多摩美術大学美術館 Tama Art University Museum 交通案内 よくあるご質問 リンク サイトマップ
トップページ展覧会 展覧会情報

The 11th International SHIBORI Symposium 2018 in JAPAN
Shibori-融合と進化 2018年7月1日(日)〜8月19日(日)

 1992年に名古屋で立ち上げた国際絞り会議は世界各地をまわり、第6回国際絞り会議が2005年に多摩美術大学で行われました。それから13年が経ち、第11回国際絞り会議が山形県で開催されることとなりました。日本での会議開催にあたり、様々な企画や行事の一環として、多摩美術大学美術館では国内外で活躍する約40名のアーティストによる絞りをテーマとしたファイバーアートの創作造形作品展「Shibori−融合と進化」を開催いたします。太古より人類は絞りを原点としながらも、広くそれぞれの染織文化を通して世界各地で交流を続けてきました。そうした人間の活動や創造には様々な文化や局面が存在しながらも、それらの融合と進化が繰り返されて来ました。"SHIBORI−絞り"にはそれらを象徴する不思議な色の境界や神秘な襞があります。この展覧会のタイトル「Shibori−融合と進化」には、参加するそれぞれのアーティストが国際共通語にもなっている原生的な"SHIBORI"から発想しながらも従来の伝統的な領域を越えて、各々のイメージや自由な解釈の表現を通して"SHIBORI"が融合し合い、あらたな展開や発見を提示する進化への期待が込められています。

作品画像
作品画像
作品画像


1.Lucy Arai / Without a Word:Transmissions Through Thread
2.弥永 保子/南の島からの贈りもの-Air-
3.須藤 玲子/つまみしぼり
4.椿 操/風の風景−19
5.牛尾 卓巳/Shelter 001801
6.Eva Lagnert / A box with two airlines
7.Kinor Jiang Rui Xu / Large Circle

関連イベント

■学芸員によるギャラリートーク

  • 日 程 7月21日(土)、8月18日(土)
  • 時 間 各回15:00〜16:00
  • 会 場 展示室
  • 参加費 無料(但し要入館料)

〈主催〉主催:ワールド絞りネットワーク(WSN) 、第11回国際絞り会議 2018 in Japan
〈共催〉多摩美術大学美術館


休館日◎火曜日
開館時間◎10:00〜18:00(入館は17:30まで)
入館料◎一般300円(200円) 大・高校生200円(100円)
※( )は20名以上の団体料金 障がい者および付添者、中学生以下は無料
※7月14日(土)・15日(日)はオープンキャンパスのため無料
〒206-0033 東京都多摩市落合1-33-1
電話◎042-357-1251
交通◎多摩センター駅 徒歩7分 (京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール)