お問い合わせアクセス・ご利用案内スペシャルコンテンツ関連イベント展覧会紹介開催概要トップページ多摩美術大学美術館


四国遍路と「祈り」の原風景

 ことし、四国遍路は開創1200年を迎えました。 讃岐(香川県)に生まれた空海は、42歳のときに故郷・四国を巡錫したと伝えられ、今日までその古蹟を巡る道は「遍路道」として多くの人々を迎えてきました。本展では、特に空海ゆかりの地である土佐(高知県)の「遍路」、そして「祈りの道」をテーマとして、その原風景を体験していただきたいと思います。
 空海は、若き日に土佐の室戸岬において 「 虚空蔵菩薩求聞持法(こくうぞうぼさつぐもんじほう) 」を修して、「明星来影」の奇瑞を感得したと伝えられています。古記録に 「 四国辺地(しこくのへち)」と呼ばれたように、四国を周回する海辺の道、中でも太平洋に面して東西に長く開かれたここ土佐の厳しい道行きは「修行の道場」ともいわれるようになりました。しかしまた、それ故に多くの修行者たちがこの地を訪れ、また空海を慕う者たちにとっての聖地となりました。
 また、空海の時代に遡る「 せん仏 」(野田廃寺出土)、 近年発見された東洋町・ 名留川(なるかわ) 観音堂の古仏群、大豊町・定福寺六地蔵(笑い地蔵)、須崎市・笹野大日堂大日如来像(いずれもNHKにっぽん心の仏像 100選)をはじめとして、土佐を代表する仏像・ 仏画・考古遺物・民俗資料、120点あまりが一堂に会します。
 四国の遍路道はまさに《祈りの道》。古き時代の歴史・信仰そして多くの文化遺産と対話するひとときを、お過ごしいただければと思います。

四国霊場開創1200年記念  祈りの道へ −四国遍路と土佐のほとけ− 2014年11月22日(土)〜2015年1月18日(日)多摩美術大学美術館  菩薩形立像(馬路村・金林寺 平安時代) 撮影:大屋 孝雄


十一面観音立像(椎名観音堂 平安時代) 撮影:大屋 孝雄 文殊菩薩像(金剛頂寺 鎌倉時代) 撮影:大屋 孝雄 菩薩形立像(1号像)(名留川観音堂〈法喜院所蔵〉平安時代) 撮影:大屋 孝雄

天部形立像(馬路村・金林寺 平安時代) 撮影:大屋 孝雄 阿弥陀如来坐像(上郷阿弥陀堂 鎌倉時代) 撮影:大屋 孝雄

六地蔵(笑い地蔵)(定福寺 鎌倉時代  画像提供:高知県地域文化遺産共同調査・活用事業プロジェクト 箱車(徳島・平等寺) 撮影:大屋 孝雄

撮影:大屋 孝雄
▲ 画面のトップへ戻る

多摩美術大学

Copyright (c) 2014-2015 Tama Art University