JR東日本

信越本線

日本木

撮影:2007/06

築年:不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

今では珍しくなった現役のスイッチバック駅。明治43年築(開業時)の木造駅舎が残るが、表面は安易な改装で面影が無い。駅舎とホームの間をつなぐ地下道は昭和17年築 なので、上家もそのころの可能性が高い。山間の小駅にある地下道はかつてここが重要な動脈だったことを示している。