JR北海道

留萌本線

留萌

撮影:2008/0

築年:不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

ありふれた形だが、よく見るとトラスの梁はリベットで組んでいながら、柱との接合はボルトになっている。現場でのリベット留めを避けているようだ。またトラスの下辺は緩い曲線になっていて細かいところにも気を使っている。今は無き羽幌線が全通したのが昭和33年、上家はそのころの作と推測できる。かつて石炭とニシンの輸送で栄えた広大な構内は草原になっている。