ソノルミネッセンス sonoluminescence 音響エネルギーによる発光

液体中の気泡が超音波によって圧壊したときに起こる発光

液体に超音波を照射すると、キャビテーション現象によって無数の気泡が発生する。気泡は超音波が負圧になったときは膨張し、正圧になったときは収縮する。特に、超音波の共振径付近のサイズの気泡は音速に近い速度で急激に収縮するため、断熱圧縮の効果によって瞬間的に数千度以上の高温状態となる。
このとき気泡の内部では、高温によって熱励起された原子・分子による発光や、ラジカルによる化学発光が生じる。また、強く圧縮された気泡からは電離した気体からのプラズマ発光も生じるといわれている。
気泡内の高温場で生成した分子は液体中に溶け出し、様々なソノケミカル反応を起こす(水中では特にOHの反応がさかんに起こる)。このときに起こる化学発光もソノルミネッセンスの一部である。