大学院

モノのデザインのみならず、モノを生み出す際の手法の研究を行います。
様々なデザイナーやクリエイターの制作アプローチを比較したり、市場に存在する様々なモノや、モノのもたらす効果を検証することにより、1つの仮説を導いて検証を重ねながら、独自のデザインアプローチの創出を目指します。
導かれた考察結果は、モノに新しい価値をもたらす手法となり、またデザインが社会の中で果たすべき役割や効果について洞察する目を育成することにもつながります。


特別講義へ »