JR東海

高山本線

飛騨小坂

撮影:2008/04

築年:昭和3 1年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

昭和8年開業当時はここが高山本線の終着駅で、昭和38年までは小坂森林鉄道が接続していた。御嶽山の登山口として、また材木の積み出し駅として栄えた。駅舎とホームの間は開業時から地下道だった。柱はプレートをはさんだ溶接で、小屋梁との間はリベットになっている。現場溶接を避けたためかもしれない。ブレースは水平で全体にバランスがよく美しい。