産学官共同研究

産学官共同研究とは、産業界や公的な機関と大学とが、社会性の高いテーマで共同研究を行い、その成果を社会に広く発表していくプロジェクトベースの研究のことを言います。
学生にとっては、大学でデザインの勉強をしている間に、実際の社会や企業活動に直接触れることができる格好の機会となります。
参加する企業側としても、既成概念にはまらない学生の自由なアイデアに触れ、大いに触発される結果となっており、研究の成果がそのまま商品化されたり、新しい商品の発想ソースとなったりと、有効に機能しています。
多摩美術大学のプロダクトが産学官共同研究に取り組み20年が経過しました。
取り組み方を時代ニーズに合わせながら、今後も様々な企業や官公庁と産学官共同研究に取り組んでいきます。


施設 / 設備へ »