JR東海

紀勢本線

紀伊長島

撮影:2006/8

築年:昭和34年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

昭和34年築が2スパン、35年築が4スパンある。同じ断面だが34年築は上梁がボルト留めで35年築は溶接になっている。ボルト留めのほうが現場の施工性はよいと思うが、1年間のこの変化は何を意味しているのだろうか。レール造とは気づかれにくい洗練されたデザインで、その後隣接して増築された鉄骨造よりはるかに美しい。