JR東日本

信越本線

直江津

撮影:2006/0

築年:昭和 28年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

桁方向をアングルトラスによって構成するオーソドックスな造りだが、23スパンにわたって繰り返される造形は圧巻。隣のホームにも同様な長い上家が残る。内側のレールが曲線から水平の直線に切り替わるところをあえて滑らかに繋がないことで三角形が連続する効果を見せている。