JR東日本

横須賀線

横須賀

撮影:1998/05

築年:不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

須賀線はこの先まだ2駅あるが、かつて終着駅だった横須賀の方が風格がある。柱、梁がレール1本でできているシンプルな例。 終着ホームは天井からの「ぶらさがりもの」が少なく、天井面がよく見える。 こんな簡単な構造で成立してしまうのなら、他の多くの駅は構造過剰なのだろうか。2008年の再訪で、明治22年の財産票を発見。これが事実とすれば現存古レール上家中最古の例になる。

しかし、2010年に交通新聞社から発行された本、「横須賀線を訪ねる 120年歴史の旅」に開業直後の写真を発見。これには簡素な木造上家が写っている。つまり財産標の年号は誤りであったことになる。