の結婚式やパーティなどに貸し出す収入などで賄われている。その一部は障害者施設、老人施設、癌研究所、救ライ事業団など各社会福祉施設にも寄付されている。

1884年の華族令が制定され、華族は公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵の五階の爵位に叙された。これらの爵位は、公家華族は家格、大名華族は石高を基に決められた[1]。また明治政府の中心人物をはじめ、明治維新の勲功者[2]や、歴史上天皇家に対して忠節を尽くした人物の子孫[3]が新たに新華族(勲功華族)として列せられた。

公爵・・・親王諸王より臣位に列せられた者、旧摂家、徳川宗家、国家に偉勲ある者
侯爵・・・旧清華家、徳川旧三家、旧大藩(現高15万石以上)知事、旧琉球藩王、国家に勲功ある者
伯爵・・・大納言まで宣任の例多き旧堂上、徳川旧三卿、旧中藩(現高5万石以上)知事、国家に勲功ある者
子爵・・・維新前に家を起した旧堂上、旧小藩(現高5万石未満)知事、国家に勲功ある者
男爵・・・維新後華族に列せられた者、国家に勲功ある者

石田英一郎男爵 石田八弥 石田英吉
府立四中、一高を経て、京都帝国大学経済学部中退。1928年、京都学連事件および三・一五事件に連座して爵位を返上。1934年まで入獄する。
1937年から2年間ウィーン大学に留学。1944年、蒙古善隣協会西北研究所所長。1948年、『河童駒引考』を上梓、1949年、法政大学教授。1951年、東京大学教養学部教授となり、文化人類学教室の初代主任を務めた。また第一次東大アンデス学術調査団団長。1964年、定年退官後、東北大学日本文化研究施設主任、多摩美術大学学長を歴任。1967年、『マヤ文明』で毎日出版文化賞受賞。日本民族学会会長を務めた。『石田英一郎全集』全8巻(1970-72)がある。祖父の石田英吉は高杉晋作と奇兵隊創設に貢献、坂本龍馬とともに亀山社中や海援隊の結成に参加し重きをなした。

内藤頼博子爵 内藤頼輔 内藤頼直 
1931年、東京帝国大学法学部卒業。東京家庭裁判所長、広島高等裁判所長官、名古屋高等裁判所長官を歴任。1973年に退官し、弁護士となる。
弁護士業の傍ら、1979年から1987年まで多摩美術大学学長、1975年から1991年まで多摩美術大学理事長、1989年から1993年まで第22代学習院院長を務めた。新五左衛門 鯨の大八