大地創造の痕跡





[Burgess Shale]

太古、天地が未だ分れていない時、そしてまた陰陽も別れていなかった時、渾沌としてまるで鶏卵のように形が定まっていない時、自然の気が集まって物の兆しが含まれるようになった。その清く輝いているものはたなびいて天となり、重く濁っているものは、積もり固まって地となったが、清く輝くものは集まりやすく、重く濁ったものは固まり難かった。日本書紀 神代

神話時代 創造神話 origin belief 創世神話 creation myth 天地開闢
原初の混沌から
母神と父神が分離
無限で永遠の海から

形而上学時代
物質世界を創造した者 デミウルゴス Demiurge

実証科学時代
ビッグバン Big Bang

情報時代

岩石磁気学
地球誕生の記録
隕石落下
地層 Stratum
カンブリ期カナダの頁岩
単斜輝石グラニュライト
火山の噴火の記録
火山灰>
地震の断層記録
地震の液状化
地形 Landform
地殻 Crust