スケーリングの美術 Scaling  寸法の悪魔が微笑む

文芸や絵画の想念空間では、現実の物理科学を無視する不合理な表現がまかり通る。アリスやガリバーが縮小拡大しても、地球上の万有引力・空気の固有共振数・生物細胞の寸法などは縮小拡大せずに一定なのだから、アリスやガリバーの動作や音声はおかしなことになるはずなのだが、表現者と鑑賞者は地球上の常識という暗黙の了解の上で成立することなので、当然ながら読者の感性は物理方程式に無頓着である。

形の大きさ

2倍3乗倍の法則

スフォルツァ騎馬像

軽量彫刻
生命の大きさ


寿命


呼吸 巨大昆虫


跳躍 筋肉

時間の大きさ  津波  文明の時間スケール


振子周期


聴覚


ゴジラ

巨大化  恐竜絶滅

飛行

巨大化


E=mc2

微小化 物理定数 Physical constant

分子間引力

微細化 電子信管


フラクタル

仮想空間 


文学空間


絵画空間


記憶空間
.

人間組織

縮尺模型

重量単価
[長さの比較]

人形劇

小サ子 一寸法師
ダイダラ坊 朝比奈

[福島孝治] 本川達雄 [ゲージ理論] [スケーリング理論] [Form in Space]