多摩美術大学美術館 Tama Art University Museum 交通案内 よくあるご質問 リンク サイトマップ
トップページ展覧会 展覧会情報

「宮崎 進 すべてが沁みる大地 Shin MIYAZAKI The Earth Which Absorbs All Things」2017年7月15日(土)〜10月9日(月・祝)

宮崎進(1922〜)は、近代社会の不条理を抱えながら従軍した第二次世界大戦後、過酷なシベリア抑留体験により昇華された戦渦による加害と被害の確執を超え、人間とは、生命とは何かという命題に、自らの美術表現で挑み続けています。2009年に多摩美術大学美術館にて、初期からの作品による「宮崎進−漂泊 Wandering−」展を開催しました。今回はそれに続く1990年代以降の作品を展示します。平面作品と立体作品、および数多くのドローイングやモノタイプ作品から響き渡る芸術家のエネルギー、過去への情景や悔悟、記憶や記録ではない表現する「今」を問い、生きる歓びを詠い、あらゆる想いが大地に沁みゆく宮崎の作品をご堪能下さい。

 
作品画像作品画像

1.生きるもの
 1990年 油絵具、ミクストメディア、麻布、合板 広島市立大学蔵 撮影:安齊 重男

2.習作「ヒロシマ」記憶と祈り
 2005年 コンテ、紙 神奈川県立近代美術館蔵

3.花咲く大地
 2008年 ミクストメディア、麻布、合板 公益財団法人東日本鉄道文化財団蔵

4.「ヒロシマ」この大地の上で
 2006年 油絵具、ミクストメディア、麻布、合板 広島市現代美術館蔵 撮影:渡辺 誠

5.手
 1998年 石膏、鉄、木 個人蔵 撮影:渡辺 誠

6.LAND すべてが沁みる大地
 2006年頃 油絵具、麻布、合板 個人蔵

関連イベント

■イベント1【対談】
 「すべてが沁みる大地からの言葉」
  7月29日(土) 14:00〜16:00
  講師:高良留美子(詩人、評論家)、堀まどか(大阪市立大学准教授、文学史)

  • 定 員 100名(当日先着順)
  • 参加費 無料(但し要入館料)予約不要
  • 会 場 B1階多目的室

■イベント2【講演】
 「まだ見ていない風景の側へ」
  9月23日(土) 14:00〜16:00
  講師:黒川 創(作家)

  • 定 員 100名(当日先着順)
  • 参加費 無料(但し要入館料)予約不要
  • 会 場 B1階多目的室

■イベント3【学芸員によるギャラリートーク】

  • 日 程 7月16日(日)、8月27日(日)、9月17日(日)、10月8日(日)
  • 時 間 各回14:00〜15:00
  • 参加費 無料(但し要入館料) 予約不要
  • 会 場 展示室

カタログ

宮崎進−すべてが沁みる大地−宮崎進−すべてが沁みる大地−

価格:1500円
2017年発行、26.0×21.0cm/96ページ


〈主催〉多摩美術大学美術館
〈協力〉広島市立大学
    広島市現代美術館
    周南市美術博物館
    神奈川県立近代美術館
    東京ステーションギャラリー
    ギャルリー東京ユマニテ
    彩鳳堂画廊
〈協賛〉カトーレック株式会社

休館日◎火曜日
開館時間◎10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料◎一般300円(200円) 大・高校生200円(100円)
※( )は20名以上の団体料金 障がい者および付添者、中学生以下は無料
※7/15(土)・7/16(日)は多摩美術大学オープンキャンパスにつき無料