JR東海

武豊線

乙川

撮影:2008/09

築年:昭和 31年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

武豊・熱田間の開通は明治19年と古いが、乙川駅の開業は昭和8年。曲げ加工は無く、溶接とボルトを併用して現場の施工性をあげた無駄のないデザイン。ベンチやぶらさがりものが少ないことでより美しく見せている。駅舎は最近無人の小規模なものに建て替えられたが、大木の木陰からかつての駅前がよい雰囲気であったことは想像できる。