多摩美術大学美術館 Tama Art University Museum 交通案内 よくあるご質問 リンク サイトマップ
トップページ展覧会 展覧会情報

多摩美術大学博士課程展2018 2018年3月7日(水)〜3月23日(金)

   多摩美術大学博士課程展2019
   2019年3月6日(水)ー3月23日(土)


 2001年度に開設された多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程は、本年度第16期の学位取得者を出すことになりました。本課程は、美術・デザインにおける創作と理論の両面において高度の素質を備えた人材の養成を目的としています。院生たちは絵画・彫刻ほか、それぞれの研究分野に取り組むとともに、相互の討議を通じて幅広い視野を養ってきました。その研鑽の成果を問うべく第16回博士課程展を開催します。

第16回博士課程展 出品者

岸 かれん キシ・カレン(東京生まれ)
崔 高恩  チェ・ゴウン(韓国/ソウル生まれ)
梶谷 令  カジタニ・リョウ(神奈川生まれ)
高橋 庸平  タカハシ・ヨウヘイ(千葉生まれ)
Hyunchae Cheong  チョン・ヒョンチェ(韓国/ソウル生まれ)
Sanghee Park  パク・サンヒ(韓国/釜山生まれ)

岸

岸 かれん キシ・カレン《Sentences of Days》油性ボールペン、和紙 サイズ可変 2017年


崔 高恩 チェ・ゴウン《EyeDEA》

崔 高恩 チェ・ゴウン《EyeDEA》インクジェット出力 103×72.8cm 2017年


梶谷 令 カジタニ・リョウ《祈りの庭》

梶谷 令 カジタニ・リョウ《祈りの庭》ミクストメディア 110×160cm 2019年


高橋 庸平 タカハシ・ヨウヘイ《山古志》

高橋 庸平 タカハシ・ヨウヘイ《山古志》インクジェット出力 103×72.8cm 2018年


Hyunchae Cheong チョン・ヒョンチェ
《GRAPHICS LANGUAGE FOR MUSEUM》

Hyunchae Cheong チョン・ヒョンチェ《GRAPHICS LANGUAGE FOR MUSEUM》デジタル サイズ可変 2018年


Sanghee Park パク・サンヒ
《Sweet Utopia》

Sanghee Park パク・サンヒ《Sweet Utopia》高知麻紙、水干絵具、岩絵具 116.7×116.7p 2016年


多摩美術大学博士課程 研究室サイト
http://www.tamabi.ac.jp/graduate/exhibition2019/

関連イベント

◆対談式ギャラリートーク

本江 邦夫 (多摩美術大学大学院美術研究科長)×梶谷 令 (出品作家)・岸 かれん (出品作家)

  • 日 程 3月9日(土)
  • 時 間 14時−15時
  • 会 場 多摩美術大学美術館1階展示室
  • 参加費 無料

◆対談式ギャラリートーク

秋山 孝 (多摩美術大学教授)×高橋 庸平 (出品作家)・崔 高恩 (出品作家)

  • 日 程 3月10日(日)
  • 時 間 15時−16時30分
  • 会 場 多摩美術大学美術館1階展示室・2階展示室
  • 参加費 無料

◆アーティストトーク

Hyunchae Cheong (出品作家)
ゲスト:久保田晃弘 (多摩美術大学教授)

韓国にて活動しているUpcycling Design Project TU.Vから展示作品に至るまで、
作品制作の過程についてのプレゼンテーション

  • 日 程 3月16日(土)
  • 時 間 14時−15時
  • 会 場 多摩美術大学美術館1階展示室
  • 参加費 無料

◆2018年度博士学位論文公開発表会

  • 日 程 3月21日(木)
  • 時 間 10:00〜
  • 会 場 多摩美術大学八王子キャンパス レクチャーCホール
    ※博士課程展とは会場が違います。ご注意ください。
  • 参加費 無料

〈主催〉多摩美術大学

休館日◎火曜日
開館時間◎10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料◎無料
〒206-0033 東京都多摩市落合1-33-1
電話◎042-357-1251
京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール「多摩センター」駅下車徒歩7分