多摩美術大学美術館 Tama Art University Museum 交通案内 よくあるご質問 リンク サイトマップ
トップページ展覧会スケジュール

2019年度スケジュール

藪野 健 時空散歩 江戸東京、そして東北 2019年4月4日(木)〜5月19日(日) 2019年4月4日(木)〜5月19日(日)
藪野健 時空散歩 ー江戸東京、そして東北
半世紀にわたり町・都市を見つめてきた画家 藪野健(やぶの・けん 1943ー)。 本展は、長年歩き描いた東京と東日本大震災前後に訪れた東北に注目し、水彩画とスケッチで土地の記憶と歴史を巡る。
会期中にはギャラリートークや対談も開催。平成から新たな時代へ進む今、町・都市の感性や記憶に思いを馳せる。

古布 ―無名の妙― 坂田和實・蒐集の審美 2019年6月1日(土)〜7月15日(月・祝) 2019年6月1日(土)〜7月15日(月・祝)
「古布 ―無名の妙― 坂田和實・蒐集の審美」
「普段使いの日常品」に着目し、独特の審美眼で坂田和實が蒐集した古布たち。国内及び海外の布を古道具と併せて展示します。


多摩美術大学美術館白石顕二アフリカコレクション エターナル・アフリカ*森と都市と革命 ーアミルカル・カブラルの革命思想とジョージ・リランガの芸術ー 2019年7月27日(土)〜10月14日(月・祝) 2019年7月27日(土)〜10月14日(月・祝)
「エターナル・アフリカ*森と都市と革命 ーアミルカル・カブラルの革命思想とジョージ・リランガの芸術―」
当館所蔵の白石顕二アフリカコレクションより、タンザニアを代表する芸術家ジョージ・リランガ(1943-2005)の作品を展示。森羅万象と人間をつなぐ「精霊=シェターニ」がモチーフ。リランガに影響を与えたギニア出身の農業技術者・革命家アミルカル・カブラルの思想とともに紹介。

野口裕史退職記念展 多摩美術大学金属工芸40年 2019年10月26日(土)〜11月24日(日) 2019年10月26日(土)〜11月24日(日)
「野口裕史退職記念展 多摩美術大学金属工芸40年」
金属工芸の分野における鍛金の可能性に挑む野口裕史の業績を総覧し、また本学にて教育者として歩んできた40年間の軌跡を紹介する。野口が確立した鍛金技法による代表作《天空伝説》シリーズをはじめとして、精妙なる中小作品の数々を紹介。さらに、野口とともに多摩美術大学で金属工芸の分野を開拓してきた同僚や、卒業生たちの作品展示も同時に行う。

2020年3月4日(水)〜3月23日(月)
多摩美術大学博士課程展2020