交換留学体験談

交換留学体験談(16)

avatar

岩本 真帆
造形表現学部 デザイン学科
留学先: アアルト大学
期 間: 2011年8月~2012年2月

授業について

3週間ほどの期間で月〜金9時〜5時というスケジュールの授業が多かった。3ヶ月ほどの授業もあるようだった。それぞれの授業期間や曜日は全く異なり、重複することが多いので履修計画が難しい。
基本的にBA(学部)はフィンランド語で授業が行われます。そのため履修は断られることが多かったです。英語でも説明をしてくれた授業もありました。 MA(修士)は英語で行われる授業がほとんどですが、フィンランド語で開講されている科目もあります。交換留学生はMAの授業を履修することが多いです。 他大学の学生と一緒にプロジェクトを行ったり、学校の費用で海外への見学や展示を行うことが含まれる授業もあり、多くの交換留学生が参加しています。その ような授業を履修したい場合、早い時期に多くの学生と知り合いになっておくと情報を得やすいと思います。

語学について

フィンランド語の基礎を勉強することができました。

異文化交流について

テキスタイルやガラスなど、これまで使用したことのない素材を扱うことができました。これまではモックや3D画像でイメージを伝えることはあっても実際の 素材を扱う機会はあまりありませんでした。実際に素材に触れて制作することにより、今後の表現の可能性も広がったと思います。