八王子キャンパス

所在地

八王子キャンパス(大学院・美術学部)
192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723
Tel. 042-676-8611(代)

新施設「アートテーク」が完成しました

概要

施設紹介

八王子キャンパスは多摩ニュータウン開発計画地域東西12キロメートルの最西部に位置します。大学教育研究のソフトとハードの融合をテーマに、美術学生のための創作研究の環境づくりと、優れた人材の育成など大学の社会的使命の実現を目指しています。また、国際交流をはじめ生涯学習、公開講座やワークショップなどを通じて一般の方々への美術施設の開放も行っています。併せてキャンパス内には多くの木々を配し多摩丘陵の緑豊かな環境の再生にも取り組んでいます。

校地面積: 152,900.38 m2

沿革

八王子キャンパスの歴史は、1960年、上野毛キャンパスの校地面積を充足するために、八王子校地を購入、運動場を建設したときに始まりました。1971年に新設の建築科の新入生を含む1学年の授業が八王子キャンパスで開始され、1974年には美術学部の移転がすべて完了し、1981年には芸術学科の開講が実現しました。
1994年から始まった八王子キャンパス整備計画によって1997年春に絵画北棟、彫刻棟の一部、学生クラブ棟が竣工し、大学院もほとんどが八王子キャンパスに移転しました。1998年春には八王子キャンパス最大のデザイン棟をはじめ、彫刻棟群、工芸棟群が竣工、情報デザイン学科が新設されました。さらに1999年にテキスタイル棟、TAUホール、グリーンホール、2000年にメディアセンター、2004年にレクチャーホール、および本部棟が竣工するとともに、共通教育センターの外装整備も完了しました。そして全学的な活動拠点となる新図書館や情報デザイン棟・芸術学棟が2007年4月にオープンしました。

  • 八王子キャンパス
  • 環境対策と計画
  • 施設紹介

資料請求