●1402 

ワロン農村生活博物館   

Musee de la Vie Rurale Wallonie

ベルギー南部、ワロン語圏の民家の展示をする博物館。1971年にオープン。敷地はほぼ平坦だが、森によって地方ごとにゾーン分けされていて、全貌が見渡せないようになっている。しかしそのゾーンにまだ建物がないところもあり、これからの感じが強い。インテリアの展示はかなり散らかった感じが演出されていて、ある意味でリアルに見える。敷地の広さの割に建物数、民具のコレクションなどはまだ数が少ない。建物は18世紀のものが多いが、インテリア、生活の展示は19世紀が基準になっている。 基本的にはハーフティンバーが多いが石造も移築されている。切妻の妻面にも茅を葺く民家がある。

レストランは2ヶ所あり、ひとつはかなり充実している。近くには鉄の

ミュージアムがある。

 

アクセス:所在地はSaint-Hubert 村だが、村の中心からは遠い

○ポア・サンテュベール駅から6kmでサンテュベールの村、そこから 8km歩く 

○Forriers 駅から Masbougまで5km バスあり  そこから1km歩く

○Jemelleからバス?またはタクシー

アクセスはきわめて悪いが、リエー ジュ、ブリュッセルから日帰り可能  

 

BACK     

敷地は広く、のどかな農村風景がひろがる