生涯学習プログラム2005
秋期講座
米倉守の八十八庵
考える
事始
描く
版から
オープンアトリエ
さまざまな表現
区切り線
春期講座
特別講座
お申し込み方法
講師紹介

 

講座番号4111:東京国際ミニプリント·トリエンナーレ−受賞作家とともに味わう版画の世界

 
本学創立70周年記念展として開催されている同展には、81カ国·地域から約3700点の版画作品が集まっています。
今回の講座では、受賞作家がデモンストレーションを行いながら、作品について語ります。併せて、展示されている世界各国の作家の作品も解説を交えながらご覧いただけます。
もっと身近に、さらに深く、版画の世界を味わってみませんか。
 

開講日

1月22日(日)

時間

14時〜15時30分

場所 多摩美術大学美術館
受講料 700円
定員 20名
申し込み締切 1月14日必着
講師

三瓶光夫 [版画家。圧力(バレン、版画プレス機)を用いずに木版、金属版等の凹版画の技法で制作。]

瀧野尚子 [版画家。シャープでありながらもどこか温かみのある世界を木版リトグラフで制作。]

案内役

大矢雅章 [版画家。エッチングによる独特な漆黒を持つ大型銅版画を制作。国内外で受賞多数。]

東京国際ミニプリントトリエンナーレ会場写真

 


東京国際ミニプリント·トリエンナーレ

東京国際ミニプリント·トリエンナーレは、世界の版画の最新作を展示し紹介するとともに、版画に使われる素材·技術·表現等に関する学術的なデータ収集もかねた目的で行われてきました。
第4回目の今回は、これまでの全入選作家と推薦作家による招待制コンクールにより開催され、世界各国の版画芸術の隆盛がご覧いただける展覧会となっています。

会期

2005年11月2日(水)〜2006年1月22日(日)

時間

10時〜18時

休館日 火曜日および年末年始
入館料 大人300円、大学・高校生200円、中学生以下無料
※生涯学習センター受講生証をお持ちの方は無料
お問い合わせ 多摩美術大学美術館(多摩センター駅から徒歩5分)
電話・042-357-1251
http://www.tamabi.ac.jp/museum


版から | 次の講座 >>