都心の町屋

  東京都心に残る町屋のスケッチ       

●戦火をくぐり抜けた家

  第二次大戦時、東京の都心は米軍の爆撃で、焼け野原になった。しかし聖路加国際病院が近かった中央区の一部地域は爆撃目標から外され、古い木造建築が多数残った。

●生きている家

 長持ちする家でも人に愛されなくては長生きできない。この地域にはまだ愛されている、生きている家が残っている。

●風前の灯火

 バブル期の地上げで激減し、この1,2年のマンション急増でさらに減り、かなりの数が姿を消した。絵を描いた直後に壊されたものも多い。

●記憶・記録

 保存運動をするほど文化財級の家は多くはないが、なんとかこの姿を残したい。しかし写真で記録するのも何か違う。そこで始めたスケッチでの記録。 書いた順に追加するわけではないので、新しくUPした絵が新しいとは限らない。