多摩美術大学研究紀要


ISSN 0288-6421

教員の研究成果を集め、作品や研究論文、研究報告を豊富な図版とともに誌上発表しています。

また、美術大学らしい紀要をめざし、1983年の創刊から最新号までのほとんどの巻頭にオリジナル版画作品が添えられています。

年1回発行。

お問い合わせ先

研究支援部
sre@tamabi.ac.jp

目次一覧

第31号(2017年3月31日発行)
ページタイトル執筆者
5共存する世界右田 啓子
7-11偶然のような必然木下 めいこ
13-19「零視」「零比」「零形」木嶋 正吾
21-29A long time ago,上野 和也
31-36記憶と記録の境石橋 佑一郎
37-46カメラと窯中田 ナオト
47-53技術、記憶、空間の側面から髙橋 正
55-61直島キリスト教会田淵 諭
63-68私のようなもの/見ることについて谷口 暁彦
69-73なぜ絵を描くのか加藤 正悟
75-81写真としての幻影 (写真)白井 晴幸
83-91Painting a Collection, a Search for Living Paintings and a Fluid OperationTim Thornton
93-98[研究論文]メディアアートのための生成するアーカイブ試論 (前編)馬 定延、久保田 晃弘
99-109[研究論文]アラスカ、生命の熱と精神~食をめぐるクリス・マッカンドレスの探究と夜明け宮田 浩介
111-130[研究論文]「衣服・身体・所作・思考~近代/衣服~」加納 豊美
131-149[研究論文]明末清初の肖像画~孫湛を巡って近藤 秀實
151-162[研究論文]日本の飲料水ボトルの配色とデザインにみるマーケティング日髙 杏子
163-173[研究論文]Translucency and Light in Printed Digital Photography: the light box as spatial installation methodSuzanne Mooney
175-182[研究論文]観光とプリミティヴ・アート~ツーリスト・アートをひとつの方法として高田 佳奈
183-201[研究報告]「版木・版本・画譜」 の研究~王澍『竹雲題跋』 について近藤 秀實+石橋 祐一郎