JR東日本

常磐線

湯本

撮影:2006/0

築年:昭和 9年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■BACK

柱に使われている2本のうち、外側が途中で継いであり、梁との接合が溶接になっている。当初は外側の柱も曲げて梁とリベットで留まっていたものと思われる。この改造でどれほど強度が上がったのだろうか。