青森県 三戸郡新郷村戸来舘神11                  BACK

2014/10 撮影

戸来(へらい)は鎌倉時代からその名があるとされる村だが、キリストの墓があるとされる地で、道路案内標識にも出ている。  

バランスがよい火の見は4本脚の上に正方形の見張り台が乗り、その角に柱がひろがるが、円形の屋根のためにまた柱上部をしぼるという構成。