MC-MAIL Smtp-Authi
     
学外からの(Web-Mail を使用しない)MC-MAILの利用について
       
一般的な設定情報    
  受信(pop3, imap4)サーバー名は mail.mc.h.tamabi.ac.jp    
  送信(smtp)サーバー名は mail.mc.h.tamabi.ac.jp    
  メールアドレスは 申請したID@mc.tamabi.ac.jp    
  です。    
  各メールクライアントソフトの設定方法に関する情報を得るには
メールソフトのマニュアルや インターネット検索などをご利用ください。
   
 
サブミッションポートの設定    
  学外からのメールの送信には(セキュリティ上)、smtp(25番ポート)ではなく
サブミッションポート(587番ポート)を利用してメール送信を行います。
主要なメールソフトの設定例をご紹介します。
   
       
  Outlook Express 6.x (Windows)  
  Apple Mail 1.3(MacOS X標準のメールソフト)  
       
Outlook Express 6.x (Windows)    
1. Outlook Express を立ち上げ、メニューの「ツール」→「アカウント」を選択します。
2. 使用しているメールのアカウントを選択し、「プロパティ」を選択します。
 
3. 下のようなウィンドウが表示されますので、「サーバ」タブをクリックした後に表示される画面にて「送信メールサーバ」の「このサーバは認証が必要」のチェックボックスをオンにして「適用」ボタンをクリックします。
       
4. 「詳細設定」タブをクリックし、「送信メール(SMTP)」の欄に「587」と設定し、適用ボタンをクリックします。
 
Apple Mail 1.3(MacOS X標準のメールソフト)
1. メニューバーの「Mail」から「環境設定...」を選択します。
   
 
2. 「アカウント」ボタンをクリックします
「送信用メールサーバ (SMTP):」の「サーバー設定」ボタンをクリックします。
       
3. 送信用メールサーバ: mail.mc.h.tamabi.ac.jpを入力
サーバのポート: 587 を入力
「SSL (Secure Sockets Layer) を使用」: チェックしない
認証: 「パスワード」を選択
ユーザ名: [メールアドレス]を入力
パスワード: [メールアドレスパスワード]を入力
設定しましたら、「OK」ボタンをクリックします。
       
4. 「2.」の画面から左上のクローズボタンをクリックし、「変更内容を保存」します。
       
       
問い合わせ窓口 情報センター
    内線  743
    メールアドレス   mc2@tamabi.ac.jp